HGHデルタバランスの体験談や感想を紹介!伸長サポートサプリとして口コミ評価の高い成長ホルモン!成長に欠かせないビタミン・ミネラルをはじめ、全50種の栄養成分を配合!成長ホルモンの分泌を促すアルギニン・グリシン・グルタミン・オルニチンも配合!

HGHデルタバランス(伸長サポートサプリメント)の特徴は!

HGHデルタバランスは、伸長サポートサプリメントとして口コミで評判のサプリ!身長を伸ばすのに必要な成長ホルモンだそうです。そもそも身長を伸ばすのに大事なことは、睡眠・運動・栄養の3つ!この3つのバランスが悪いと思春期の身長の伸びは望めないかもしれません。身長が伸びるためには、この3つが非常に重要といわれています。個人的には、これにストレスの無い生活というのも加えたいですね!特に子供のストレス(親の離婚やイジメとか)があると身長の伸びにも影響を与える気がします。個人的には、ストレスの無い生活の土台があって、はじめて睡眠・運動・栄養により身長が伸びると感じています。なおHGHデルタバランスは、成長に不可欠とされるビタミンやミネラルを徹底的に配合しているのがポイント!全50種ほどの栄養成分を配合しているそうです。また成長ホルモンの分泌が強く促す効果があるとされるアルギニン・グリシン・グルタミン・オルニチンも配合しているみたいですね。かなりこだわりの成長ホルモンといえます!
 
   
Posted at 19:40 / HGHデルタバランス / この記事のURL

亜鉛やマグネシウムも重要!身長を伸ばすのに必要な栄養素とは!

身長を伸ばすのに大切な栄養素といえば、タンパク質やカルシウムが代表かもしれません。ただ、他にも色々とあるようですね。例えば亜鉛やマグネシウムはその1つです!特に亜鉛については、ちょっと興味深いデータがあるそうです。海外の実験で背が高い人と低い人の体内の亜鉛量を調べた結果、背の高い人の方が亜鉛量が多かったというデータです。亜鉛の役割は、体内の酵素の働きを助け、身長を伸ばすための成長ホルモン分泌を促すこと!亜鉛不足になると、食べ物の味に鈍くなり、これが食欲不振につながるケースもあるなんて話です。成長期の食欲不振は、ぜひ避けたいところ!食膳には、カキ・牛豚のモモ肉・納豆・鶏レバーなどに亜鉛が含まれる食材も並べたいですね!子供の身長を伸ばすサプリとして人気のHGH(成長ホルモン)サプリ!最近では、HGHデルタバランスなどが注目されています。他にもHGHシールドがありますが、これはアンチエイジングに効果があるとして注目されています。
 
   
Posted at 13:57 / 身長が伸びる方法 / この記事のURL

成長ホルモンの分泌に欠かせない良質の睡眠!身長と睡眠の関係とは!

大人にとっての睡眠は、疲労回復などの健康や美容のための意味合いが強いですが、育ち盛りの子供にはかなり重要な意味を持ってきます!特に成長期の子供の睡眠は、成長ホルモンの分泌を促進するほか、骨休めをする効果も期待できるそうです。

確かに子供の身長が伸びる要素には、良質な睡眠が欠かせないと言われていますからね!だからといって子供が1日中寝ていれば身長が伸びのかのかといえば、それは間違いで、どうも理想の睡眠時間があるそうですね。

一般的に理想的な睡眠時間についてですが、次のように言われています。

●幼児 10時間以上(朝、自分で起きれるくらいが望ましい。また昼寝は2時間程度。)●小学校低学年 10時間前後
●小学校高学年〜中学生 9時間半ほど

特に身長が一番伸びるのが中学生あたりの思春期ですから、この時期の睡眠は成長と密接な関係、言い換えれば睡眠が成長ホルモンの分泌に大きく関係があるとされています。また思春期以降の理想的な睡眠時間は、こんな感じです!

