ウィキペディアをオフラインで使ってみようか 

April 17 [Tue], 2012, 19:11
ウィキペディアといえば言わずとしれたインターネット百科事典。

こいつが原因でMicrosoft エンカルタ総合大百科が終了してしまったわけだが。

ま、それはさておき。

今回は、インターネットにつながっていない状態でもウィキペディアを利用してみようじゃないか、という話である。

ウィキペディアをオフラインで使用するためには、本家サイトから日本語版ウィキペディアのダンプデータ(生データのことね)をダウンロードする必要がある。

ダウンロードしたデータを、電子辞書の標準形式であるEPWINGに変換して、電子辞書ビューアに読み込ませればオフライン使用が可能になるわけだが。

ダンプデータをEPWINGに変換するには大変な手間がかかる。

マシンパワーもさることながら作業領域としてハードディスクに20GBの空き容量を確保しなければならない。

というわけで、この段階はすっとばす。

そのうち酔狂で挑戦してみようかとは考えているが。

ダンプデータからEPWINGに変換したデータをBitTorrentで配布しているサイトがある。

そこからダウンロードして電子辞書ビューアに入れればOKというわけだ。

ではやってみよう。

まず、このサイトにアクセスする。



画面を赤枠の部分までスクロールさせよう。



青枠の「Wikipedia 日本語版」というタイトルが目的のファイルである。
これをBitCometというクライアントアプリケーションを利用してダウンロードする。
BitTorrent用ダウンローダーを持っていない場合はインストールしておこう。


「Wikipedia 日本語版」をクリックし、ダウンロードページからTorrentdownloadボタンを押す。


ダウンロードダイアログが開くのでBitCometを指定してプログラムから開く。


トレントファイルがダウンロードされる。
トレントファイルとは目的のファイルの存在する場所や情報が書き込まれたデータファイルのこと。


トレントファイルのダウンロードが完了するとBitCometが自動で起動し、ファイルの保存先の確認ダイアログが表示される。
任意の場所を指定しよう。
本体ファイルの総量は1.33GBとかなり重い。
一年先はどれだけ増えていることやら。


OKボタンを押せばいよいよ本体ファイルのダウンロードがスタートする。
回線環境にもよるが2時間以上はみておいた方がよい。
ファイルはZip形式で配布されている。
ダウンロードが完了したら任意の場所に解凍しよう。


参考までに電子辞書ビューアの登録方法も紹介しておこう。
私の場合はフリーの電子辞書ビューア「EBWin」を使用している。
ファイル→辞書の追加を選ぶ。


解凍したフォルダの中から「CATALOGS」というファイルを読み込む。


読み込み完了。
検索も問題無し。
画像データは反映されない。



BitCometはインストールすれば特別な設定無しで使用できると思う。
もしダウンロードがうまくいかない場合はGoogleで「ポートの開放」を検索して設定すると良いだろう。
ポートの設定が分からない場合はあきらめよう。


違法アップロード問題で何かと批判されがちなP2Pだが、こういった有用な使い方もできることも覚えておきたい。

青空文庫の全ファイルもBitTorrentで配布されているので、興味のある方はぜひどうぞ。

KORG microKEY 

April 16 [Mon], 2012, 19:45
同社のnanoKEYから乗り換えた。


nanoKEY




microKEY

画像だと分かり難いが、大きさと質感が別次元。


――――――――――――――――――――――
【nanoKEY】
320 (W) x 83 (D) x 14(H) mm
25鍵ベロシティ対応キーボード

【microKEY】
565 (W) x 139 (D) x 54 (H) mm
37鍵(ナチュラル・タッチ・ミニ鍵盤、ベロシティ付き)
――――――――――――――――――――――

やっぱり鍵盤の違いが一番大きい。
板ガムみたいなnanoKEYの鍵盤に対して、
midroKEYは質感の非常に高い箱形鍵盤。
押さえやすくタッチもまずまずだ。
モジュレーションとピッチベンドがホイールというのも嬉しい。

nanoKEYには随分お世話になったがオクターブピッチが壊れて入力に支障をきたすようになったため、
microKEYにチェンジすることにした。

満足である。

追加レビューは、また今度。

秀丸エディタで文字の強調表示 

April 15 [Sun], 2012, 1:05
特定の文字列だけ違う色で表示させたくなる時がある。
秀丸エディタでは「強調表示」という機能で簡単に実現できる。




