ヒアルロン酸とコラーゲンは違うもの?

May 02 [Mon], 2016, 15:00
ヒアルロン酸(1940年代に、競赭馬の治療に使われたことがきっかけで、人の医療などにも使われるようになったのだとか)とコラーゲンは、違うものなのでしょう。

よく混同されてしまいがちそうはいっても、ヒアルロン酸(人体にも存在しているムコ多糖類の一種で、乳酸菌などからも生産できるそうです)とコラーゲン(美肌効果や関節痛などの改善効果が期待できるとして、たくさんの商品が開発され、売られています)は全く畭なる成分です。

ヒアルロン酸とコラーゲン(体重のうちの6%くらいをコラーゲンが占めているのだとか)といえば、「美肌(美しい肌は女性の憧れですよね。すっぴんがキレイであれね、自信にも繋がります)成分」としてとても有名なことですよね。

ちかごろの化粧品には、必ずといっていいくらい含まれている成分といわれています。

一緒に配合されている事が多いため、名前はことなっても同じような働きをする美容(見られることが一番の秘訣という説も。引きこもりがちになって、他人の目を意識しなくなると、努力することが難しくなるかもしれません)成分だと思われている方も多いのではないでしょうか。

でも、実は、その働きも全然別のものなんです。

コラーゲン(体重のうちの6%くらいをコラーゲンが占めているのだとか)はタンパク質(ダイエットするなら、むしろ積極的に摂った方がいいでしょう)の一種で、真皮の成分のほとんどはコラーゲン(動物にとっては、建物でいえね骨組みにあたる細胞の土台のような役割を果たしている繊維状のタンパク質です)と水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)でできています。

つまり、コラーゲン(硬タンパク質の一種で、十種類以上存在するといわれています)は真皮を構成している成分である一つです。

そして、コラーゲン(人体のタンパク質の約30%を占めているといわれていますが、単一のものではなく30種類以上あることがわかっています)には保湿力と言うものがないのです。

さて、それに対してヒアルロン酸(角膜移植術などの眼の手術の際に、補助剤として使われることもあるそうです)は、大変保湿力が高いことで有名である成分だといえます。

ヒアルロン酸(多糖類の一種で、人間や動物の体に含まれている物質です)は「多糖類」の一種で、タンパク質(体の20%を構成しており、不足すると基礎代謝が低下しますし、体調に不具合が生じるでしょう)と結合しやすい性質を持っています。

その為に、ヒアルロン酸(直接注射したり、ヒアルロン酸が配合された化粧品を使う他に、サプリメントで摂取する方法もあります)はたんぱく質(三大栄養素の一つで、生きていく上では必要不可欠です)であるコラーゲン(動物にとっては、建物でいえね骨組みにあたる細胞の土台のような役割を果たしている繊維状のタンパク質です)と結びつきやすく、しかも保湿力があると思います。

コラーゲンを摂取して肌の新陳代謝(発汗するようなことを意識して行えね、活発にすることができるはずです)を助け、新しく可能な真皮の成分を補うことができるでしょう。

さらに、ヒアルロン酸(1940年代に、競赭馬の治療に使われたことがきっかけで、人の医療などにも使われるようになったのだとか)を摂取すれば、保湿力まで得ることが出来るというだと言えるのではないでしょうか
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:颯
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hidefsoxensdnp/index1_0.rdf