プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユリズ1等兵
  • アイコン画像 誕生日:1988年
読者になる
年齢19歳。

その他は全部秘密☆
性別も趣味も職業もー。

あ!でも、職業はー……HNやタイトルからお察しくださいネっ
最新コメント
アイコン画像藍玉
久しぶりです (2008年11月07日)
アイコン画像藍玉
ノベル計画実行中。 (2008年06月17日)
アイコン画像藍玉
職務質問 (2008年03月14日)
アイコン画像たむら
東京りぽーと (2008年01月29日)
アイコン画像藍玉
その話は唐突に。 (2008年01月25日)
アイコン画像ネオニート
その話は唐突に。 (2008年01月19日)
元に戻るよ。 / 2009年01月01日(木)
ユリズ一等兵です。

実を言いますと…移転というか、元に戻ります。

2年ほど前まで使っていたmsnのブログ。まだ跡地が残っており、十分に使える感じだったので。

以前いっていた小説計画は画像とかの管理をしやすいmsnさんの方で実行に移そうかと。



りんく


↑アドレスはこちら。もし良かったら見に来てくださいね。
 
   
Posted at 22:10/ この記事のURL
コメント(0)
いやや / 2008年11月22日(土)
今日は意味のない一日を過ごす。

なぜかって?
友人カップルのデートに一人寂しくお付き合いをする訳の分からん展開に…。

そもそもの展開と言えば先週…
「22日ヒマ?」
という友人の電話で
「空いてるよ」
と言ってしまったのが運の尽き。


「じゃあさ、オレの彼女と3人でどっか遊びにいこうぜ」






ナニコレ?








友人と言っても年上なので断るわけにもいかず…





何やってんだろ…私。






やだやだ。
 
   
Posted at 18:09/ この記事のURL
コメント(0)
ミスタードーナツ / 2008年11月11日(火)
最近ミスドにはまっている。

今日は火災呼集訓練があるかもしれないということで、面倒事が大嫌いな私は早々と駐屯地を後にして、ミスドに向かった。

幸いな事に糧食勤務中の私は、「副直」「本直」「非番」の二勤一休制で、今日については「非番」にあたる。丸一日休みである上に明日、明後日働けばまた休みという万年木曜気分だ。

糧食勤務は今月一杯。まぁせいぜい今月は楽しませてもらうよ。

さて、日本の国防制度など置いておいて、今日はミスドである。名前の長いタイヤのようなドーナツを4つとカフェオレを購入し、取りあえず席に落ち着く。
断っておくが私はダイエット中だ。だから今日一日何も口にしていない。腕たてを150し、腹筋を900回以上やっているのだからドーナツ4くらい……


今現在ミスドにいるのだが本来の目的は小説を書こうと意気も高々としていたわけだ。一年以上も続く執筆活動もやはり片手間では全然進まず、とりあえず大学に入学してからも終わりそうにないな。

そんな事を考えながら席につくと、席の端っこには申し訳なさそうにこんな文字が

「店内での学習はご遠慮ください」






















学習じゃないけどさ、ノートとペン持ってたらあきらに注意されるよな、コレ。



ああぁ…



あと2時間も何をしろと




 
   
Posted at 18:33/ この記事のURL
コメント(0)
オリジナル / 2008年11月02日(日)
生姜紅茶なるものを作ってみた。

作る前まではビミョーに思ってたんだけど飲んでみてビックリ。


…うまい。

人にもよるだろうけどオススメ。

基礎代謝を上げてダイエットや冷え症防止にもなるんだとか。



ちなみに、実際インドかどこかでは紅茶とは違った名前で飲まれているらしい。
 
   
Posted at 11:25/ この記事のURL
コメント(0)
戦車。 / 2008年10月31日(金)
…まぁ、これはプラモだけどね(笑)
 
   
Posted at 21:38/ この記事のURL
コメント(0)
久しぶりです / 2008年10月30日(木)
いよいよ誰も見る人いないでしょ、このブログ(笑)

どうもお久しぶりです、ユリズ一等兵です。

近況報告……。
大学合格しました。今流行りのAO入試とかいう試験で。

結論からいうとビックリです。
試験当日は風邪をひき、高熱で声が出ないのに面接を受け…

絶対落ちたって思ってたのになぁ…。
試験官も見る目ないなぁ(笑)
本当に真面目に試験やってる?


大学は埼玉にある某学院。まさか実家からは通えないので一人暮しの予定。


でも仕送りもないし……来年から苦学生の非常勤公務員かな…。


ちなみに、兵隊家業は続けるつもり。でも大学で友人が出来ても「二年間ニートやってた」って言う。絶対言う(笑)

そのほうが打ち解け安い…と思うから、勝手に。


それにしても高校の同期より2年遅れをとってしまったなぁ。

私の一個下までが先輩になるのか…来年度からは…複雑。

まぁ考えて見れば今の私の部下は皆年上だしなぁ…似たようなもんか。

そうそう、部下が出来たんですよ部下が。同じ中隊で5人、直属は2人。

…でも皆年上だから私厳しい事言えない…あぁ…。










早く小説書き上げなきゃ…もう帰ろ。



 
   
Posted at 12:38/ この記事のURL
コメント(1)
ノベル計画実行中。 / 2008年06月15日(日)


任期満了退職する前に書き終わらそうと奮闘中。

シナリオもイラストも私(笑)
最近更新できなくて誰も見に来てないから誰も読まないだろうケド、

少しでも私が体験した内容を物語形式にして知ってもらえたらなぁ、と思う。
もちろん、大幅に話を大きくしてるので、体験談とは少し違いますが。

まぁ、勤務と大学入試の勉強と並行してるので中々遅くはなると思いますが、必ず更新します。


大学…行けるかなぁ……勉強しんどい…。




 
   
Posted at 21:33/ この記事のURL
コメント(1)
ハマッた! / 2008年03月12日(水)

「魔法少女リリカルなのは」シリーズはまった。

自分的にミリタリー要素の高い3期の「なのはStrikerS」が好き。


↓BGMもCVも間違ってるけどストーリーは割りと合ってる(笑)。


 数分で分かる「なのはA's」と「なのはStrikerS」(エースコンバット コラボ)

※音が出ます。


「なのはA's」偽PV


「なのはStrikerS」偽PV
 
   
Posted at 21:58/ この記事のURL
コメント(0)
職務質問 / 2008年03月09日(日)
お察しの通り、職質受けました(汗)

そんな、今日の出来事を少しノベル風に記録しまーす。















2008年、3月9日

駐屯地に響く起床ラッパからはや2時間が経過。

時計を見ればもう午前九時を回っている。

(…もぅ…九時かぁ……起きるかな…)


住宅街に場違いに佇む駐屯地は平日の喧騒はどこへやら、休日や土日はまるで語尾に「ボケ」がつくほど平和である。
市街地侵攻や対ゲリラ、対過激派戦闘に少しでも耐えられるようにと作った駐屯地を囲むコンクリート製で背の高い外柵も、最近流行りの公務員に対してばかり要求される情報公開の強要のためか、まるで動物園のような鉄格子の柵になってしまっている。

そのくせ民間人というものはプライバシーの侵害というスローガンを掲げて、自分の素性さえも隠してしまっている。

まぁ、日本という国が平和だからこそ暇な時間がたくさんあって、知られたくないプライベートな時間ができるのだろう、きっと。
本当に仕事で忙しい人や戦争がある国の人に今や不自然に傲慢になった「プライバシー」なんてものは存在しない。

平和だからこそ、私も土日に二度寝なんかもできるわけだ。



ベッドから起き上がると、机の上にパンと牛乳がおいてあった。

二度寝一等兵なんかに申し訳ない…、誰が持ってきたんだろう…などと考えながら、パンを手に取りそれを口に咥えながら着替えを済ませる。

あらかじめ用意してあった財布と身分証を手に取り財布をあける…

(お札が一枚…硬貨が五枚…1500円かぁ……。小学生だよ…これじゃぁ)

今月、大学入試を済ませた私はお金が少ない…っていうか、ない。

せっかく来た合格通知も、通帳と睨めっこした挙句、捨ててしまった。

まぁ、いいや。来年またお金貯めて受ければ良いし、もとよりそのつもりだったし…。


私のお金の出どころ、黒い皮製の身分証を手に取る。これがあるうちは当面の人生は大丈夫。


財布と身分証を大事にポケットに入れ私は衛門を出た。



週に数少ない外出である。



歩いて20分といったところだろうか、大きな駅の北口に到着した。

まだ10時前だというのに、北口と南口をつなぐ大通路は多くの人でにぎわっている。


私も寂しい財布に諭吉様をお呼びすべく銀行へ向けて通路を直進すると…



「すいません、ちょっとお尋ねしますが……。」


気配もなく近づいていた強面の男が私の右腕をつかんでいた。

普通じゃない!普通なら腕をつかんで人を止めたりはしない!

