テスト

May 07 [Thu], 2015, 23:13
テストテスト

念のため

March 23 [Wed], 2011, 19:03
このブログしか知らない人のために

僕は無事です

本日、なんとかPCが復活したので

日記を書いておきます


地震があった日は

休日でしたが

たまたま家の中にいなかったために

難を逃れました

地震発生があと10分遅かったら

どうなっていたかわかりません




もしも自分の部屋の中にいたら

部屋のなかの定位置だった場所には

本が500冊くらい散乱して

テレビが倒れてPS3やwiiが転がってました

自分の部屋の中にいたら

本で圧死していたかもしれません

笑えない話でした


本棚は2つ崩壊していました

僕の部屋の被害はそれだけだったので

運がよかったです


今回の震災で

家が流されたり

家族や親戚、知り合いをなくされた方が多数います

そんななか僕がいまできることは

仕事をがんばることしかできません

地域の方にすこしでも商品を売って

できるだけ早くみなさんがもとの生活に戻れるよう

お手伝いをすることしかできません


みなさんが少しでも笑顔になれますよう

オレ式このマンガがすごい!! vol.1

March 04 [Fri], 2011, 21:47
前口上
1年間にマンガ本が9000〜10000冊ほど発売されているという昨今。そんなに発売している本をすべて追いかけることは不可能であり、しかもそんな本の全てが近所の本屋で売っているかといえばそうでもない。ましてやその本が面白いかつまらないかを判断するすべは自分で読んでみるか、人から聞いてみるとか評判を調べてみるしかない。
本というものにはいろいろなものが詰まっていると思う。感動や笑い、戦争や政治、恋に友情。人生観を変える本だってきっとある。
人には人の考え方や感じ方があるので、誰が読んでも面白い本なんて多分ない。
ただ、押し付けかもしれないが、面白い本がそこにあるのに知らないというのは、きっともったいないことだと思う。人が面白いと思えるものは、自分が楽しめる可能性のあるものだと思う。
この『オレ式このマンガがすごい!!』では少しでも面白いと思える本に出合える手助けになればと、個人的に面白いと思った2010年の本をピックアップしたレビューです。作品の感じ方は人それぞれです。私個人が面白いと思った本が必ずしも面白い本であるとは限りません。ですが、このレビューを見てあなたが少しでも面白い本に出合えるなら幸いです。


・宇宙兄弟
幼少時代、星空を眺めながら約束を交わした兄・六太と弟・日々人。2025年、弟は約束どおり宇宙飛行士となり、月面の第1次長期滞在クルーの一員となっていた。一方、会社をクビになり、無職の兄・六太。弟からの1通のメールで、兄は再び宇宙を目指しはじめる。

宇宙を題材にしたマンガで、はずれはない。そんな噂があるがその中でもトップクラスの面白さ。不運になにかと縁がある主人公だがそれがなぜか幸運につながる、しかも一見ヘタレで行動が適当に見えるのに、意地っ張りで頑張り屋でいろんなことが上手くいく作品の流れが絶妙。宇宙に興味がなくても楽しく読めるマンガです。





・鉄風
背が高くて性格の悪い女子高生の主人公・石堂夏央。彼女は生まれつき持っている才能で何でもこなせて、「私は充実している人間を許さない」と言ってしまうほど性格が悪い。そんな彼女が眉毛が太くて性格が天然の女子高生・馬渡ゆず子に出会い、女子総合格闘技の世界に入っていく。ゆず子との最初の一瞬の攻防で二人の勝負は白熱する。対戦後、嬉しそうなゆず子の姿を見た夏央はある思いに駆られる。この子はつぶしがいがあると。しばらく格闘技から遠ざかっていた自分の体の動きを淀んでいると冷静に認識し、体の動きを取り戻すために無関係の空手部に道場破りをして、つぶしがいがあるほどライバルが強いのだということを認識するために負ける勝負をし、そのライバルをつぶすために「頑張って、一生懸命、精一杯、努力しなきゃ」といって決意を固める。

このマンガのいいところはメリハリがあり、突然度肝を抜かれるコマがあったり、主人公がストレートに性格悪くて素敵で、ものすごいキラキラした顔で「頑張ってあの子の笑顔を潰してあげよう」とか思ってて、そのシーンの主人公がやたら魅力的で描かれているのがいい。性格の悪い主人公を見ていても、全くいやな気分にならないマンガも珍しいものだと思います。





・サンケン・ロック
日本の高校生が、好きな人を追って韓国に来てギャングのボスになるという話。ギャングのボスになった後も、腐った大企業に喧嘩を売ってはのし上がっていく、実にシンプルな内容だが奥が深い。
ギャグとシリアスとがいい具合にバランスが取れていて、主人公が無駄に熱く曲がったことが大嫌いで読んでいて清々しくなる。特にアクションシーンが見ものでバット1本でヤクザに殴り込みに向かったり、カジノに乗り込んだりとまさにやりたい放題の暴れ放題。





・ONE PIECE
この作品は何もいう事がありません。ただ、こんなにもわくわくできてマンガで泣くことができる作品はあまりないんじゃないかな。日本中の多くの人が楽しめているのだから、きっと楽しめる可能性が大きい作品であると思います。あとは、読んでみるしかない。


・どうぶつの国
動物しかいない星「どうぶつの国」に暮らすタヌキのモノコ。両親を大山猫に食べられ一匹ぼっちになってしまったモノコは、ある日、見たことない動物‥‥人間の赤ちゃんを拾う! 小さな出会いが世界を変える、奇跡のアニマルファンタジー開幕!!
人間のいない動物だけの世界。そんな世界で精一杯生きている動物。そして主人公の人間。彼はこの世界で唯一動物の言葉がわかる。鳴き声の違う動物たちを弱肉強食の輪から解き放つ物語。生きるというテーマで描かれ1話1話が心にしみる。



・乙嫁語り
中央ユーラシアに暮らす、遊牧民と定住民の昼と夜。
美貌の娘・アミル(20歳)が嫁いだ相手は、若干12歳の少年・カルルク。遊牧民と定住民、8歳の年の差を越えて、ふたりは結ばれるのか……? 馬の背に乗り弓を構え、悠久の大地に生きるキャラクターたちの物語!
著者の趣味が全開で書かれたこの作品。前回は19世紀末の英国、メイドさんをモデルにしていましたが、今回は遊牧民!日本ではない、今ではない世界なのに見ていて引き込まれる作品。なんといっても絵がきれいでいて細かくそれだけでも見ごたえがあるのに、主人公がかわいくて天然で、もー完全につぼを押さえた作品。見る人によっては盛り上がりもなく、単調な作品だと受け取るかもしれないけれど、強く、逞しく、聡明で、美しい。すばらしいヨメです。ヨメです。


・神のみぞ知るセカイ
恋愛SLG(シミュレーションゲーム)で10000人を攻略し“落し神”と呼ばれる少年が今、現実の女性を攻略にかかる!! その少年の名は桂木桂馬(かつらぎけいま)、彼の神話はここから始まる!!

この漫画の主人公は3次元の女の子を攻略していくときに、
自分がやってきたギャルゲーの経験を踏まえてシチュエーションを組み立て、
エンディングへと導く、といういわば一話完結のギャルゲー漫画です。
主人公はあらゆるギャルゲーをしているので、名探偵のごとく女の子の悩みがわかり、女の子をおとしていくその過程が面白く、テンポよく読めます。
っというか、女の子のパラメーターや性格、悩みやフラグ・ルートを攻略サイトを見たかのように拾って当てて進んでいく姿は、名探偵のようでラブコメではなく推理漫画なのではないかと思ってしまいます。



vol.2に続く………かもしれない

いいから黙って読んでみろ

November 21 [Sun], 2010, 0:03
十人十色と言うように
人の好みは人それぞれだから
無理やりに物を勧めることは
本来無粋なことでしかないのだけれど

それでも僕はこう思う

僕が出会ったものの中で
世の中にはこんだけ面白いものがあって
それを知らないのはもったいない

あの感動をこれから味わえるなんて


人それぞれの好みはあるので
僕が好きなものが
他人に受け入れられる保証はどこにもないけれど
だからと言って
試してすらもらえないのも悲しいものだ

やってみなければわからないことはある
やってみて、読んでみて、プレイしてみて
ダメだったんなら仕方がない

でも
食べてもいないのにおいしくないなんて言える訳がないように
聞いてもいない曲に文句をつけれないように
試してもいないのに面白くないなんて決め付けられるはずがない


これは押し売りでしかない
それはわかっている

でもさ
知らないのっていうのは
損をしていると思うんだよね

まだ読んでないの?
いいなぁ。あの感動をこれから味わえるなんて

辞令発動

September 01 [Wed], 2010, 22:23
記録的猛暑の折

皆様いかがお過ごしでしょうか

オヒサシブリデス



このたび辞令が出まして

現在仕事場の多賀城から

青葉区の南吉成に

移動が決まりました

異動が決まりました



大きいお店と言うことと

担当の部門が変わると言うことと

移動時間が長くなると言うことと

初めての異動と言う事で

すさまじく不安ですが


まー、なんとかなるかと言うことで

がんばります


おれ、がんばります


9/15付けで異動です

引越しなしなことだけが

唯一の救いだったかも

っていう今日この頃

オヒサシブリデス

March 17 [Wed], 2010, 20:46
えー

怠けに怠けきって

いまさらって感じで久しぶりに日記を書いています

とりあえず近況を


8月に資格を取るべく

東京に行って

ガンダムを見て

グリーンアドバイザーの試験を受けて

合格して


11月に夏のリフレッシュ休暇をもらい

東京に行って友人と飲んで

仙台に帰ってきて兄貴と友達と飲んで

その後、短大の友人と飲んで

盛岡行って友人と飲んで温泉めぐりして麺類食って

帰ってきてまた飲んで


12月、1月はなんとなく過ぎて

2月からモンハンをまたやりだして

冬のリフレッシュ休暇をもらって

5日間部屋の片づけをしたのに

部屋が片付かなくて

部屋に本が4000冊くらいあって

びっくりして



あっという間に

クリスマスと

バレンタインと言う

素敵イベントが

何事もなかったように過ぎ去った

今日この頃です


最近、友人や知り合いが

ばったばったと結婚していきます




さて次の更新は

いつになるのやら

似てると言われても

November 25 [Wed], 2009, 18:04
休日に近所を散歩していたら

幼稚園児の列が同じく散歩していた


通り過ぎるときにその中の園児の一人が

僕に向かってこういった

あーー、あの日と僕のパパに似てる


にゃにーーー?

時間に対する考察

November 25 [Wed], 2009, 17:54
前にも一度考えたが

タイムマシーンで過去に戻れるのではなく

今の記憶のまま過去の自分に戻れるとしたら

したいだろうかしたくないだろうか?

そう聞かれたら

僕は断然、したくない




なぜかと言われたら

だって過去に戻ったら

過去が変わってしまうじゃないか


例えば高校受験からやり直した言ってことになると

勉強してもっと頭のいい高校にいけたかもしれない

だけれど

高校で、であった友人や体験したことがなくなるわけだ

そんなの嫌じゃん


つらい経験もいっぱいあったかもしれない

でもいい思い出やいい友人もいっぱいいるわけで

それを全部なくしたいとは

全く思わない


だから過去に戻りたいかと聞かれれば

答えは

ノーだ

ツンドラ

November 25 [Wed], 2009, 16:00
「えー、というわけで雑記です。」

「いやいやいやいやいやいやいやいや。長ぁい間ほったらかしておいて、普通に戻ってこないでください」

「オヒサシブリデス」

「うわ、片言!!」

「ところで最近気になったことがあるんだが」

「なんですか?」

「ツンデレって言葉があるだろう?」

「最近はあまり聞かなくなってきましたね」

「日常ではツンとしているものの、思いを寄せた人と二人きりになると、デレっとすることらしいな」

「わー、説明っぽい」

「そこで、俺は新しい言葉を考えた」

「………とりあえず聞きましょう」

「その名もツンドラ」

「………それはロシアとかの寒い地域のことですか?」

「馬鹿者!スラングなんだから別の意味に決まっているだろう」

「意味を推測しなきゃだめですか?」

「それ以外に貴様の仕事はあるのか?」

「お疲れ様でした」

「すいません。お願いですから考えていただけないでしょうか?」

「しかたないですね」

「オネガイシマス」

「ツンはツンツンだから、ドラはドラマチックじゃないですか?」

「ほう、どんな感じだ?」

「日常ではツンとしているものの、思いを寄せた人にドラマチックな印象を与えるよう影で努力すること」

「なるほどなるほど」

「まー、ツンデレみたいなものですね。どうですか?」

「全然ダメ。全く見当違いもいいところだ」

「ではどういう意味なんですか?」

「ツンツンしたドラゴンに決まってるだろ」

「それはもう、普通のドラゴンですよね」

「うん?」

「ツンツンしてないドラゴンなんてガチャピンくらいですよ」

「そうだな」

ガンダムを見た後に

August 20 [Thu], 2009, 18:07
そう言えば東京から仙台に帰ってきて

こんなのを見つけました






ジオン寺ってwww
P R
2015年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像たん
» オヒサシブリデス (2010年05月01日)
アイコン画像hideyukick
» 考えてはいけないその先 (2009年07月11日)
アイコン画像たん
» 考えてはいけないその先 (2009年07月07日)
アイコン画像hideyukick
» 英語に直すとかっこいい (2009年07月06日)
アイコン画像KAZUHI69
» 英語に直すとかっこいい (2009年07月03日)
アイコン画像かつを
» 北海道 (2009年01月16日)
アイコン画像たん
» 人間だもの (2008年09月27日)
アイコン画像ねこ
» 結局は深く考えすぎ (2008年09月11日)
アイコン画像ねこ
» デルモンテ (2008年09月11日)
アイコン画像
» とさる (2008年07月28日)
http://yaplog.jp/hide0298/index1_0.rdf