クリスマス 

2008年12月24日(水) 15時06分
会社の友達からポインセチアをもらいました。12月からずーっとクリスマスの雰囲気をかもしだしてくれてます。今年は平日のクリスマスイブ。Kazuくんのお仕事の具合もあるので、外食というよりは家ごはんで何かクリスマス色をだそうかな。いろいろ考えて、和風ローストチキンに挑戦してみました。よく調べてみると、お魚焼きグリルで、チキンも焼けるらしい。ハチミツ、しょうゆ、ゆずにチキンをしみこませて、弱火で20分。皮はぱりっと、ちゃんと焼けました。ちょっとほっとしながら、何品か料理をして、キャンドルに火を点して、クリスマスの音楽をかけました。キャンドルを点すだけで、ぐっと雰囲気がでて、いいものだなあ〜。


準備がととのったころ、KAZUくんが帰宅。手には花束が★
帰り道にお花屋さんに寄って、花束をプレゼントしてくれました。なんか特別な感じー。クリスマスってやっぱり素敵な夜だなあとしみじみ。ノンアルコールのシャンパンで乾杯してごはんをゆっくり食べました。お家の中での手作りクリスマス、とても楽しい夜でした。

秋の益子へ 

2008年11月03日(月) 11時03分
連休に、益子までドライブに行きました。秋の陶器市が開かれていて、2年ぶりに行くのでワクワク。現地で、高校の友達と待ち合わせをして、一緒にランチをしました。水戸に遊びに行く機会がなくって、会えずにいる間に、結婚が決まった友達。いろんな話が聞きたくて、予定を合わせて益子で会うことに。はじめて聞く彼の話を、照れながらも幸せそうに話すので、「いい人に出会ったんだなあ・・・」としみじみ。会って話せてほんとに良かった。


午後に陶器市のテントをまわり、焼き物を数点お買い物して、Cafe SIGHTで休憩にお茶をしました。ペンションの一角がカフェになっていて、のんびりとした田園風景をみながら、休憩しました。器つかいも、やはり、益子!素敵に和食器を使うなあ、、とっても参考になります。
曇りの益子は、ひんやりするほど寒くて、紅葉した山の風景を見ながら、とても気持ちの良いドライブでした。益子の街は、すてきなギャラリーが多く、Cafeは、オーガニック食材を使うお店があって、それぞれこだわりのあるお店ばかり。




回廊 門
帰りは笠間に寄ることに。おすすめのギャラリーがあると聞いて、笠間焼きも見て帰りました。とても素敵なギャラリーで、笠間焼きもいいね〜と堪能しました。焼物をとおして、芸術を感じた一日でした。とっても楽しい小旅行でした。

にぎやかな日 

2008年10月31日(金) 11時52分
先週から、今週にかけて、来客があって、にぎやかな日が続いてました。先週は大学時代の友達、会社の友達、今週はお母さんと。普段は二人だけの生活に慣れてるので、お客様がくるとぱっとにぎやかに。久しぶりに会う友達から、近況報告を聞いたり、楽しい時間をすごして、元気をいっぱいもらった感じ。今週は、父の出張に合わせて、母が会いに来てくれました。一緒にごはん作りをして、レシピを教わって、おしゃべりして、ゆっくりとした時間をすごせました。私も、母に、習ったばかりの「白ぱん」レシピを。お家で作るパンは、時間がかかるけど、粉の香りや、パンの香りが部屋中にして、とっても優雅な気持ちになります。無心で生地をこねる時間が、とても心地よくて、「靴磨き」に通じる好きな時間なんだよね、って母に話したら、父も、祖父も、実は靴磨きが好きなんだって、わかりました。好きな感覚まで、DNAで遺伝するのかな・・・。

パン教室A 

2008年10月23日(木) 11時47分
今日は2回目のパン教室。あいにくの雨。でもまだ気温はそれほど下がってないので、お出かけしていてもちょっと安心。教室についてみると、先生1人だけ・・・。生徒のキャンセルで、ワンツーマン指導でした。先生も、たぶん、そんなに年齢がかわらない方なので、おしゃべりしながら楽しく教わりました。今回は、「白パン」。食事パンを作ってみたかったので、ちょうど良かった。レシピもすごくシンプルなので、おうちで、気軽にできそう。




パン教室のあと夕方から、友達が遊びに来ることになっていたのでちょうどよい機会!試食してもらいました。先生のところでは、オレンジピールを入れて、おやつ風にアレンジされてました。
そんな風に、ドライフルーツを入れてみたり、アレンジがききそうな白パンです。

はじめてのパン教室 

2008年10月16日(木) 17時21分
今日は、はじめてパン教室に行きました。ずーっと行ってみたかったパン教室。レシピは本で読んだことあるけど、どれくらい生地をこねるのかとか、実際やってみないとわからないことばかり。前に行ったことのあるCafeのGreen Palasolで、1day レッスンをやってることを知り、さっそく申し込みを。素敵なお庭のあるCafeで、緑のツタの感じや、お花の飾り方が素敵で、いつかこんなお庭をつくれたら・・・なんて夢見心地になるCafe。午後のあたたかい日差しの中、生地作りから、発酵、焼き上がりまで、ゆっくりとした時間の流れの中作業がすすんでいき、とっても素敵な時間でした。
今回トライしたのは「ドーナツ」油で揚げないので、さっぱりとしていてお食事パンにもなりそう。
作り方も簡単だったので、おうちでTRYしてみよっと。





小笠原伯爵邸 

2008年10月12日(日) 21時46分
週末は夫婦で結婚式へ参列。とても良く晴れて、気持ちのよい秋晴れの一日でした。場所は、小笠原伯爵邸。素敵な洋館の佇まい。入口からして・・素敵〜。お料理もとっても美味しいと聞いてました。洋館の中庭で、結婚式があって、立食形式のPARTYはまるで海外WEDDINGのようでした。洋館のあちらこちらで、JAZZ演奏があったり、お庭でバーベキューがあったり、チョコフォンジュがあったりと、イベントがあって楽しい時間でした。










会社を退社してから、久しぶりに会う同期の子に、お互いの近況報告をしたり、同窓会みたいでした。海外赴任を楽しんでいる子や、第二の職場で働く子、子育てしながら働く同期、みんなそれぞれ充実していて輝いていました。純白のドレスの友達の晴れやかな姿を見て、こちらまで新鮮な気持ちになりました。彼女の記念すべき第1歩の日、結婚式はこちらまで幸せいっぱいな気持ちになる素敵な一日。

合羽橋道具街めぐり 

2008年10月10日(金) 20時24分
以前から姉と、蔵前にある「in-kyo」に行く計画をして、どの日にしようか悩んでると、HPで「松野屋」展をやってると知りました。籠や竹細工に巡り合えるかな〜と期待して、姉を誘ってみたら、母と一緒に3+甥っ子の瑛杜くん4人でお出かけになりました。まずは蔵前のin-kyoへ。いろんな日本の各地から届けられた竹細工の道具たちが並んでました。素敵な空間は目の保養になるなー。。
ランチを食べて、午後は合羽橋へ。やはりリーゾナブルな道具がそろっていて、3店くらいにしぼってお買い物をしました。
おにぎりを包む竹の皮や、おはし、スプーンなど。
お気に入りは「Soi」。和の古い家具と、食器が並んでいて、お買い得感のある商品に巡り合えるお店。今回は、湯のみを買いました。さっそく使ってみたけど、ほどよい大きさで使い心地も良かった〜。合羽橋珈琲店で休憩をして、帰りには公園へ。今日ずっと付き合ってくれた瑛杜くんも休憩しなくちゃね。爽やかな風が吹いていて、気持ちの良いひだまりですごす時間は、とっても幸せなひとときでした。

秋の味覚 

2008年10月08日(水) 18時26分
先週、Kazuくんのおばあちゃんの家で採れた「栗」が送られてきました。ちょうど姉夫婦が来ていたので、おすそわけできました。その日の夜は「栗ごはん」外の皮をむいて、渋皮をむいて、ひと手間あるけど、出来上がりはよりいっそう美味しい。ほっくり甘く、秋の味覚に大満足の夜ごはんでした。9月に遊びに行ったときは、「いちじく」をたくさん頂いたので、ジャムにしました。お家に持ち帰って、旅の思い出を楽しみました。

写真は、お昼ごはん。会社を辞めてからも、二人分お弁当作りをしています。目的は食べ過ぎないことと、栄養バランスを考えて作れるから。朝、作っておくと、家事のあとのご褒美みたいでうれしいし、時間の節約にもなるので習慣にしよう!

退社日のこと 

2008年09月30日(火) 15時14分
今日はお勤めしていた会社を去る日。気がつけばあっという間に月日が流れていて、退社日の当日がきても、まだ実感がわかない・・。入社した日が、ついこないだのように想いだせる。けど、月日はちゃんと流れていて、そこで出会った同期の友達の思い出や、仕事から沢山学んだこと、ふりかえれば、在籍年数だけの思い出がある。今日は、そこで出会った人達に、ちゃんとお礼とお別れを言う日。一人ひとりに。
ちゃんと上手く話せたかは別として、気持ちをこめて「ありがとうございました」と少しのおしゃべりの時間。一人ひとりが貴重で大切な時間だと感じた。
お昼の時間は、同期の友達といつもの場所で、ランチ。食堂があって、毎日のようにおしゃべりをした場所。
その場所で、同期の恋愛の話やら、旅行の話、結婚してからは、主婦話に盛り上がって、すごくすごく大好きな時間をすごした場所。毎日会える友達がいて、働けるって、すごく良い環境だったんだなあ、としみじみ感じた。ランチを食べた後に、同期の友達から、すごく素敵な花束のプレゼント!!秋色のガーベラとシックなテイストで、とってもきれい。そして、メッセージカードの入ったアルバムも!!!その中には、同じ年で入社した同期からのメッセージや、職場の先輩の方々からのもあって、涙なしには読めない・・・ほんとうにほんとうにありがとう・・・。この会社に入社してみんなと、いろんな時間過ごせて良かった。そして環境がかわってしまうけど、これからも、どうぞ宜しくお願いします。
退社する頃に、たまたま東京出張だったKazuくんが迎えに来てくれました。手には、ブーケが。。「この意味わかる?」と。8本のバラと1本のピンクのガーベラ。。あ!勤務年数だ!1本1本のバラが、Kazuくんから「おつかれさまでした」と言ってくれてるような気がして、とても嬉しかった。

花器 

2008年05月22日(木) 13時04分
お庭にでるのが楽しい時期になりました。お庭で咲いた花を数輪摘んでテーブルに飾るのが週末の楽しみです。先週、会社の友達と浅草方面へ出かけました。そこで出会ったのが、この鮮やかなブルーの器です。
花器として使ってもきれいだろうなあ〜、でも中にミニトマトやバジルの葉のマリネを入れてもよさそう。
お花のアレンジを習っていた頃は、いろんな種類の花の活けこみをしました。そこで習ったのは、花の高さに高低さをつけて、奥行間、立体感をもたせることなど。。
最近では、日々使っている器で、お庭に咲いてるお花を活けるコツを学びたいな。
2008年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hibinokokoro
読者になる
Yapme!一覧
読者になる