川端康成 - Wikipedia

April 19 [Sun], 2015, 16:46
川端 康成(かわばた やすなり、(32年) - (47年))昭和の戦前戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。出身。卒業。 大学時代にに認められなどで頭角後、らと共に同人誌『』を創刊。の文学を取り入れた新しい感覚の文学を志し「」の作家として注目され、的、的作品、物的作品、など様々な手法や作風の変遷を見せて「」の異名を持った。戦後は、や流転のうちに「日本の」を表現した作品、と前衛が融合した作品など、美妖美な世界観を確立させ、人間のやも、非情やもも衆知の上で、美やへの転換を探求した数々の日本文学史に燦然とかがやく名作を遺し、日本文学の最高峰として不動の地位を築いた。日本人として初のも受賞し、受賞講演でのやを世界に紹介した。 代表作は、『』など。初期の小説や的作品は、川端本人も登場人物や事物などについて、随想でやや饒舌に記述しているため、多少の脚色はあるものの、純然たる創作(架空のできごと)というより実体験を元にした作品として具体的実名や背景が判明され、研究追跡調査されているものも多い。 川端は新人発掘の名人としても知られ、、の青年?の作品を世に送り出し、少年少女の文章を後援し、数多くの新しい才能を育て自立に導いたことでも特記される。また、その鋭い審美眼で数々のやなどの古のとしても有名で、そのコレクションは美術的価値が高い。 多くのある文学賞を受賞し、や大会でも尽力したが、多忙の中、突然(昭和47年)4月16日夜、72歳でした(なお、はなかった)。 生涯 生い立ち――両親との死別 (32年)、此花町1丁目79番屋敷(現?大阪市 1丁目16-12)に、の父?川端栄吉(当時30歳)と、母?ゲン(当時34歳)の長男として誕生(川端自身は6月11日生れと最晩年まで信じていた)。7か月のだった。4歳上には姉?芳子がいた。父栄吉は、柧─我窖?#?F?の前身)を卒業し、桃山(現,中国ブランド屋?大阪市筆ヶ崎)の病院のを経た後、自宅でをしていたが、を病んでおり虚弱であった。また、栄吉はの寺西易堂でやを学び、「谷堂」と号して文やをたしなむ多趣味の人でもあった。蔵書には、ドイツ語の小説や、などの本もあった。 しかし栄吉は自宅医院が軌道に乗らず、無理がたたって病状が重くなったため、康成が2歳となる(明治34年)1月に、妻?ゲンの近くの豊里村大字天王寺庄182番地(現大阪市大道南)に夫婦で転移し(ゲンはすでに感染していたため)、子供たちは実家へ預け、同月17日にで死去した(32歳没)。栄吉は瀕死の床で、「要耐忍 為康成書」というを遺し、芳子のために「貞節」、康成のために「保身」と記した。 2人の幼子が預けられたゲンの実家黒田家は、西成郡豊里村大字3番745番地(現大阪市???wN里6丁目2-25)にあり、代々、「黒善」(黒田善右衛門の二字から)と呼ばれる素封家()で、広壮な家を構える大であった。ところが、ゲンも翌(明治35年)1月10日に同病で亡くなった(37歳没)。幼くして両親を失った康成は、祖父川端三八郎と祖母カネに連れられて、原籍地の大阪府大字宿久庄小字柎1番屋敷(現大阪府大字宿久庄1丁目11-25)に移った。

  • URL:http://yaplog.jp/hhhaa/archive/88
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:川口凌美
読者になる
2015年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる