〜 は じ め に 〜
読 ん だ 本 の 事
本 を 読 ん で 思 っ た こ と
読 ん で み た い 本 、 お 薦 め す る 本
ね こ の よ う に 、 気 の 向 く ま ま に

正義、、 / 2014年03月01日(土)
数年前に流行った『正義』の話をする本を手に取った(買ってあったけど、読んでおらず)
まだ数ページしか読んでいないけれど、始めから終わりまで正義、とか美徳、とかいう言葉がたくさん使われているのだろうと想像がついた。
英文和訳だから訳者の意図によって内容に、言葉が醸す雰囲気に原文との違いが出てくるのだろうとは思う。


でも、正義、美徳という言葉はどうも信用出来ない。すっと心に入ってこない、染み込まない。
そのような言葉を掲げる思惑は何なのか。とか考えてしまう。捻くれ者なのかもしれないけど。


キリスト教社会では、こういう言葉がみんなに浸透しているのだろうか。違いは宗教?
それとも、自分が経済的に、損得勘定で世の中を見てるからだろうか。


ある論を批判する自分を俯瞰し評価する。
自分の立場が見えてくる。
自分を創り上げたものが見えてくる。
自分の弱さが見えてくる。
自分の考えを構築したい。


たくさん考えたら、ちょっと、疲れた。

 
   
Posted at 02:18/ この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!