まとめ集会 

2008年06月12日(木) 15時02分

ほぼ1ヶ月に渡るたたかいのまとめ集会にあたり黙とう

被爆の残酷さ、厚労省の冷たい行政を明らかにすると同時に、核兵器廃絶の世論を伝えました。

日本共産党小池晃参議院議員も挨拶に来て、20数年前に東北大学の学生の時に当時東北大学の教授だった田中日本被団協事務局長に被爆の実相を聞いたことが政治家としての原点と紹介しながら「福田首相の決断が求められている。超党派で必ず実現する」と力強く発言しました。

全国弁護団連絡会の熊本、近畿、仙台、長崎、広島、東京弁護団の弁護士も勢揃いでアピールしました。

昨日平和行進が岐阜に引き継がれた愛知県原水協の佐竹事務局長から挨拶、ボーカリストの形岡七恵さんは被爆者で亡くなった中西英治さんの「広島の子守唄」を熱唱しました。

最後に「原爆を許すまじ」を合唱し、第2次座り込みは幕を閉じました。



官房副長官との面談を終え 

2008年06月12日(木) 12時57分


官邸申し入れから厚労省特設テント前に帰ってきた代表団と、報告する5人。
10分ということだったが、倍以上の時間を取ってくれたそうです。

テント前に戻りました 

2008年06月12日(木) 12時13分

官邸で私たちの要求を伝えてくれている代表団の帰りを待ちながら集会中

ただいま官邸前行動中 

2008年06月12日(木) 11時24分
ただいま官邸前です。
徐々に迫ります!

今日の行動 

2008年06月12日(木) 11時23分
11時20分から宮原全国弁連事務局長、田中日本被団協事務局長、山本全国原告団長、中山全国副団長、玉本広島原告団副団長の5人が大野官房副長官と面談します。
それにともない13時の官邸前行動を繰り上げて、11時から官邸前で行動します。

テントで映画上映中 

2008年06月11日(水) 23時14分
夜のテントでは現在プロジェクターを通してDVDを流しています。
写真に写っているのは、東京北区の青年によるVOICEというサークルが作ったもの。
地元の被爆者の声を受け継ごうというグループです。
すばらしい作品でした!

テントでは引き続き何かを上映しているはず。

第2の座り込み2日目 

2008年06月11日(水) 21時18分
本日のテントは閉めました。
ごまをが表に座っています。
でもテント自体を守らなくてはならないので中で語り合い中。

今の状況、今後の展望など聞いています。

銀座マリオン前にて 

2008年06月11日(水) 18時27分
4時から5時まで、有楽町の銀座マリオン前で宣伝をしました。

およそ50人が参加。
原告、被爆者はじめ弁護団、支援者など。
リレートークと歌、びら撒きをしました。

ここでは他の問題で宣伝をすることも多いのですが、普段はあまり反応が見えないマリオンですが今日はすごくよかった!です。
さすが。
原爆症の問題です、と言うと振り向いてくれました。

こうやって世論が徐々に味方についてゆく感じ。

メッセージ 

2008年06月11日(水) 15時34分
Tさんから。


ついに一番大事な局面を迎えられましたね。3日間にわたる一日八時間から六時間にわたる座り込み、僕は体力がないので原告のおじちゃんおばちゃんたちはよくやれるなぁ、すごい!と思います。やはりおじちゃんおばちゃんたちの本当に切実な願いが座り込みをやる力になっているのでしょう。どこまでも冷たい舛添の仕打ち、しかしあともう一息頑張れば福田首相の決断をさせることもできると信じています。原告の皆さん、あともう一息です。負けないでください。

メッセージ 

2008年06月11日(水) 15時33分
広島のIさんから。


広島に住む被爆三世のIと言います。
ここがふんばり時。
自分は遠い広島の地で精一杯応援します。
頑張ろう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:原爆症認定集団訴訟勝利を呼ぶ人々
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 趣味:
    ・ハンドメイド-座り込みと語り合い
読者になる
▼訴訟勝利と被爆者行政改めのために、東京で大行動を起こします。国会議員を含め、多くの方々がこの問題の解決の向けて立ち上がっています。
▼07年4月2〜4日には厚労省前で連続座り込み行動をしました。
▼すわりこみを経て、この問題をめぐる政治状況やアクションの様子を随時お知らせします。
管理人は西村みさき(日本平和委員会)です。
2008年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Yapme!一覧
読者になる