●思春期の終わり頃 8時間程度
●大人 7〜8時間程度(すっきり目覚めることができるなら、それよりも短くてもOK)

ですが個人的には、子供の睡眠時間は、10時間以上必要のような感じがします。特にヨーロッパの人に高身長が多いのは、子供の頃の睡眠時間が多いことが関係しているようだからです。

統計では、ヨーロッパの子供の睡眠時間が10時間以上もあるそうですが、日本の場合は10時間以上の睡眠をとっている子供が本当に少ないそうです。これが大人になってからの身長差となるのかもしれません。

特に子供の頃の睡眠は、成長ホルモン分泌を促進させるので10時間以上の睡眠をとらせたいものです。ただ近年は、テレビゲームや深夜番組などを見る子供も多いようで、子供の睡眠時間が少なくなっている気がします。

さらに良質な睡眠をとるためには、睡眠前のテレビゲームは逆効果になるようです。これは、精神的に興奮状態にさせるためで、逆に寝付きが悪くなるケースもあるそうです。ここは注意したいですね!また昼間のゲームにしてもストレスを感じさせるゲームは、成長に好ましくならしいです!良質な睡眠というのは、実は奥が深いものなんですね!

最後に良質な睡眠のアイデアを紹介しておきます!こんなことを実践してみてもいいかもしれませんね!

●寝る前のテレビゲーム厳禁
●間接照明の活用
●就寝前のハチミツ入りホットミルク
●睡眠リズムを整えるなら朝日を浴びること
 
   
Posted at 15:13 / 身長が伸びる方法 / この記事のURL

身長が伸びるのは骨端線が伸びることによるもの?骨端線とは?

身長が伸びるためには骨の先っぽ(関節部分にある)骨端線が伸びることによるものといわれていますね。骨端線とは、大人(思春期以降)になると無くなっていくそうです。

なお骨端線が残っている時期というのは、男性で17〜18歳、女性で15〜16歳なんていわれています。ただ20歳を過ぎて身長が伸びるケースがあることから、個人差があるのも事実。ただ劇的に身長が伸びるのは、この男性(17〜18歳まで)・女性(15〜16歳まで)といえるかもしれませんね。

なお骨端線は、無くなるのが遅い場合、男性25歳・女性22歳ぐらいまで残っているケースもあるようです。この骨端線は、レントゲンで簡単に調べることができるそうです。

これらのことから身長を伸ばす方法としては、骨端線が無くなる前までに成長ホルモン(HGH-21 Programなど)を活用するのも1つの方法ですね。ただ身長が伸びる要素としては、ストレスが無い生活や、睡眠も重要になるといわれています。また成長ホルモンを活性化させるために適度な運動も必要みたいですし!やはり子供の身長を伸ばすには、トータル的に考える必要がありそうですね。
 
   
Posted at 12:26 / 身長が伸びる方法 / この記事のURL

身長が伸びる方法!俗説が多いですが身長を伸ばすにはどうしたらいいか?

ことわざに『寝る子は育つ』というものがありますが、子供の身長が伸びる方法として睡眠は非常に大切だといわれています。

特に子供の睡眠時間と身長の関係は、参考データでもあるみたいですね。例えば、小学校高学年の睡眠時間を世界の子供で比較してみると、日本の子供は睡眠時間が一番少ないそうです。

世界の子供は、一般的に9時間以上の睡眠時間があるそうですね。特にヨーロッパでは、10時間以上も寝ているそうです。ただ日本の子供は、10時間以上の睡眠時間があるのは4%程度と少なく、8時間未満の子供も30%程度いるそうです。『寝る子は育つ』は、俗説みたいですが当たっているようです。

ただ『牛乳を毎日1リットル飲む』と身長が伸びるというのは、完全な俗説みたいです。身長が伸びる方法のポイントとなるのは、栄養素(特にタンパク質)・成長ホルモン、さらに成長ホルモンの分泌を促す睡眠と運動といわれています。

なお意図的に身長を伸ばせるのは、乳幼児期から思春期前までといわれています。特に思春期になったら、身長を伸ばすことより骨を丈夫にすることを考えた方がいいそうです。また20歳を超えても身長が伸びるケースもあるのですが、基本的に最終身長に達するのは、男性(18〜19歳)・女性(15〜16歳)といわれています。つまり身長を伸ばすには、思春期前までが勝負になるといえそうです。

また子供の身長を伸ばすなら、ストレスを感じさせない生活も大事ですね。身長が伸びる要素は、遺伝2割・生活環境8割と言われているので、いかに成長させる生活環境を用意するかがポイントになってくる感じです。
 
   
Posted at 15:24 / 身長が伸びる方法 / この記事のURL
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!