南京地下鉄を持つ85キロメートルの線路と57駅

May 29 [Tue], 2012, 12:21
記者の視点2元スタート4元上限政府が価格の公聴会のカタログには、地下鉄運賃があがっ。しかし、関連部門にも説明して開かない公聴会の様々な理由。しかし、二大肝心な問題は見落とされて:第一に、国民の知る権利。座談会の代表たちからもらった材料には見えない南京地下鉄運行以来のコストおよび収支状況見えないかどうか、政府に手当、手当がどれだけ……もし聴聞会は、それらすべてを第三者に監査公示は欠かせない。昨日、南京市物価局は地下鉄運賃新品で座談会を開いて、南京地下鉄運賃ネットワーク化運営「2元スタート4元上限」を提案し、代表の好評を得た、そして獲一緻で可決する。紹介によると、今年5月28日、地下鉄2号線にじっとしていて、地下鉄2号線東延線、1号線南延線の三条新線開通後、南京地下鉄運賃を維持レベルまで運賃が延びた最高運賃の乗る距離、つまり仙林まで地下鉄に乗ってまでXinjiekou安徳ドアが最後に到着江寧大学城薬科大学の底に立って、全行程の三十駅もわずか付4元。紹介によると、運賃案審議後速やかに公表して集団。地下鉄の1番の線の全長21.72キロ、駅16座し、今年5月三条新線開通後、南京地下鉄を持つ85キロメートルの線路と57駅。現在すでに開通した地下鉄1号線執行区分運賃、それぞれ2元、3元、4元、8駅前2元増加あたり4駅1元を加え、計16駅までの4元。新品運賃「値上げ」、この結果は同満足さえ、参加の政協委員も続けざまに、「満足」と「サプライズ」……しかし、それほどほど悲しい――水から電気から、私たちは本当に値上げ膨張されても、二項「そうすべき」との決定、我々は意外にも一部の「驚きを感じる」。座談会会議が終わって、運賃が発表されましたか?物価部門は、さらにに政府定価行為規制歩き終わって一定のプログラム。このルールに従って、定価機関価格を制定する場合には、法により履行価格コスト調査、聞いて社会の意見、集団審議やに制定価格の決定、公告などのプログラムは、価格のコストを調査したことがあり、運賃案でも代表たちに紹介した;座談会を社会の意見の重要な方法でこの後、続いて、開催物価部門の内部の集団審議。政府の規則に価格を要求し、集団の審議を採用することができる価格審議委員会で議論し、オフィス会議などの方式。そして集団審議の方式、人員構成や仕事のルールは、級以上の定価機関規定。値上げしない、代表意外記者郑春平速報いわゆる「2元スタート4元上限」、つまり初乗り料金2元で、1駅まで乗って8(含む駅)、3元に乗ることができ9 12駅まで乗って、4元以上乗っ13サイト(待地下鉄新線開通後、最も長いのは多くは30駅)。特に、上記案通過後は、最も人気のある市民の注目の「乗り換えがかからない――」が1号線(南延線)、2号線(東延線)の間に乗り換える際、一律に無料で、あまりお金を取り出す。紹介によると、南京地下鉄運賃は全国第2位の低価格に次ぐ。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/hhfdeaf234/index1_0.rdf