着ぶくれしなくても、寒くならない方法とは?

September 26 [Sat], 2015, 17:48
寒くなってくると、
毎日着ぶくれするくらい服を着ていないと
ぞくぞく(^_^;)



女性にとって、大敵な「冷え」
あなたは根本的な改善策を知っていますか?



■ 冬は着ぶくれが当たり前に


冷え性の女性にとって、冬は本当に
辛い季節です。


そうでなくても、年中エアコンが
効いている現在、夏でも冷えで困ること
多いですよね。


そんな冷え性の女性にとって
冬のコーディネートは頭が痛いです(^_^;)


とにかく重ね着して寒さを防ぐことが
多いですが


ここ何年か流行っている
ユニクロのヒートテックですが


下着として着ると実際、暖かいのですが
通勤電車とか会社など


暖房が効いている場所ですと
汗をかいてしまい、逆に冷えてしまうことも
ありがちなんです。



■ しょうがが効くっていうけれど


体を中から温めるのが良いと聞きますね。


特に、しょうがを多く摂るように
いわれますが


生のしょうがって本当は体を冷やすって
知ってました?


生のしょうがにはジンゲロールという
成分が含まれていて


ジンゲロールは体の深部の熱を下げる働きが
あるので、体を温める場合には


加熱して摂るか、または乾燥したしょうがを
利用するのがいいんですって。


ですから、くれぐれも生のしょうがのまま
食べないようにしてくださいね!



■ 昔から漢方に使われる陳皮が効果的


食べ物に気をつけたり、半身浴を
するのも冷え性の女性には効果的ですが


それでも、なかなか重度な冷えを改善
することは難しいこともあります。


そんな時、昔から漢方に使われている
みかんの皮を利用するのも一つです。


漢方では干したみかんの皮を
陳皮(ちんぴ)といいますが


漢方薬の大半に使われていることが
多く、体の芯から温めてくれるのです。


私が子どものころは冬になると
みかんの皮を干して乾燥させ


布の袋にいれて、湯船に入れてました(^^)
みかんの香りがよくて


お風呂から出たあとも、ポカポカしてたのを
覚えています。



■ みかんの力を最大限に活かすものとは?



ですが、みかんは季節の果物ですから
1年中あるわけでもないですものね(T_T)


それに、みかんの皮を干して煎じるにしても
無農薬、ノーワックスのものでないと
ちょっと心配にもなります。


でも、大丈夫です!!


みかんの効力を最大限に活かしたものが
じつは、あるんです(^^)


何だと、思いますか?


それはですね・・・


「αGヘスペリジン+ナノヘスペレチン」
舌が噛みそうな名前ですが


江崎グリコが作っているカプセル型の
サプリメントです。


1カプセルになんと、
みかん30個分のヘスペリジンが
配合されています。


このヘスペリジンって成分は
簡単にいうと、全身の滞った血液の
流れをよくする効果が高いんです。


ですから、
冷たくてジンジンしてしまうくらいの
手足も、いつの間にかポカポカしてきます!



■ もう着ぶくれする必要もないのが嬉しい


毎年、おっくうになる外出も
今までのように着ぶくれせずに


好きなおしゃれをして出かけられたら
楽しいですね(^^)


冷え性は万病のもとですから
病気じゃ〜ないからと放っておくのは


将来的にも、良くないですし
血流が悪いと美容の面からみても


肌がくすみがちになったり
代謝がわるいので。シミもできやすく
なってしまいます。


αGヘスペリジン+ナノヘスペレチンは
嬉しいことに、今回、パワーアップして


リニュアルされていますから
より、効果が高まっているんです。


WEB限定で初回半額の1000円で
お試しすることもできますから


本当に冷え性で困っている女性には
トライしてみる価値があると思います!


下にαGヘスペリジン+ナノヘスペレチンの
公式サイトサイトを


載せておきますので
良かったら、チェックしてみては
いかがですか?