冷え取り靴下リンマーで自律神経を高める。足の冷えも改善!

December 30 [Tue], 2014, 12:22

暑くなると汗を出したり、食事をしたら胃を動かしたり
意識せずにおこなうことができるのは、
自律神経が指示を出してくれているおかげです。

自律神経は生きるために必要な活動をするように
指示を出してくれています。

この自律神経の働きが低下することによって
体にさまざまな不調が現れてしまいます。

自律神経が低下してしまう原因のひとつとなっているのが、
暑ければクーラー、寒ければ暖房器具に頼ってしまう
今の世の中の便利さによるもの。

本来は自律神経が働き、自分で体温調整をしようとするのですが、
便利な生活用品があるので、体は自分の力で調節する必要が
なくなってしまったのです。

そういった生活リズムの中で、自律神経はどんどん低下してしまいます。

自律神経を整えるためには、暖房器具などに頼らず
なるべく自然に体を合わせていく必要があります。

暖房器具に頼りっぱなしでは、いつまでたっても
自律神経を整える事ができません。

冷えとり靴下リンマーは、自分の体の熱を使って
冷えを改善する靴下です。

もちろんただの靴下ではありません。
私たちが普段履いている靴下の多くは化学繊維の靴下がほとんどです。

化学繊維の靴下は長い時間履いていると放湿性がないので
蒸れたりして不快になってきます。保温性効果もあまりないので、
分厚い靴下を履いているのに全然温まらないのです。

冷え取り靴下リンマーは天然素材で作られ、保温性に優れているだけでなく、
吸湿性や放湿性にも優れています。

自分で作った熱を保温して、足をポカポカに温めてくれ、
蒸れにくく、はき心地の良い靴下です。



暖房器具に頼らず、冷え取りをして自分の力で熱を作り出す事で
自律神経を高める事が出来るのです。



冷え取り靴下リンマーに興味のある人はこちらから
↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓





冷え取り靴下リンマーは就寝時に履いて良い?寝る時に靴下はNG!?

December 30 [Tue], 2014, 12:20
寝る時に靴下を履いて寝るのは良くない、と言われています。

それは私たちの体は、寝る時に足から熱を放出して

体温を調節しているからです。



私たちが普段履いている靴下というのは、

化学繊維から作られているものが多いです。



化学繊維でできた靴下では保温性もなく、吸湿性や放湿性も

良くないので足が蒸れたりして上手く体温調節ができないのです。



また、化学繊維でできた靴下の重ね履きは、摩擦力が高く

静電気がおこりやすいので、お肌の弱い方にはオススメできません。



天然素材の冷え取り靴下リンマーの素材は、絹と綿でできています。

吸湿性や放湿性も高く自分の体から出した熱を

上手にコントロールして体温を調節してくれるのです。

また、摩擦抵抗が少ないので静電気が起こりにくいので

チリや、ホコリもよせつけません。

冷え取り靴下リンマーで毒出し!デトックスでスッキリ

December 30 [Tue], 2014, 12:17
体は毒を排出しようとする働きをもともと持っています。
それは色んな方法で排出されています。

汗をかいたり、熱をだしたり、湿疹として排出することも。

たまった毒をよく排出する部位のひとつが足の裏です。

足の裏からは1日コップ1杯くらいの汗が出ています。
汗と一緒に毒を排出しているのです。

天然素材の絹や綿でできた冷え取り靴下リンマーは
その毒を吸いとってくれるのです。

1枚目に履く絹の靴下と、2枚目に履く綿の靴下は
5本指靴下です。

その理由は足の指の間も、絹や綿が毒を吸いとってくれるからです。

3枚目の靴下は内側が絹、外側が綿でできています。
この3枚を重ね履きする事によって、足をポカポカに温めて
毒素を排出してくれるのです。