こんばんは 

2006年03月14日(火) 0時35分
にゃーたんを久しぶりに観察しました

かわうい

疲れました 

2006年03月04日(土) 0時14分
何故みんな何も言わずに僕を置いて行ったんだろう

生きる事の方が大変なのに僕は大変な道を選んでいる
これが正しいとも思えない

相変らず悲しいのに涙も出ません

先の話 

2006年02月25日(土) 21時05分
二日前の夕方に何をしていたとか
昨日の昼に何をしていたとか
覚えていない訳で。

最早何の為に日々過ごしているのかすら
考えるのも億劫である。
目を閉じると楽しかった日々ばかり。
全て過去である。

そして記憶のパレットに敷かれた色なんて
混ざり合いすぎて何色なのかも分からない。
そんな色で人にどう見せようか

いつも 

2006年02月22日(水) 21時20分
いつも
何もしてあげられませんでした。

例えば
目の前で苦しんでいても救えない

無力だからね。

. 

2006年02月16日(木) 23時28分
寂しいと言えたら
どんなに楽なのだろう

言える人が幸せ者に見えた

昨日代々木公園に行きました 

2006年02月12日(日) 21時14分
夕方からの月がとても綺麗だったのと
外は寒いのに手は温かかったのと
噴水を何時間も見てたのと
春に桜が咲いたらまた来たいて思ったのと
この日一度も体調が悪くならなかったのと
いつも雨なのに晴れたのと
このまま時間が止まって欲しいて思えたのと。

一生の思い出ができました。

次は井の頭公園へ行きたいです

節分 

2006年02月04日(土) 17時55分
もう過ぎてしまったけれど。

昔、父が豆を買ってきて
撒いてごらんと言われ、玄関で撒いたっけ。
母は僕の後ろで楽しそうに見守ってた。気がする。

二度と戻らない日々を心と体で
理解するには僕には時間が掛かり過ぎた気がする。
誰も居なくなった今、理解しても
意味が無い。

 

2006年01月26日(木) 22時32分
この世界に自由という言葉はあるのに
本当の自由なんて存在しない。

この息苦しく狭い世界の中で
何処に僕の居場所を求めよう。

行き着く先は此処。
誰にも吐けないから此処に吐く。

此処もいつかは無くなるのに。

もうすぐ 

2006年01月26日(木) 1時30分
引っ越すかもしれないけれど
その前に本を持って公園に行こう

いつもみたいに傘をさして

 

2006年01月25日(水) 1時02分
何もかも一つ残らず無くなったら
本当に大切なものが何だったのか気付くと思う。

僕は僕の命以外のもの
何を無くせば良いのだろう。
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Profile

名も無き人



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hi10w
読者になる
Yapme!一覧
読者になる