強調表示を使用しない編集画面。


「その他」→「ファイルタイプ別の設定」ダイアログボックス→「強調表示」→「追加」で色分けしたい文字列を入力。
プルダウンメニューから、文字の色や装飾等の表示方法を選択し、OKボタンで設定。
表示方法は自分の好みで変更可能。


設定後の画面。強調表示は、重複表現のチェック等で重宝する。
一度設定すれば、入力作業中でもリアルタイムで色分けが反映されるようになる。

MIFES8から秀丸エディタへ 

April 14 [Sat], 2012, 21:03
常用のテキストエディタを変更した。

MIFES8から秀丸エディタへ。

日常的に日本語の長文を書くことが多いので文章作成の際はテキストエディタを使用している。

テキストエディタの導入にあたって、どのソフトウェアが良いかネットで調べたところ、MS-DOSの時代から定評があるMIFESで仕事をしているというライターのブログを読み、深く考えずにMIFESを選択することにした。

使い始めてしばらく経ってから知ったのが、現在のMIFESは個人ユースには不向きだということ。

まず値段が高額だ。

・パッケージ版で\26,460
・ダウンロード版でも\20,580

テキストエディタとして破格の高値である。

一般的なテキストエディタはシェアウェアで\5000前後が相場だ。

性能的にもMIFESと同程度と考えて良い。

MIFESを選んだ当時の自分はテキストエディタの一般的な相場をよく調べなかった。

どれも似たようなものだろうと思っていた。

痛恨のミスであった。

MIFESは世界一高額なテキストエディタかもしれない。

とよく調べずに言ってみる。

テキストエディタはフリーでも高性能なものが多いことを後々知って愕然としたのも、もはや良い思い出。

さてMIFES8だが、規格外に高額なエディタだけに性能は申し分無かった、のだが。

数年使い続けて、縦書きに対応していないことに、どうしても我慢できなくなってしまった。

日本語入力は縦書きの方が文章の把握がしやすい。

慣れの問題だろうと、導入してしばらくは横書きで入力してみたのだが、ある程度書き進めてから縦書きで確認してみると、違和感がありまくりで困った。

同じ文章でも縦書きで読むのと横書きで読むのとでは印象が違って見えるのだ。

これではいかんとテキストエディタと同時に青空文庫ビューアを立ち上げて、横書きでテキストを打ち込みながら青空文庫ビューアで縦書きで読んだ時におかしいと感じないか、画面を交互に切り替えながら作業するという面倒くさいことを2年程続けてみたが限界がきた。

縦書き可能で安くて高性能なテキストエディタに乗り換えよう。

で、秀丸エディタに移行した。

うん、使いやすい。

縦書き表示も自分が期待していた機能を十分に備えている。

価格も\4200とまずまずだ。

MIFESのように1ライセンスでPC1台のみのインストールという制限もない。

アウトラインやマクロ機能も、これから少しずつ覚えていこう。

以上。





秀丸エディタの横書き表示。見やすい。編集機能も豊富。





横書き表示。縦書きへの変更はツーステップ。





MIFES8のメイン画面。横書きだけならこれで十分だったのだが。





青空文庫ビューア「Page1」で縦書き表示。

Advanced SystemCare PRO 

April 13 [Fri], 2012, 18:26
Windowsの統合メンテナンスユーティリティ。

不要ファイルの削除やレジストリのクリーンアップとデフラグ、スパイウェアの検出、不要なサービスの整理等、システムにおけるメンテナンスのほとんど全てをまかなえる多機能ツール。

非常に評価が高いので導入してみた。

オプションで詳細設定が可能だが、PCの知識が無くても、メインメニューの「Care!」ボタンを押せば作業完了まで全自動で処理してくれる。



常駐型のソフトだが、メモリ消費量が少なくPCへの負担は軽い。

同じ趣旨のユーティリティとして、これまでGlary Utilitiesを常用していたが、レジストリのクリーンアップで毎回、消してほしくないエントリまでいじられていたので、削除して、これに乗り換えることにした。

なかなか快適で気に入っている。

【一つ心配な点】

このソフトには、PC起動時に個人ファイル(インターネット利用履歴等)を削除する機能があるのだが。



「削除しいています」ってなんやねん。



先生っ、そこはかとなく不安です!!


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hibiteki
読者になる
2012年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる