素行調査 方法

January 26 [Tue], 2016, 13:05
配偶者の不倫を疑って探偵に調べてもらうときは、多少細かいようでも、交遊関係や時間的な行動についてなどを話しておくほうが、料金請求時に安く済むでしょう。



全部が全部、調査員にまかせてしまうと、一から浮気の証拠を得るのですから手間ひまかけてやらなくてはなりません。生活を伴にしていればわかることだって多々あるでしょうし、何気ない風を装いながら判ったことを記録していくと今後の大きな助けになるでしょう。私は31歳の自営業者です。2年前に結婚した妻はひとつ年下で専業主婦をしています。





私にとっては青天の霹靂ですが、一おととい、向こうの不倫が判明しました。

妻は知れっとしたもんで、謝罪の言葉もなにもありませんでした。

別居のほうがまだマシです。







妻の浮気にもその後の態度にも、心を痛めています。

このままなかったことにするつもりなら、私にも考えがあります。



実際、もう離婚になってもいい、慰謝料がたくさん欲しいと考える場合、浮気現場に乗り込んじゃってもかまいません。



そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、さらに揉める可能性が高いので、止めておきましょう。信頼する人に付いて行ってもらえば、頭に血が上って事態を悪化させることがないでしょう。信頼できる人が同行できないときは、探偵等に依頼すると良いです。





一線を超えた途端、お互いのためにならないとは知りつつも、依存してやめられなくなってしまう。



失うものが多いのに対し、得られるものが少ないのが不倫の特性です。





結婚生活に飽きたり、相手がイヤになったからといっても、別の誰かを見つけて再出発をはかろうなどと考えるのは、いくらなんでも都合がよすぎるのではないでしょうか。



夫婦の間で生じた不満なら、そのようなことで解消するとは思えませんし、おこちゃまがいるのならなおさら慎重になるべきです。



後悔するのが分かっていても、浮気という手段をとるのでしょうか。







浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることができたとしても離婚した方がいいと、簡単には言えないものです。





おこちゃまがいらっしゃる場合だと特に、配偶者の浮気がどうしようもない事実だと知ったところで離婚とは、そう簡単にすることができないものです。養育費も期待するほど貰えないことが多いですし、理由をつけて支払われないことも多いですから、女手一つで育てていく大変さは、並大抵ではありません。反対にそれが男性の場合でもまた同様でシゴトをしながらどちらも上手くこなすのは難しいでしょう浮気に走るきっかけというのは主に、単調な結婚生活が嫌だったということに集約できるようです。異性として恋愛対象になるという気もちの高まりが不倫という一線を超えさせてしまう所以です。







そういった事態を避けるには、お互いの話に耳を傾け、不満に思っていることは何なのかを話してみて、認識するのが肝心です。

言い合いにならないよう冷静な気もちで臨みましょう。探偵社への支払いは現金だけしかうけ付けないということはありません。

老舗探偵社や興信所大手などでは、クレジットカードでの決済に対応しています。





もし利用明細を見られても気付かれないような表記にしているところも多く、履歴から調査対象である配偶者にばれる恐れがないのが嬉しいですね。







クレジットカード加盟店になるには審査も必要ですし、それだけ信頼性も高いということです。

自ら動くより、浮気調査は探偵に頼みましょう。専門家である探偵におねがいすると、浮気の証拠を確実につか向ことが出来ます。自分が浮気の証拠をつかもうと調べてみても、浮気の事実はすぐに出てくると思います。



でも、パートナーに詰め寄っても浮気の事実を認めようとしなかったら、有利な条件での離婚はできないでしょう。

そのためにも確実な証拠が絶対に必要なのです。



不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいまでになる事もあります。実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することは出来ますが、額は低くなるのです。また、不倫相手の方が不倫の事実はなかったと主張する場合には証拠が必要とされます。無関係な人からみても明らかな浮気の証拠が必要です。



浮気の事実関係を委託調査する際には、相当低い料金設定であったり、または高過ぎるような金額が設定されているところではなく、料金設定が細分化されていて、事後に追加料金を支払わなくて良いような探偵社が安心安全です。その他、関係団体に届け出ているのか事前調査が必要です。



違法に調査を実施している業者へは依頼しない方が得策です。

時々、探偵社で浮気調査を依頼したあと、請求額でもめるケースがない所以ではありません。



事前に説明があった料金以外に諸経費や高額の別料金が盛り込まれたり、あわてて契約の解除をしようにも、違約金として一定額を支払わなければいけなくなったりします。あとで後悔しないためにも、契約前にきちんとチェックしておくことが大切ですね。ひとつでも納得いかない点がある場合は、ほかのところを捜せばよいのです。







浮気調査等で探偵に支払う額は、内容によって異なります。





ごく一部の業者とはいえ、異例とも言える高額な請求を行っている場合もあるようです。しかし、高い料金に見合ったハイレベルの調査が行われているのかは、実際はすごくあいまいです。







高いお金を払って、決定的な不倫の証拠をげっと〜することが出来なかったという結末にならないためには、契約を交わす前に平均的な価格についてチェックしておいた方が良いですね。

この頃はついうっかりスマホを放置して、配偶者に浮気がバレてしまったというケースが多くみられます。





高機能のスマホが生活に欠かせなくなっている現在、ソーシャル・ネットワーキング・サービス履歴やメール、フリーメールあたりにパートナーの浮気の一部、ないしすべてが秘匿されている可能性は高いです。



ロックをかけていたり、入浴時や寝るときにも隠しておいているようなら、不倫の証拠はスマホの中にあると思われます。警戒心もあるため一筋縄ではいかないでしょう。知らない探偵社に個人的に相談するのは抵抗感があるという人は少なくありません。もし最初から実名で相談するのが不安なら、本名などの詳細を伏せての相談に乗ってくれる業者も少なくないですし、最初に匿名で話をさせてもらい、良さそうな事業者であれば、個人情報を明かすというふうにも出来ます。

探偵に頼んで浮気の証拠をつかんでしまいたい所です。

浮気を疑われる様子を相手が見せた場合、証拠を自ら集めようとするでしょう。けれども、浮気の証拠を自分だけで入手しようと思っても、自分の行動が相手に見つかってしまう事もなきにしもあらずです。はっきり言ってその理由は、相手があなたの顔を知っているからです。



問題なく探偵が調査をしていても、依頼者側に落ち度があって、パートナーが何か変だなと勘付いてしまって浮気調査が難しくなり、失敗してしまう場合もありますね。





いくら探偵の浮気調査でも、絶対にあなたの望む結果になるとは限らないのです。成功しなかったときの調査にかかった費用についても、調査する前に契約書に盛り込向ことが必要なのです。

「一線を超える」と言いますが、浮気の線引きは個々の道徳意識によって異なると思います。



たとえば、自分以外の異性を誉めたり、手をつないだり腰に腕を回すなどの接触を浮気と感じる人もいます。



実は不倫には法律上の定義があり、肉体関係が生じた段階で不貞行為と認識されます。







一般的には、いかにも浮気ととられかねない行動は、しないほうが良いです。



探偵に浮気調査を依頼する場合、どんな目的でどのような調査をして欲しいかあきらかにしておくことが必要不可欠です。







別れさせたいだけなのか、浮気相手から慰謝料をとりたいのか、確たる証拠を掴んで離婚したい(裁判も考慮)などは依頼者本人が決め、調査員にしっかり伝えることです。何を目標にするかによって調査方法や裏付けのとりかたなどが変わってくることもあり、必ず伝えるようにしてください。

近年は技術改良が進んで、浮気しているかも知れない人の居場所をGPSで簡単に見つけられるようになりました。



GPSつきの携帯やスマホはたくさんありますから、それを使用させることにより、相手の現在位置がわかるのです。

別に違法という所以ではないですし、探偵等を使わず自分だけで不倫の有無を調べたいときには、これを使ってみるのも手ですね。探偵と興信所はどう違うのかと質問されることがありますが、ちがいといえばその名称のみと考えていいでしょう。





どちらも探偵や調査を取り扱っているところは変わりませんし、公安委員会への申請義務がある点も同じです。



浮気の追跡調査などを依頼する際は、特に気にすることはありませんから、自分が信頼できるところに依頼すれば良いのです。

とはいえ、得意とする分野については業者によって異なるため、口コミを調べたり営業所に訊いてみるといいでしょう。浮気の素行調査を探偵社に依頼する時は、妥当な価格というものを知識として身に着けておきましょう。





依頼者の悩みに乗じたかのような高額な料金を請求する業者だってない所以ではありませんから注意が必要です。



それから、相場より明らかに安価な料金を謳いながら、諸経費やレンタル料などを請求したり、追加や割増でかさ増しされた料金を請求してくることもあるので、コストテーブルについては事前に、しっかり確認させてもらうようにしてください。

探偵業の存在を知っていても、利用することはほとんどないでしょう。

いざ配偶者の浮気を調べてもらうにも、依頼先選びに苦慮するのは当然とも言えます。探偵業務を行う事業所は、公安委員会への届出が不可欠です。

申請が認可されると認可番号が交付されます。届出をした正規事業者であるかは番号を見れば判断がつきます。





つまり、業者のウェブサイトに許認可番号の記載があるか確認しておくようにしてください。どれぐらいの期間、浮気調査にかかるのかというと、平均で3〜4日かかるといわれています。







確認しておきますが、これはあくまでも平均の期間です。





調査の対象者がとても用心深かったりすると、3〜4日では終わらず1週間から1カ月以上掛かってしまう事があるのです。

逆に、浮気する可能性の高い日があらかじめ分かっているなら、一日で調査が終わるなんてこともあります。今までと違った格好をするようになったら、怪しいです。浮気のパートナーの好きな服装にしていたり、評価をわずかでも高くしようとしたりしているのかも知れません。



突如、年よりも若めの色柄の格好着るようになってきたら、大変よくない兆候です。とり所以セクシーな下着を着用しだしたら、浮気の可能性があります。興信所が製作する調査報告書は、特にフォームに決まりはありません。



もし裁判等で使う際は、証拠書類として認められるよう、信頼できて高品質な調査報告書であることが大前提となります。のちのち、報告書をどのように利用するのかよく考え、業者を選定するのを御勧めします。






プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuuga
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hhynlethanaoeb/index1_0.rdf