冷え性の原因には筋肉量や女性ホルモンなど様々な要素があります。辛い冷え性の症状を改善するためには まずは食べ物や運動・ツボ押しなどで対策をしてゆきましょう。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:冷え性改善
読者になる
冷え性で手足が冷たい、
夜なかなか眠れない・・・

そんなツライ症状を
改善するために出来ることを
ご紹介します。
冷え性におすすめの飲み物
冷え性の方は、飲み物に注意をしなくてはいけません。
寒いからといって ホットコーヒーばかり飲んでいたりしませんか?

実はコーヒーには体を冷やしてしまう働きがあります。
一日何杯もコーヒーを飲んでいる方は 控えるようにしましょう。

冷えが辛い方には温かいハーブティーや、生姜湯などがおすすめです。
特に最近は冷え性の方向けに作られた生姜湯もありますので
こちらを参考にしてみてくださいね。

また、真夏で暑いからということで
冷房の効いた部屋で 冷たい飲み物を飲んでいたりしませんか?

知らないうちに夏の間に冷え性が悪化し、冬場にさらに辛くなる原因に。
夏場もなるべく冷たすぎるものは避けるようにしましょう。

 
   
冷え性と靴下
冷え性の方は靴下を出来るだけ履くことをおすすめします。

最近は ストッキングどころか、素足で過ごすことが
おしゃれとも言われていますが
足元が冷えると 体全体に冷えを感じてしまい、
非常に体のとってマイナスとなってしまいます。

冷え性の方なら すぐに足先などが冷えて
辛い症状が出てしまうでしょう。

冷え性の方のための靴下として、
最近では 唐辛子成分が入っているものや
発熱する素材などを使った靴下なども発売されています。

お好きなものを利用されるといいと思いますが、
ポイントとしては できるだけ足のツボ
三陰交をしっかり覆う長さのものが良いと思います。

三陰交とはくるぶしから 4センチほど上にある大事なつぼです。
なので、できれば スクールソックス程度の長さのものにするか
レッグウォーマーなどを併用して 足を冷やさないようにしましょう。

このほかにも、5本指ソックスが 冷え性の方に人気があるようです。
足を1本1本しっかり包む構造なので、
思いのほか温かいと感じる方が多いようです。

冷え性に悩む方は是非試してみてくださいね。
 
   
冷え性に効くツボ
冷え性にある程度即効で効く対策の一つとして
ツボ押しがあります。

根本的な冷え性改善と並行して こういったツボの場所や
押し方を知っておくと冷え性の緩和につながるので
是非覚えておきましょう。

まず、代表的なものとして 足の裏側にある
「湧泉」というツボがあげられます。

これは、足の指でグーをした時に くぼむところにあるツボです、
足の人差し指の付け根からおそ4センチほど下のあたりでしょうか。
こちらを グーッと力を入れて押すと 体が活性化してきます。

また、女性なら三陰交というツボも是非知っておきたいですね。
このツボは足のくるぶしから4センチほど上で、
ちょうと骨のくぼみにあたる場所です。
ここを押さえて刺激することで 内臓から体が活性化して
冷え性の改善につながると言われています。

ツボ押しそのものは 冷え性改善のためというよりも
体の全体的な流れをととのえるものですが、
上手に活用することで 辛い冷え性の症状を和らげるので
活用しましょう。
 
   
冷え性の症状
冷え性の症状には 様々なものがあります。
夏場でも指先まで冷たいという症状もあれば
足だけいつも冷えを感じるので 冬場が眠りづらい、
今のところ 体の不調を感じないけれども
会社のクーラーが皆より寒く感じる・・
あるいは こういったもの全てという場合もあります。

冷えは万病の元、といわれているように
冷えることは体にとってマイナス。
冷え性という自覚があるなら、
何かしら 健康にもダメージが出ている可能性も高いのです。

そういえば生理痛がひどい・・
寝起きがスッキリしない・・

こういった、ちょっとした不調も冷え性の症状の一つともいえます。

放っておくと、年々冷え性の症状が重くなったり、
なかなか赤ちゃんが授かりにくくなるなどの不妊の原因にもなるので
改善を目指しましょう。

冷え性は、今日何かをして 明日全て改善される、というような
簡単なものではありません。
場合によっては時間がかかりますが
食べ物や運動などによる生活習慣改善で じっくりと確実に対処してゆきましょう。
 
   
冷え性の原因
冷え性の原因には様々なものがあります。

夏場のオフィスの冷房のききすぎから、
病気で血流が悪くなるものまで様々です。

女性ホルモンの関係、あるいは行過ぎたダイエットによる
栄養バランスの悪化で冷えに悩まされる女性も多いのですが、
女性の場合、男性よりも筋肉の量が少ないために
代謝が悪くなり 体が冷えてしまうということもあります。

こうなると 代謝を上げつつ、筋肉の量も増やしてゆくことで
冷え性を改善してゆくことになります。

スポーツクラブなどで 簡単な筋肉トレーニングを行う、
その後は半身浴などで ゆったりと温まるなど
出来ることをどんどん取り入れて 冷え性の原因をとりのぞいてゆきます。

寒い時期の筋肉トレーニングは、特に筋肉が縮まっていますので
ゆっくりとウォームアップしながら行う必要があります。

スポーツクラブでしたら、軽くサイクリングマシーンなどでアップしてから
ストレッチをし、それから筋力トレーニングをするようにしましょう。
もちろん、トレーニング後もストレッチが必要です。

こういった地道なトレーニングは時間がかかりますが
筋肉がつくことで 結果的に冷え性だけでなく体全体の
健康増進にもつながります。
 
   
P R
 
 
 Powered by yaplog!