2005年08月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hi--ko
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
知的プロフェッショナルの戦略 / 2005年08月21日(日)
==========<本のタイトル・著者>================================
知的プロフェッショナルの戦略
田坂広志

==========<本の内容>=======================================
ほとんどの”形式知”が、インターネットで取得できるようになった今、
これからの世の中で真に必要とされる力は、言葉で表せない知識である”暗黙知”
であり、単なる”知識の伝達と流通を仕事としてきた人”は不要になる。

<ディープナレッジ>
これからの世の中で勝ち抜くための投資先は下記の4つのリターン
-ナレッジリターン・・・・・・いわゆる知識、形式知
-リレーションリターン・・・いわゆる人脈
-ブランドリターン・・・・・・いわゆる評判、周囲からの評価
-グロースリターン・・・・・いわゆる自己成長
上記のリターンを得る為の、最高の投資「時間」である。
その「時間」はアフター5や週末ではなく、「仕事をしている時間」である。
さらに、時間を有効に使うためには、@集中力と
A工夫(=前向きに取り組む、機会を自ら見つけ出すこと)が必要である。


<メタナレッジ>
リターンを得るために、下記の力を磨く
@探索力・・・媒体(本、ネット)から学ぶ力
A傾聴力・・・人から学ぶ力
B反省力・・・自身の体験から学ぶ力
 −「反省」と「後悔」・「懺悔」は異なる。失敗したときに「悔しいです。本当に残念です」
  「顔を洗って出直します」等は、情緒的な後悔であり、”反省”ではない。反省とは、
  なぜ失敗したかを徹底的に追求し、原因を分析すること。

==========<感想>=======================================
 
   
Posted at 20:19 / BOOK / この記事のURL
コメント(0)
仕事のための12の基礎力 / 2005年05月18日(水)
「仕事のための12の基礎力」 大久保幸夫 (2004年)

ビジネスマンとして働く人のために10代〜60代にわたって
身に付けるべき「力」をわかりやすく解説。

・反応力
すべての話は質問するつもりで聞く。
⇒さらに次は自分がその話を別の人に説明するつもりで聞くと
より多くのことを吸収できると思う。

・愛嬌力
楽観思考(ポジティブシンキング)を磨く
⇒すべての経験や時間を考える材料とする。

・委任力
自分がやったほうが早いという悪魔の声
⇒人に仕事を依頼すると、上手く上がってこないことを前提とする。
 手直しをするほうが自分でやるよりも大変だから、より高いスキルが必要。

・相談力
相談サービスが必需品になる
⇒既に情報は飽和状態であり、自分だけの力で最適なサービスを比較検討する
ことが困難になってきているので、今後は専門家に依頼することが増える。

・仲介調整力
21世紀を象徴する職業
⇒ITの普及とともに、人の存在価値が変化してきている。ITにとって変わる仕事と
人間にしかできない仕事が明確化してくるだろう。
その際この、バランスよく取りまとめる「調整力」、人と人とをまとめる「仲介力」
成果につなげる「推進力」こそが人間にしかできない究極の仕事。

 
   
Posted at 23:22 / BOOK / この記事のURL
コメント(0)
質問する力 / 2005年05月17日(火)
「質問する力」 大前 研一 (2003年)

世の中の事象に対して、仮説・検証を繰り返し、自分の視点で考える
ことを進める本。
最近の事例(国債、道路公団、郵政民営化)に対して、具体的に疑問を抱き、
その問いに答える形式。

下記、気になった個所。

・プラザ合意後の日本経済へのマイナス影響
⇒一方では新しい時代に対応することでをチャンスにもできる

・国債関係もスピード化する
⇒ITによりこれまでの秩序が崩れ、下克上が起こる。例えば、
インターネットでブロードバンドが主流になったのは、アメリカよりも
日本よりも韓国が先だった。

 
   
Posted at 23:51 / BOOK / この記事のURL
コメント(0)
恋愛適齢期って / 2005年05月15日(日)
今日は、天気が悪そうだったのと、昨日歩きつかれたので、おうちで
DVDを観ることに。

朝から、「恋愛適齢期」を観る。
ジャック・ニコルソンとダイアン・キートンの本気の愛に、
彼氏には「感情を表現しすぎ」って怒られてるけど、
いつまでも泣いて、笑って、怒って、笑っていたい
って改めて思っちゃった。

その後、頂きモノのお肉と野菜を炒めて、朝ご飯。
ダイエット中なのに、箸がすすんじゃう

再び、DVD鑑賞!
次は「モンスターズ・インク」!
こういうのを見たい気分って、ちょっと病んでるのかな。
想像どおりの善と悪、愛情を伝える内容に、ちょっとお子様向きすぎた。
 
   
Posted at 18:52 / DVD / この記事のURL
コメント(0)
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!