とっさに危険を感じた私はその手を振り払おうと腕に力をいれるが…動かない!

見た目、私は華奢に見えるかもしれないが伊達に一年間、部隊にいたわけじゃない。

この人…格闘技の経験者……?


「驚かせて、すいません…私、こういう者でして…」

男がジャケットの裏ポケットからだしたそれは、見たことあるような、黒い皮の身分証。ただ、そこには「POLICE 警視庁」などと刻み込まれた金色に輝く重々しいバッチがあった。

警察官…である。

後ろにももう人男がいた。彼は腕をつかんでいる男と私のちょうど中間地点で密着し、同じように身分証を開いている。

ただ、この二人の警察官は様子がおかしい。

普通の職務質問なら、腕を掴んで止めはしないし、なにより彼らは私服である。

制服でいられるようなおおぴらな仕事ではないと、服装が言っている。

なおかつスーツで動きが遅くなるのは危険である、とも言っているようだ。


そして、腕を掴んでいる男が口を開いた

「あなた、お名前はなんていうんです?」

やはり、普通じゃない。普通の職質でいきなり名前は聞かない。

「ユリズ(ここではHNで書きますが本名はちがいます)と言いますが…」

「それでユリズさん、あなたここら辺、良く来られるんですか?」


これは、何かは分からないけど、疑われてる…?

普通の職質ではいきなり名前なんか聞かない。そして何より相手の素性を調べるために年齢とか「今日はどちらまで行かれるんですか?」などと、行き先のことを聞いてくる。

しかしこの警察官は「今いる場所」について聞いてきた。つまりはこのあたりで何かの事件・事故があったからである。
さらに腕を掴んでいるのは、何らかの理由に逃げられては困るからである。


そう思った瞬間に頭に来た。

コイツら、最初から私を疑って掛かってる。


そしていつの間にか左手が伸びていた。伸びる左手の先にはズボンのポケット。取り出したそれには、少しでも普通の若者に見えるようにとカモフラージュのチェーンが付いていてズボンにしっかり括り付けてあり、脱落防止の効果が得られる。

そして左手で持ったそれを腕を掴んだ警察官の目の前に突きつけた。


その瞬間警察官は手を放した。その目に映るのは黒い皮製の身分証。そこには金箔で押された桜の紋章。紋章の下にはこれまた金箔で押された「陸上自衛隊」の文字。

全ての自体を理解しきった警察官が、

「じ、自衛隊の方でしたか!これは失礼しました!!」

不不と頭を下げ逃げるようにその場を去った。

警察も自衛隊も結局のところ同業者である。仲間内をむやみに扱うことは出来やしない。

それは大手グループ内の会社同士や商店街の古い商店同士でも同じである。

だから思う、あの警察官は私がもし民間人で一般企業の社員証や学生証、運転免許証などを出していたならどう対応していたのだろうか…と。

あの高圧的で人を疑ったような態度で挙句の果てに、狙いと違っても誤ったりはしないんだろうな…と。




やがて、銀行につくとシャッターが下りていた。コンビニのATMにキャッシュカードを突っ込むと「お取引は出来ません」と画面に表示された。


今日の所持金は1500円。



(…帰ろう……。)





今日は駐屯地でのんびり過ごそう…




だって、それしか出来ないんだから♪





おしまい。
 
   
Posted at 18:05/ この記事のURL
コメント(1)
東京リポートpart2 / 2008年01月21日(月)
東京リポートぱーと2!







いざ東京都の中心、都庁へっ









実は都庁は二回目だったんだけど、



如何せんまだ小さいころに行ったので記憶もあいまいでした…汗














よーく見て見ると外壁には人が…









私は高所恐怖症なんで、あんなところに行ったら死んでしまいます(笑)








お勤めごくろう様です!!









そんでもって都庁の中は一般開放されているところは少なく、






唯一の観光エリア「展望室」へっ!














絶景カナーーーーーーーっ!









展望室には観光なのか、外人さんがたくさんいました。




そう、私は都庁へくるのは2度目です。





以前来たのはまだまだ小さい頃。
コロコロコミックを買っていた時代!



そのときは都庁はもっと大きく

展望室はまるで全ての世界を見渡しているよう…




私の過ごす世界は子どものころに比べると、ずーっと広い世界っ




その証拠に





「都庁って意外に小さいね」





 
   
Posted at 20:16/ この記事のURL
コメント(0)
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!