を抱えながら家にこもった状態だ」と語った。

August 25 [Tue], 2015, 10:59
 今回は新興国のビジネスリスクシリーズ第4回として、日本企業の進出拡大傾向が顕著な大国、インドを取り上げてみたい。

■ 極めて多様化した多民族国家

 まず、インドの概要から見ていこう。
シャネルiphone6ケースインドは日本の約8.5倍の面積、約13億1105万人の人口を有し、面積で世界第7位、人口で世界第2位の大国である。人口は今後も増加を続け、2022年に中国を抜いて世界1位となり、2028年には15億人、2037年には16億人、2050年には17億人に達すると予測されている。
最新シャネルiphone6 ケースまた、19歳以下の若年層が全人口の38.2%を占めているなど、労働人口、消費拡大により今後も大きな経済発展が予測されている。

 民族的にはインド・アーリア系72%、ドラビダ系25%、モンゴル系その他3%で、宗教的にはヒンズー教80.5%、イスラム教13.4%、キリスト教2.3%、シーク教1.9%等となっている。
gaga 時計また、言語はヒンズー語41%、ベンガル語8.1%、テルグ語7.2%、マラーティー語7%、タミール語5.9%等となっており、連邦公用語のヒンズー語、準連邦公用語の英語の他、インド憲法では21言語が指定言語として明記されている。

 そのため、インドは極めて多様化した多民族国家であると言える(民族および宗教については米CIAの"World Factbook" による)。
シャネルiphone6sケース 映画『ガンジー』などでおなじみの名優ベン・キングズレーが、新作『しあわせへのまわり道』について語った。

【写真】ベン・キングズレーがタクシー運転手役!『しあわせへのまわり道』ギャラリー

 本作のストーリーは、ニューヨークの書評家ウェンディ(パトリシア・クラークソン)が、結婚生活が突如破綻し絶望する中、車を運転できない現実に気付き、インド人のタクシードライバーのダルワーン(ベン・キングズレー)にレッスンを受けることになるというもの。
iPhone6ケース シャネル風人種も宗教も異なる男女が車の運転を通して徐々に心を通わせていく様を描く。映画『死ぬまでにしたい10のこと』のイザベル・コイシェがメガホンを取った。
iphone6ケース

 ウェンディとダルワーンの関係について「二人は全く異なった世界に居たが、運命に投げ出された状態で出会うことになる。しかも彼らは、最初はお互い小さな空間にこもっている。
グッチ iPhone 6ケース僕が演じたダルワーンは、インドでは教授をしていた過去を持つが、現在はニューヨークでタクシーを運転しながらシーク教徒の世界にこもっている。一方、ウェンディは夫と別れたことで、トラブルを抱えながら家にこもった状態だ」と語った。
iPhone6ケース全く違う境遇で、それぞれ殻に閉じこもった二人が出会う設定が面白い。

 映画『エレジー』でもタッグを組んだパトリシアとの再共演は「『エレジー』では、僕らはお互いニューヨーカーを演じた。
iPhone6ケース シャネル風でも今作では、二つの異なる世界から来た設定で、セットでは彼女とはあまり親しく接することなく、会話も少なかった。お互いがそれぞれの役柄に徹していて、『
 インドは連邦共和制をとっており、世界最大の民主主義国家と形容される。
iPhone6ケースグッチ例えば、第2次世界大戦以降、南アジア地域で唯一クーデターなどによる非合法な政治改革を経験しておらず、常に選挙等の法的手続きを経て政権交代が実現されている点が特筆される。また、インドは1947年の独立以来、国内産業保護を中心とした社会主義的経済政策を基本としていたが、1991年の通貨危機を契機として、経済自由化に政策を転換し、それ以降、堅調な経済発展を遂げ、2014年のGDPは世界9位となっている。
グッチ iphoneカバー
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hgj6y
読者になる
2015年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hgj6y/index1_0.rdf