睡眠時の冷え性を改善する方法
2011.05.26 [Thu] 05:23

睡眠時の冷え性の原因として挙げられるのは、
血液の流れが悪くて、免疫力が低下している…
ということ。

ただ、それがわかったところで、血液の流れを意図的に良くするなんてできないですよね?
それだけ冷え性という症状はやっかいなものだということができるのではないでしょうか。
また、睡眠時に冷え性で悩んでいるのであれば、
お昼の時間帯も同じように冷え性で悩んでいる…

こういう人って結構多いみたいですよ。
ただ、対策がないので、そのまま放って悩んだままになっている。もったいないです(汗

では、睡眠時の冷え性を改善するには何をすればいいのか…
公的な研究機関の実験結果と共に、心強い味方が登場です!!



睡眠時の冷え性に悩んでいる人は、日頃も冷え性に悩まされている…
これは、睡眠不足が血液の流れを悪くする原因であるからです。

睡眠時の冷え性 ⇒ 睡眠不足 ⇒ 普段の冷え性 の悪循環。
あ、正確に言うと睡眠の質が不足していると言った方がいいかもしれません。
睡眠に大切なのは、時間ではなく質!!


たくさん寝たのに寝た気がしないというのは、睡眠の質が伴っていないからです。
寝付き・寝起き、熟睡度など…


これらの悩みを改善して質の良い睡眠を保つために
何が必要なのか…そういう視点からアプローチするのもいいかもしれません。

加齢臭の対策方法を考えてみる