歯肉炎の悩みに 

January 26 [Thu], 2012, 14:12
歯肉炎に悩まされるようになった場合、
歯科医院で治療を行う方法と、セルフケアをする方法があります。

歯肉炎になる原因として大きなものはプラークという名称の歯垢にあるので、
自分で治療を施す方法は、歯垢を取っていくというものになります。

誤りのない歯磨き方法を知り、食後はきっちり歯磨きをするようにしましょう。

このような対策は、プラークコントロールとも呼ばれます。

歯科医院で治療を受ける場合、メインになるのはプラークコントロールです。

それに加え、個人でやるのは不可能な治療も行ってくれます。

例えば、歯石の除去があります。

歯石とは、歯に残ってしまった歯垢とカルシウムがミックスされた生み出されたものです。

非常に頑固なので、歯磨きだけで解消することができません。

このことから、鏡で調べてみて歯石の存在を掴んだ場合、
歯医者に相談して除去を願い出ましょう。

こうした治療の方法は、
スケーリング・ルートプレーニングという名がついています。

歯肉炎の症状があまり進行していないようであれば、
スケーリング・ルートプレーニングを行うだけでも症状はとても良くなります。

スケーリング・ルートプレーニングは、歯石や歯垢を取り除くだけでなく、
このあとくっついてしまわないように予防する処置でもあります。

ですから、歯や歯茎を健康な状態のまま保っておくことができるのです。

症状が症状なら、抗生物質を使う治療も選択されます。

なお、歯肉炎を一回だけ治療したとしても、安易に考えてはいけません。

歯肉炎にかかった事実が一回でもある人は、将来再び症状が出る恐れがあるためです。

一定のサイクルで歯科医院に行って、受診をしてもらうように注意しましょう。

しもがも整骨院・整体院
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:メアリー
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる