胃運動障害の原因となる状態の有無を患者本人やまわりの人から問診すること

September 14 [Fri], 2012, 14:56
症状としては、胃部不快感、膨満感、げっぷ、しゃっくりなどがあり、そうした苦痛が大量の嘔吐により改善します。嘔吐物やげっぷは強い酸臭、腐敗臭を伴います。 原因としては、(1)胃自体の器質的疾患によるもの、(2)外部臓器の圧迫・癒着によるもの、(3)胃運動機能の異常によるものに分けられます。胃の器質的疾患で頻度が多いのは、胃がんや胃・十二指腸潰瘍に伴う狭窄です。また、頻度は少ないのですが、先天的に幽門輪という胃の出口の筋肉が肥大していて、新生児期に噴水状に嘔吐するという病態もあります。外部からの圧迫・癒着とは、胃周囲臓器である膵臓・大腸などに大きい腫瘍などができ、胃壁外から圧迫することで幽門部が狭窄する病態です。

胃運動機能は、さまざまな原因で障害が起こります。神経症、ショック、薬物、外傷、過度の飲酒などを原因として、胃自体の運動機能異常や幽門部の機能不全により、幽門部狭窄が生じます。 幽門部という胃の出口が何らかの原因によって狭くなったために、胃内容物の十二指腸への移動が妨げられてしまうことで生じる病気です。 胃運動障害による幽門狭窄は一過性のことが多く、後述の治療で早期に改善します。胃運動障害の原因となる状態の有無を患者本人やまわりの人から問診することで、おおよその予想がつきます。一方、器質的疾患を伴う嘔吐は、原疾患の治癒なくしては改善しないことが多く、原疾患の治療が最重要です。そのため、胃幽門狭窄症状が長びく際には、上部消化管内視鏡やガストログラフィンなど低張造影剤による造影検査を行い、胃病変の評価が必要です。

粘膜面に病態がないものの狭窄部が存在する場合には、腹部CTなどにより、胃壁外の病気もしくは、巨大粘膜下腫瘍などの可能性について検査すべきです。 胃幽門狭窄症状を認めた際には、安静・食事調整により経過をみます。改善されない場合には、器質的疾患を疑って前記のスクリーニング検査を行います。原因となる疾患が認められたら、消化器専門医のもとで確定診断・治療を行うことが必要です。胃運動機能障害が長引くこともあり、その際は神経症・アルコールもしくは薬物依存・自律神経系異常などの原因疾患を確定し、その治療を行うことが望まれます。
三便宝
威哥王
花痴
巨人倍増
紅蜘蛛

単純な作業ははかどっても頭を使うような作業は全くはかどることがありませんでした

August 31 [Fri], 2012, 12:27
自身が酷いうつ病を繰り返していました。しかしこの頃はうつ病と言う言葉も一般的な認識もなく私自身もうつ病だということは認識していませんでした。単なる性格だと言う風に思っていました。ある書物により自分自身がうつ病だという病気だったのだと言う事を認識したのは35歳を過ぎての頃で目からうろこが落ちる思いでした。整体の仕事を始めてからの人間関係での精神的なストレスはだいぶ減ってきましたが、整体の仕事で身体を酷使するために身体が疲れて疲労が蓄積してゆきました。朝目覚めてからが一番辛く、目覚めの直後には身体がフラフラしてまっすぐに歩けないような状態になりました。

この時には、うつ病の症状がときどき顔を覗かせるようになりました。しかし本格的な「うつ病」とは違います。気分の落ち込みは一時的な症状ですので昼ごろになると体調や気分は良い状態になっていました。しかし大変困ったことは気力が湧かず頭が全く働かずやらなければならないと思っているパソコン作業も5分くらい行うとすぐに嫌気がさしていました。単純な作業ははかどっても頭を使うような作業は全くはかどることがありませんでした。悶々とした状態を続けていました。この様な状態の時には酷く首や肩の凝り感、疲労感を感じていました。

あまりにも凝りの状態が酷いために以前から自作で作成した道具で首や肩、背中の凝りを徹底的に時間をかけ凝りを一時的にとったのです。正直言って自分で自分の首筋や肩や背中の凝りを取ることはかなり疲れます。しかしながらなんとかしなければ作業が進まないのでなんとかしなければという一心でした。凝りを取る作業から一時間ほどして布団の上に倒れ込む様に仰向けで寝ていました。すると暫くしてから血液が頭に流れて頭の中が嘘のように冴え渡り霧が晴れ脳内が充実した感じになり、気力が湧いてきたのです。
FLY D5
procomil spray

鋭い胸の痛みが起こり左前胸部や肩、首に放散することもあります

July 28 [Sat], 2012, 12:41
原因不明、細菌やウイルスによる感染、尿毒症、全身性エリテマトーデスや関節リウマチ、癌からの転移、心筋梗塞などの心臓病などの他、化学物質に対する過敏反応や放射線照射、外傷などによっても起こります。心膜炎とは、心臓を包んでいる心膜に何らかの原因によって炎症が起こる病気です。鋭い胸の痛みが起こり左前胸部や肩、首に放散することもあります。痛みは深呼吸や体を動かしたりすると痛みが増し、前屈みになると減少します。全身症状としては、倦怠感や食欲不振、発熱、発汗などを伴います。心膜の間に心膜液が急激に溜まれば圧迫による障害が起こります。食道圧迫による嚥下障害や嚥下痛、気管支圧迫による呼吸困難、反回神経圧迫による嗄声、横隔膜神経圧迫によるしゃっくりなどが見られます。

心内膜炎とは、心臓の内側を覆っている心内膜や心臓弁膜に炎症が起こる病気です。心内膜炎には、突然発症する急性心内膜炎と発症した時期がはっきりとわからず徐々に発症する亜急性心内膜炎があります。心臓の症状としては、心拡大、心雑音、心悸亢進などが見られます。感染症状としては、発熱、関節痛、全身倦怠感などが見られます。また、心内膜でできた微少な血液の塊や組織の一部が腎臓や心臓、脳、手足などにつまって塞栓症を起こすこともあります。主に感染性心内膜炎と呼ばれている細菌や真菌の感染によるものがほとんどですが、膠原病に伴って起こる場合もあります。

細菌が心臓に侵入する原因としては、抜歯、皮膚感染症、歯肉炎、人工弁置換術などの心蔵手術、麻薬注射などにより感染して発症します。心臓弁膜症とは、心臓の血液の流れをコントロールしている4つの弁に何らかの原因によって障害が起こる病気です。障害には、弁が十分に開かなくなる弁狭窄症や完全に閉じなくなる弁閉鎖不全症などがあります。リウマチ熱の感染、動脈硬化などが主な原因となりますが、感染性心内膜炎や心筋梗塞にひき続いて起こることもあります。初期には、ほとんど自覚症状はありませんが、進行するにつれて心不全などの症状が現れ動悸や息切れ、むくみ、倦怠感などが見られます。
イカオウ
キョジンバイゾウ

鼻の粘膜に長期にわたる細菌感染があった場合も発症しやすくなります

July 25 [Wed], 2012, 11:43
急性のウイルス性鼻炎はさまざまなウイルスが原因で起こります。症状には、鼻水、鼻づまり、鼻汁がのどに回る後鼻漏、せき、微熱などがあります。鼻づまりを和らげるには、フェニレフリンのスプレー式点鼻薬かプソイドエフェドリンの内服薬を用います。これらは薬局で入手できる市販薬で、鼻粘膜の血管を収縮させる効果があります。スプレー剤の使用は3〜4日以内にとどめます。これは、それ以上長く使うと薬の効果が薄れ、鼻の粘膜が薬を使う前よりも腫れてしまうリバウンド現象が起こるためです。抗ヒスタミン薬には鼻水を抑える効果がありますが、眠気などの副作用があり、特に高齢者で強くみられます。抗生物質は急性のウイルス性鼻炎には無効です。アレルギー性鼻炎は、外部環境中の原因物質に対して体の免疫システムが反応することによって引き起こされます。原因物質としては、ほこり、カビ、花粉、草、樹木、動物などが一般的です。くしゃみ、鼻水、鼻づまり、眼のかゆみ、涙目などの症状がみられます。

アレルギー性鼻炎は、それまでに起きた症状に基づいて診断されます。多くの場合、家族にもアレルギーのある人がいます。さらに詳しい情報を得るには、血液検査やパッチテストを行います。アレルギーを引き起こす物質を避ければ症状の予防はできますが、実際に行うのは難しい場合もあります。ステロイドのスプレー剤はさまざまな原因で生じる鼻の炎症を和らげ、長期間使用しても比較的安全です。抗ヒスタミン薬はアレルギー反応とそれによる症状を抑えます。抗ヒスタミン薬は鼻の粘膜を乾燥させますが、多くの薬は同時に眠気などの副作用をもたらし、特に高齢者で顕著です。新しい種類の抗ヒスタミン薬は医師の処方せんが必要な処方薬ですが、これらの副作用がありません。アレルゲン注射は、特定の原因物質に対する長期的な免疫寛容を導くものですが、十分な効果が現れるまでには数カ月から数年を要します。抗生物質はアレルギー性鼻炎の症状緩和には無効です。

萎縮性鼻炎は慢性鼻炎の1種で、鼻の粘膜が薄く硬くなり、鼻腔が広がって乾燥が進みます。鼻の粘膜には通常は、ほこりなどの粒子を取り除く毛様の突起をもち粘液を分泌する細胞がありますが、萎縮性鼻炎になるとこれらの細胞が失われ、皮膚にみられるような細胞に置き換わってしまいます。この鼻炎は、副鼻腔の手術で鼻の内部や粘膜のかなりの部分を切除した人に発生することがあります。鼻の粘膜に長期にわたる細菌感染があった場合も発症しやすくなります。バシトラシンなどの抗生物質の局所用薬を鼻の内側に塗って、細菌を殺します。エストロゲンやビタミンA・Dをスプレー式点鼻薬または内服薬で投与すると、粘液分泌が促進されてかさぶたが減ります。このほか、内服または静脈から投与するタイプで有効な抗生物質もあります。手術で鼻腔を狭くすると、鼻の中を通る空気の量が少なくなって、薄くなった粘膜の乾燥が防がれるため、かさぶたの形成が減ります。
ED助勃
D5 原液

糖尿病など白内障の原因となる病気を防 ぐことも大切である

July 17 [Tue], 2012, 11:55
瞳孔の後部にある水晶体という透明なレンズがにごる病気である。一番多 いのが老化現象の1つとしてあらわれる老人性白内障であり、このほかに 先天性白内障や併発白内障、外傷性白内障がある。70歳をこえた老人では、通常、水晶体がにごっているため、多少は白内 障の症状がみられる。初期は、小さな虫のようなものがちらついたり、ま ぶしさを感じるくらいだが、進行すると視力が低下し、ついには光しか分 からなくなってしまい、瞳のところが白濁してみえる。しかし、手術をす るほど進行してくるのは、一部にすぎない。水晶体に少し濁りがあっても、 まったく症状がない人も少なくない。
procomil spray
遺伝的な素質により、白内障をおこした出生児の瞳孔は白くなり、視力障 害がしだいに進行する。白内障の予防としては、偏食を避け、バランスのよい食事を心掛けること や、サングラスや保護眼鏡により強い紫外線、放射線、赤外線の曝露を避 けることが挙げられる。また、糖尿病など白内障の原因となる病気を防 ぐことも大切である。白内障を防ぐと言われる食品は、ビタミンE、ビタミンB2(のり、レバー、納豆、鶏卵、いわしなど)、 ビタミンC(緑色野菜、いも、柑橘類など)である。

逆に白内障を助長すると言われている食品としては、古い油を使った揚げ 物、古い魚の干物などがある。先天性白内障:遺伝的な素質により、おこることが多いが、妊娠初期のウイルス感染、特に母親の風疹などが原因で、出生児に白内障が出現することがある。併発白内障:ぶどう膜炎、緑内障、網膜色素変性症などの病気が原因となって白内障を併発する。ほかに、糖尿病や、テタニーなどの全身性疾患でも起こる。老人性白内障:水晶体がにごってくる原因については、はっきりわかっていない。ru486 個人輸入