さようなら 

2004年09月03日(金) 20時57分
底の浅いBLOGなのでこれにておしまいです

掃除グッズ(2) 

2004年09月03日(金) 14時05分

台風の後、窓が潮風ですりガラスのようになった。
ワイパー式の窓拭きとペットボトルに入れた水。
水で窓を濡らしガラスクリーナーを拭きつけ
キューーっと引っかく。
雑巾よりはるかに早い。
最後にもう一度水をかけ、キューっとする。
ペットボトルは1Lがいいんだけど重い。

飼い犬に手を噛まれた 

2004年09月02日(木) 9時09分
おとなしい犬だ。
ほとんどの場合飼い主に責任がある。
私の叱責が怖すぎて生命の危機を感じたようだ。

しかし、私が悪いのね、
あなたの心も痛かったのね、
私は心を入れ替えるわ・・・

などとは思わない。
誰のおかげで生命を持続させていると思っているのだ!

家庭内暴力の子供を持った親もこんな気持ちだろうか。
私なら、私が悪いとしても
ひとり立ちするまでは
私の支配下ですべてをしたがってもらう!

個人の尊厳はひとり立ちしてからの話だ。

というわけで
我が家の犬はしばらくごはんはなし!

ステータスシンボル 

2004年09月01日(水) 14時07分
成功の証、美人の証、育ちがいい証。。。
ほとんどの人が”いい”と思っている御用達ブランドというのが存在するけど
なるほどと思うものあれば、ようわからん。。というのもある。
LVのカバン。あのデザインがイケテルのだろうか・・
しかも通勤に使うには重くないんだろうか・・

ファッションモデル。
着物のモデルっていう詐欺商法もあるらしいが
着物のモデルをしてたの〜と人に言うのはやめた方がよくないだろうか。
顔とスタイルをみたら「詐欺の方だ」とバレル。

味の割に値段の高い、レストラン。
「これならうちのオカンの方がうまいかも」
そういう店に行って、「あれ?」と思わないのだろうか・・・

とここまでは前置き。

とにかくそういう類が苦手なのだ。
車の修理も車が大好きなオッチャンがやってる町工場系が好きなのだが
今回車を変えてD車の中古車になったので
ヤ○セに持って行ってみた。
以前も同じ車種の古い形に乗っていたのだが
神戸のヤ○セにはアメ車専用のメカニックがいない。
直らないけど値段は高い。
というようは風評を聞いていたので一度も行ったことはない。

しかし私の車を専門で見る工場が神戸にはないし
一度ヤ○セの態度をみてやろう。
そしてココ数日たまったウップンを晴らす意味で
罵詈雑言言ってこようと決め出かけた。

犬を連れて行った。
サングラスをしたまま
つかつかと受付に入り「お伺いしたいんですが」
というと、そこに座っていた2,3人が口をそろえて
全員で「はい!」とこちらを見た。

「コルベットは見ていただけるんでしょうか」
「はい」と一人のオッチャンが来てくれた。

「ヤ○セでお買い上げですか」と聞かれたので
ここが罵詈雑言のCHANCEとばかりに
「ヤ○セでないと見られませんか」というと
「いいえそんなことはございません」
工場のメカニックに見させるので待合室で待っていてください。
ワンチャンもどうぞごいっしょに。
と言ってくれた。

犬がソファに登ってくつろいでいるが
薄汚れた安いソファなので遠慮なく
くつろがせてやった。
結局は直らなかったのだが
罵詈雑言のチャンスもなかった・・

今、ジミーな「私は平均をクリアしている自信あります」みたいなヤツが
近所に来たら先祖代々子々孫々に渡り罵倒しそうだ。

黒い犬を連れた、アメ車に乗ってる女には
近づかないでほしい。

幸せに生きる権利 

2004年08月30日(月) 17時34分
人はみな幸せに生きる権利があると法で定められている。
しかしそれは生活する上で人よりも優先的にではないのだと
自分を戒めているのか意識してないのかで生き様はかなり変わるだろう。

