国有企業ディンクス年に26万不動養老にいい?択_資

September 06 [Sun], 2015, 15:07

理財ケース|

|武さん、41歳、国有企業の仕事、年収入は約20万元。年金や医療の基本的な社会保障がある。妻は38歳、高血圧などの慢性病のため、家の作文は、フリーター、年収入は約6万元で、自分の交際各種基本保険。2人は毎年自費増えた商業保険、家庭年6000元納める保険料。|

|二人は子供は、「ディンクス」族。家庭の経済適用住宅のセット、占領、無ローン。家族の預金約20万元で、10万元債、5万元基金は、5万株。日常の生活費は毎月3000元を支出,シアリス。毎年の海外旅行で、約3万〜5万元の消費。毎年双方の老人の各5000元。妻は毎年約5000元診察する必要,蟻力神。|

|資産管理計画|

|資産管理師瀋陽平安保険の専門家王瑛蕾|

|増加消?

追加保険

武さんの家庭の日常生活?に毎月3000元、明らかに少ない、妻が提案増加する医療費。夫婦は毎年の海外旅行で、年平均の旅行の費用で制御して4万元以内。また、家庭のないて応急準備の5万元を保持し、高い流動性、防犯妻が体の原因につながる可能性の医療費支出。うち3万元を銀行の定期預金、2万元購入収益がやや高いの通貨型ファンド、同時に一部の旅行の費用を準備して年度。毎月の給与の殘高が銀行預金または通貨型基金方式準備。|

|また、武さんの家庭の年収が26万円、保険納付年に6000元、年間収入10%のプレミアム支出の基準は、毎年2万元はまだ追加商業保険の保険料を追加し、毎年2万元投入武さんの名義で購入累積式分配型保険し、特に注意して外に傷害や重大な疾病保険は、両方の準備も年金、解消、武さんが意外による家庭リスク。|

|不動養老でいい?択|

|武さんの関心の養老企画で、実際には家庭資産の有効準備過程。我が国の高齢化社会の到来と総合的な国力を高め、社会化養老システムを補完、社会養老と家庭養老結合の年金のモードを提供し、高齢者は比較的安定して養老保障。また、「不動産担保ローン」など不動養老の金融革新モード、いずれも導入される国内、武さん夫婦の名義の持ち家になると期待されて未来家庭養老の主要な経済の出所。本紙記者秦巍支配

整理

|

|共有発表評論:歓迎あなたに私