恋愛に向かない、私の日々。A

August 21 [Sat], 2010, 1:02
この前どこまで書いたっけ?

あ、初対面の所だ。

+++++++++++++++++++++++
合コンなんて半年ぶりだったから、
何を話していいのか良くわからない。。

ただ、
yokiから目が離せなかった。

私より4つ年上で、
中学を卒業した後にすぐに働いていて、
サッカー馬鹿。

背も低いし、
ポヨポヨしてるし、
自分の話ばっかり。

そして、
会話しているだけでもわかるくらい、
スーパーどS!!!
(後々よ〜くわかる)

そんな奴のどこに惹かれているのかも、
自分でも良くわからなかった。

ただ、
切れ長の鋭い目と、
本気で楽しそうに笑う表情、
自分の夢を生き生きと語る声に、

私は恋をしたんだと思う。

『hicoは映画好き?』

すごい好きだよ。
一人でしょっちゅう見てるし。

『俺、自分で映画撮りたいんだよね〜。
海外にも行きたいし、
やりたい事がいっぱいありすぎてさ。』

へぇ。
私も海外に住みたかったな。
もうあきらめちゃったけど。

『なんで?
どこに住みたかったの?』


そんな会話をしばらくしていた。

その後はお互いの映画ウンチク。

ギャルの割に、
活字小説やマンガ、
アニメに映画などのサブカルチャーが大好きだった私は、
いつも周りの友達とは出来ない会話ができて、
すごくノリノリで話をした。

そんな話を色々していたら、

『おまえ、面白い奴だな!
しかも誕生日が俺と2日違いだし!
よし、連絡先教えろ』

…誕生日が近いとかは関係ない気が。

『いいから。
はい、番号!』


どSで自分勝手な所は、
こういう部分にあらわれる。。

『連絡するから、
ちゃんと電話でろよ』


彼から連絡がきたのは、
その数日後。

私の17歳の誕生日の一週間前だった。
+++++++++++++++++++++++++++
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hico0206
読者になる
2010年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hico0206/index1_0.rdf