夜の通勤ラッシュの時間、混む路線ではかなり遅くまでギューギューだが
たまにいかにもテーマパークなどの帰りと思しき家族連れが乗ってくる。
何時まで遊ぼうとそれはいい。
席を譲ってほしそうに立つのが理解できない。
「その横に少し座らせてもらいなさい」などという母親もいる。
まっとうないでたちをしている。
決してひょう柄厚化粧、マンバ化粧などではない。

たとえ夜中まで子供を遊ばせても
それはそれぞれの家庭の方針や事情があるだろう。
しかし通勤ラッシュで仕事帰りの雑踏の中で
遊びつかれた自分たちが席を譲ってもらうなどということは
かっこ悪いことなんだよと子供たちには教えるつもりはまったくないのだろうか。

きっとかっこわるーい大人になるんだろう。
でも年金稼いでもらわないといけないし
どんなんでも育って社会人になってくれたらいいのかもしれない。
その子らが年金を払う時代には生きていないのでちょっと安心。

ほとんど病気 

2004年08月29日(日) 23時32分


昨日自分の被害妄想で足を捻挫したのが悔しくて激痛をおして再び池に来た。

ここでまっとう系人を待つだ。
条例違反で犬を放ち、クソあつかましいまっとうな人が
どっかからやってきて、あなた条例違反でしょ、私たちに場所を譲りなさい。
と言われるのを待つのだ。

そうしたら人生で忘れられない一日にしてやろう!

という殺気がみなぎっていたのか
横目でみながらもこの池には誰も近寄らなかった。

捻挫が悪化しただけだった。
しかし悪化しても骨折しても
リベンジに燃える嵐の宵!

被害妄想 

2004年08月28日(土) 13時46分
近所の人工の池で犬を遊ばせる。
誰もいないとリードを離して
チャプチャプさせる。
水が好きなので、楽しげに遊んでいる。

ぼーーっと座って犬が遊ぶ様子を見てたら
突然後ろに人が来た。
あわてて呼んだけど
勝手耳のうちの犬は引き続き遊んでいる。

呼び戻そうとしてあわてて池に落ちた。
足をくじいた



あわてる自分が嫌。
でもまっとうな人が大嫌いなのだ。

突然注意をされるんじゃないかとびくびくする。
びくびくするから恨みが倍増する。

まだなにもおこってないのだが
うちの犬が濡れたまま挨拶をして
まっとうな人に飛びつくかもしれない
わ〜!なにするんですか!
だいたいあなたリードしないなんて非常識よ・・
子供を噛んだらどう責任を取るの?

そのいかにも才能のなさそうな
大人になっても親の金で生活しそうな子供など噛まれたらいいのだが
残念ながらうちの犬は噛まない。

しかしこのような会話がコンマ数秒で頭の中で繰り広げられる。

交差点に警官が立ってても
かしこくなさそうなのに自信過剰そうな顔の警官が
私の車を止めるかもしれない。
ああいう人種は自分の内面を見つめたりしないから
私のかっちょいい車をみて嫉妬して
嫌がらせに切符切るかもしれない。
なんにもしてなくったって
なんなりと捻出するのはお家芸だろう。

ピッピー!
はい。免許証。
え?何かしました?
今携帯電話見てましたよね。
見てません。
いやいや見てました。罰金です。

そういう会話がコンマ数秒で頭の中で繰り広げられる。

ICボイスレコーダーを常時携帯している。
携帯電話の写メールも
こういうまっとう系連中に
いわれのない攻撃を受けたときの証拠の画像をとらねばならないので
車に乗るときは常に撮れる場所においてる。


外的変化に弱い 

2004年08月28日(土) 13時19分
先祖代々流れ者なせいか
いろんなところで生活をするのは平気だ。
自ずと何か環境の違うことになるのは平気なのだ。

でも会社とかで転勤を命じられると
かなり負担に感じると思う。

友達との待ち合わせも
負担になる場合もある。
歩いていける距離でちょっとお茶するくらいなら楽しい。
近所の知人とばったり会って、成り行きでお茶をするくらいが
気持ちが楽だ。

街の中心部に住んでいるので
繁華街までは電車で15分くらいなのだが
友人と待ち合わせたら
突然電車にのって30分もかかるところの
飲茶カフェに行きたいといわれ
そこに行ったのだが、苦痛であった(笑)
普通の飲茶喫茶でまずくはないがおいしくはなかった。
リーズナブルだが30分電車に揺られ10分歩いて行くような
感覚は私にはない。
しかし・・嫌と言えないのだ。

友達のタイプでも
約束をするときはお店の候補を出してくれて
会うときにはお店の予約を入れいる友人と会うのはまだ気が楽だ。

明日も友人から誘われている。
がしかし、三人なので
行けたら行くかもしれないから
お店が決まったらメールしてって言ってある。

三人以上で会うときはいつもこのパターンなのだが
一度うち一人が
「用事が出来たの〜。二人で行ってきて〜」
って言われた。
いきなりブルーになった。

待ち合わせの約束をするときは
最初にいける確率40%です!
と宣言することにした。

誘われたら行かないといけない。
行ったら楽しい思いをしてもらいたい。
相手が行きたいところに行って
食べたいと思うものを食べさせてあげたい。
まあ、悪く思われたくないってことなんだろうか・・・

感性が似てると思える友人が近くに少ないのかもしれない。




とらわれないように注意する 

2004年08月27日(金) 7時09分
心が何かにとらわれるのが心地悪い。
なにかよくないことがおこったときに
「最近墓参りしてないしな〜」などと考えると
毎日何かにつけてそう思ってしまう。
私などは一度とらわれると何をやっても
○○をしたせい。しなかったせい。と思い悩んでブルーになる。
父は53歳で亡くなった。
父の遺影に水を供えていた。
ある日何かよからぬことが続いたとき
ふと「あ。水を替えるの忘れた」と頭をよぎった。
瞬間「なにを〜!!好き勝手して死んで、さらに水も要求するか!クソ親父」
とカっときてそれ以来、命日に花も備えず墓参りもしていない。
命日も忘れた(笑)。
特によくないことはおこらない。

母いわく、何度も思い出すことが供養よ。
誇りに思うことが供養よ。
と言う。
なのでな〜〜んもしていない。

小さいころからカトリックの教えを叩き込まれた。
何かあると神様からの戒めがあるかも。。
と不安になっていた。
しかし、周りを見渡すと
ものすごいインモラルなことをしてる人でも
神様からの戒めなどなーーんもない。

逆に自分を戒めながらびくびく生きてる人間のほうが
いろんな試練に局面する気がする。

罪の意識というのは
自分を見つめなおすために
きちんと生きるために必要なことだと思うが
とらわれるのは不幸なことなんだと
わかってきた。


植木が枯れた 

2004年08月26日(木) 10時45分
雨が続いたから水やりをさぼってたら一個植木が枯れた。
まぁ〜。かわいそうに〜・・・・
なんて絶対思わんぞ!
なんだ!おまえは!雨の水で生き延びられるだろうよ!
他の植木たちはそうやってなんとか生きているんだ!
キミみたいな甘えたやつは淘汰されろ!

グヤジ〜
2004年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像hat_yam
» 下着で散歩 (2004年08月16日)
アイコン画像hat_yam
» 折れた釘 (2004年08月04日)
アイコン画像hat_yam
» 依存心 (2004年08月02日)
アイコン画像hideout
» パブリックスペース (2004年07月30日)
アイコン画像hat_yam
» パブリックスペース (2004年07月29日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hideout
読者になる
Yapme!一覧
読者になる