亀岡市 - Wikipedia

May 28 [Thu], 2015, 18:16
概要 旧名は。亀岡市は旧の最南端に位置し、境目となる。旧丹波国の中では人口は最多であり、旧丹波国内の中心都市であった。末期にがとを築いたことが近代亀岡の礎となった。しかし、現在では側面を持つようになった。なお、とと併せてや、と称することもある。 地理 亀岡市は、及び周辺山地を中心に位置している。亀岡盆地のほぼ中央を(桂川)が流れる。周辺山地には等が亀岡市域に迫り出しており、山間部には院町本梅町畑野町等の地区があり、水系ではない。 亀岡盆地は太古は大きな湖であり、風が吹くと美しいの波が立ったところから、このあたりを丹のうみ丹波と呼ぶようになったとされており、で有名なが亀岡との間にある渓谷を切り開いて水を流し土地を干拓して、切り開いた渓谷を妻神「」の名前にちなみ?と名付けたという伝説も残っており、(千歳町)のとなっている。湖だったことを示す地層も明らかになっている。 桂川を大堰川と呼ぶ名称は、であるがつくった農業用の「堰」に由来する。(第五十一段)では「大井川」となっており、大井町にあるに由来する。また、保津町請田から京都市嵐山までは保津川と呼び慣わしている。その他、流域によって大川、千歳川などの名称で呼ばれている。 気候は内陸性気候。気象台区分としては、亀岡市域を京都市?地域の京都府南部に含んでいる。しかし、晩秋から早春にかけて亀岡盆地名物の深い(「霧の都 亀岡」とも言われる所以)が発生しており、この季節に京都市内から保津峡やを経て市内へ入ると景色が一変する。霧の規模は全国的に有名で、最大、正午過ぎまで晴れないことも多い。衛星写真では亀岡市全体が霧の影響で白く写ることもある。 。 亀岡市街地は保津川(大堰川)より低地であるうえに、保津峡でせき止められることにより逆流を原因とする水害が多発していた。この洪水はの開設により一応は解決しているものの、となっていたJRと保津川(大堰川)の間にはほとんど建築物がない,M91993。しかし、嵯峨野線複線化と併せて新たな都市開発の構想がある。 大都市に隣接しながらも、水田が豊富に残されており、(国の)や(特別天然記念物)、が観察されている。なお、アユモドキはで絶滅危惧IA類、で絶滅寸前種に指定されている。 2012年12月、京都府が計画している球技専用スタジアムの建設地に内定。2017年に完成予定であるが、同地がアユモドキの生息地付近で、絶滅の恐れがあるとなどは反対している。

  • URL:http://yaplog.jp/hhhaa/archive/94
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:川口凌美
読者になる
2015年05月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる