梱包方法に注意しましょう

October 15 [Sun], 2017, 0:19
引越しの時期について紹介したいと思います。毎年、引越しをする人が一番多いのは、3月から4月なのは間違いありません。3月から4月は就職、入学、転勤など季節ですから3月から4月というのは引越しが多いといわれていますから、引越し業者も繁忙期になります。3月から4月は引越しの料金も繁忙期料金で高くなっています。自分で引越しの時期を選べないもとも多いですが、3月から4月はできれば避けたいです。急な転勤で引越しをする場合でも引越しの料金も割高だったりしますよね。3月から4月は引越し業者も仕事量が急に増えるので、仕事量に対して、作業者の数が足りなくなってしまいます。繁忙期の仕事量をこなすために作業者の数を増やす必要があるので、この時期は、アルバイトや人材派遣の人が増えます。残念ながら、、アルバイトや人材派遣のこの時期だけ引越しを手伝っているような作業者は通常の時期の一般的な作業スタッフよりも、あたりまえですが作業の質も落ちますので、色々と問題があるということもあります。そういうことなどあるので、繁忙期はなるべく避けて、やはり通常のプロの引越しスタッフが揃っている通常の時期に引っ越しをするほうがよいので、それは3月4月をさけて引越しをするということになると思います。引越し業者によって作業の丁寧さなども多少差がでますが、3月から4月では、そんな事情も理解せざるを得ないのは、そうなのですが、そうでなければ、アルバイトなどを使わない方針の業者を選ぶことです。
引越しの際にいかに荷造りを上手くやるかですが、引越しの荷造りをする際には梱包方法に注意しましょう。梱包は最近では引越し業者に頼む人も多くなっていますが、自分で引越しの梱包作業を行う場合には、ふさわしい方法がそれぞれの梱包をするものによってありますから、どんなものがありかといいますと、皿やグラスなどワレモノを梱包する場合に、引越し業者に頼める場合であれば、割れ物は出来ればプロに任せるのがいいと思います。食器は強度によって梱包のやり方がありますから割れない梱包をしてもらうことがプロなら出来ると思います。もしも食器の梱包を自分でするなら新聞や緩衝材などで割れない対策をしておきましょう。引越しの荷物には手荷物で持って行ったほうがいいものがあります。それはもしも無くなってしまったときにとても困ってしまうような貴重品などは自分で持って行ったほうがいいと思います。例えば高価な宝石や貴金属、実印や預金通帳などもちろん現金もそうです有価証券や権利書なども自分で持っていくべき荷物になると思います。引越しの荷造りはできるだけ中に何が入っているかわかるようにダンボールにマジックなどで書いておけば、また、どの辺に運び込んでおくのか書いておくと荷物を片づける作業もはかどると思います。
引越し業者を頼む場合には追加料金というのは通常は、取られるケースはありません。基本的には、見積もりをした時に決定している料金がすべてです。ですから契約をした後にまた、別途料金が必要になるということはあまりありません。ただし、発生するケースとして見積もり時に確認をした荷物の量や引越し先での搬入のしやすさなどの条件が見積もりの根拠となる条件と違う場合では別途費用が発生するケースはありえます。見積もりをした条件が違っていて引越しの荷物の量が多くてトラックに積めないといった場合には、さらに往復をしたり、別のトラックで荷物を運ぶなどして荷物を運ばなくてはなりません。見積もり時に正確に自分が伝えていなかったことにより、積み残しが当日発生してしまった場合では、追加の費用が発生するのもやむを得ないでしょう。また、引越しの当日になって運搬作業を始める際に、荷造りができていなくて運べなかったために引越し業者がほとんど手伝ってしまった場合などでもそのための費用を追加で請求されることもあります。追加料金の確認も見積もりの際には確認しておく必要もあります。引越の当日になって問題を起こさないためにも、予定外の費用が発生しないようにするためにも、荷造りなどの準備は前日に終わらせておくようにするのがよいですね。
福島 高松 引越し
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hig9a04l
読者になる
2017年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる