【 更新情報 】

ヒアルロン酸化粧品で肌がしっとり

ヒアルロン酸は目、皮膚、関節、脳など体内にたくさんあり、水分保持や関節の潤滑剤となっていて欠かせない存在です。体内のヒアルロン酸は40歳後半になると減少する傾向にあり、それを補うためにヒアルロン酸入りの化粧品を使ったり、サプリメントなどの栄養補助食品を摂取すると効果が現れます。

ヒアルロン酸が減少すると関節痛になったり、肌が荒れたりします。生まれたばかりの赤ちゃんの肌がプリプリなのはヒアルロン酸がたっぷりだからなのですね。ヒアルロン酸は女性化粧品にも多く含まれており、使うことによって肌がしっとりします。

ジュジュの「アクアモイスト」シリーズはヒアルロン酸入りで1050円〜と低価格なので化粧水を中心に人気が高まっています。また化粧を落とすだけのメイク落としでは飽き足らない現代人に合わせ、今や化粧を優しく落としながらもヒアルロン酸で肌をしっとり保つ効果まで期待できるメイク落としもあります。

ヒアルロン酸の保水効果は、同じ保水効果があることで知られるグリセリンの約4倍です。ジュジュの化粧品「アクアモイスト」シリーズは雑誌や新聞でも紹介され、無香料・無着色も話題を呼び、ヒット商品となっています。

飲むヒアルロン酸とまるごとコラーゲン

ヒアルロン酸は体内にもともとの役割があることから、生きていく上で欠かせない物質であることがわかります。しかし20代を境に加齢とともに体内のヒアルロン酸が減ってしまいます。このため40,50代ごろから膝が痛みだしたり、肩が上がらなくなるといった症状が出てくるのだそうです。

株式会社エバーライフの「皇潤」は飲むヒアルロン酸として有名ですね。美容のことを考えるとヒアルロン酸にコラーゲンも配合されたサプリメントが目につきます。アルカディの「ヒアロエステ」はまさにヒアルロン酸とコラーゲンが一緒に摂取できる飲むヒアルロン酸です。

1日1本飲むことでヒアルロン酸が120r、コラーゲンが2000r摂れ、うるおいのある肌に近づけます。Queens Roadの「まるごとコラーゲン+ヒアルロン酸」は特許技術により国産食用の鶏冠から抽出したエキスを配合したサプリメントで、コラーゲンやヒアルロン酸だけでなくミネラルやビタミンも同時に摂取できます。

ちなみに安全面から考えると外国産や食用でない鶏から抽出されたヒアルロン酸は避けた方が良いそうです。アンチエイジングのため、サプリメントや効率の良い飲むヒアルロン酸を試してみてはいかがでしょうか。

女性に大切なヒアルロン酸注射と注入手術

ヒアルロン酸の効果が一番わかりやすい場所は皮膚ではないでしょうか。肌に張りがなくなったな〜と思ったら、それはきっとヒアルロン酸不足です。美容整形ではアンチエイジングのため目元や首などの皺をなくすためにヒアルロン酸注射やヒアルロン酸注入という手術が行われます。

こういった美容整形に使われることを考えると、肌の若々しさに密接に関係していることがわかります。また、わずか1グラムで6000ccの水分を保つことができるヒアルロン酸は、肌や関節に良いだけでなく卵巣にも働きかけるので更年期障害にも効果があると言われています。また生理痛が軽くなるといった女性に嬉しい効果もあるようです。

サプリメントなどでヒアルロン酸を補給することで体内の水分が失われず、いつまでもみずみずしい肌でいられる上に快適な生活が待っていると知ったらヒアルロン酸に注目しないわけにはいかないですね。

1934年にアメリカで牛の眼球から初めて発見されたヒアルロン酸は、現在では微生物を発酵して作られる人工ヒアルロン酸という製造方法も開発されました。ただし、安全面を考えると動物から採取する天然ヒアルロン酸の方が良いそうです。
P R