ヤングと近田

May 10 [Wed], 2017, 12:18
用立ててもらったお金の整理をしたいけれど現在使っているクレジットカードが無くなっては困るという人は、債務整理を任意整理という人法によっておこなうことでもち続けられることもありますね。任意整理では債権者を選り抜いて整理できるので、任意整理をおこなう債権者の中からのこしたいカード会社を除けばカードはその通りというりゆうです。
ですが、任意整理自体が信用情報に傷をつけることになるので、カードの更新の際はそれを根拠に停止となることが見込まれます。借金がだんだん増えてしまった場合に、返済義務のある人は、弁護士を通してお金を貸している人と話し合って、返す金額を調整します。これが任意整理と呼ばれるものですが、その場合に、銀行口座が凍結されてしまうことがあります。

銀行にお金が残っている場合は債権者に持って行かれてしまうので、事前におろしておきましょう。支払い日までに、債務の返済金が工面できなくなってくると、債務整理を考える人が多いようです。

返済したい気もちはあるのに、結果的に延滞になってしまう人は多いものです。

弁護士の無料相談などを利用して、支払の計画を立てることができなければ、実際に債務整理をおこなうことになるでしょう。借金を滞納している間は、債権者による電話や郵便などの取り立てが続いていますし、本人も辛い気もちになることは間違いないでしょう。
ですから、先手を打って行動することを心掛けてちょうだい。



債務整理を任意整理によっておこなう場合は、返済の際の延滞金や将来利息のカットが可能です。ところが、元金の減額も要望する時は、結構困難です。
担当が交渉力の卓越した弁護士や司法書士ならばもしかしたら減額されることもありえるかも知れませんが、仮に元金の減額をOKすると債権者に損失となることは自明なので、沿う沿う同意は得られません。



任意整理や個人再生は債務の減額を主目的にしているため、同じ債務整理でもカードローン破産とは違って、債務そのものは残るので、返済義務があります。
その返済をおろそかにすると、苦労して得た和解(再生計画)も取消しになってしまって、延滞期間に相当する遅延利息をふくめ、債務全額を一括返済するよう要求されるでしょう。実際は1回程度の遅れでは大丈夫かも知れませんが、和解に知ろ、裁判所に提出した再生計画に知ろ、きちんと守れるような生活をしていかなければいけません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:So
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる