船橋市の土地の値段の上がり具合;

July 05 [Fri], 2013, 8:47

50年前に、ここ船橋市に越してきました。

もう50年も経ってしまったか!! と思うこの頃ですが、当時、昭和41の購入価格を
古い書類をひっくり返していたらでてきました。

土地の価格、一坪\20、000-で、80坪、160万円、家屋は、平屋30平米で、約200万円
とあります。 銀行から融資を受けており、親父の給料が、\49,000とあります。

360万円あまりで、家を購入し、その価格は、親父の月給の約72ヶ月分、年収の7倍です
そのままでは、銀行のローンの審査は通らなっかたです。 しかし、当時は、工場を経営
していましたので、頭金が、200万円ほどあって、残額、160万円ほどが、ローンの返済
になったのです。

      >>>>>>  住宅の断熱方法のひとつ、外張り断熱

今、この家を同じ土地に立てようとすると、考えました。

土地の価格は、べらぼうで、1坪80万円、昭和41年の40倍、家はいろいろオプション
がありますが、同じ間取り、設備で大雑把に 3000万円は、かかると思われます。
家は、当時の15倍で、土地の値上がりが、ずば抜けています。

土地が 6400万円、家が3000万円、合計で9400万円は、もう一般サラリーマン
では、手の届かないところへ行っています。

1980年代のバブル期には、土地の価格が、150万円ほどで売買されていました。
隣のアパートは、その金額で、農家のてから不動産屋に流れていました。

まさに、土地だけは、狂乱価格と言っていいと思います。 狂った市場でした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hgob919ggoy
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hgob919ggoy/index1_0.rdf