全部剃ってしまえば

December 06 [Thu], 2012, 16:27
脱毛症に悩む男性は年々増えており、特にまだ20代なのにすでに髪の薄さが気になりはじめている人もいるようです。若い男性の場合、髪の薄さは強いコンプレックスになるケースも多いようです。一旦抜けた毛が再度生え替わることが難しい脱毛症は、白髪が増えた時のように染めるという方法もないため、対処に苦慮するところです。脱毛症になった場合、どんな対策が考えられるでしょうか。財政事情や周囲との関わりを考えながら、最も適切なやり方を選びましょう。かつらは、頭髪の少ない人が使うスタンダードな手段です。最近のかつらは人工毛や人毛を使い、かなり精巧にできているので、一見かつらを使っているとはわからないことがほとんど。脱毛症の対応にとても効果的なやり方だといえるでしょう。ただし、かつらを購入する予算は1つ10万円は必要です。使う本人のためだけの品物を作るためです。片方のかつらを洗っている時にもう片方が使えるよう、2つ購入する必要もありますので、維持修理にも金銭が必要になる覚悟がいります。その点、お金がかからず、一番簡単な対処法は、髪をすべて剃ってしまうこと。いわゆるスキンヘッドになる方法です。なまじうっすらと頭髪が残っていることが、脱毛症の部位が強調して見える理由です。全部剃ってしまえば、頭髪の少なさはわかりません。スキンヘッドであることで人目を集めてしまうこともありますが、剃ることが可能な状況にある人なら良い方法といえるでしょう。

役に立つサイト見つけた
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hhbfe8556
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hhbfe8556/index1_0.rdf