に不安はない早めの継投でソフトバンクの強力打線をかわして

October 07 [Tue], 2014, 17:27
クと2位・オリックスは、間もなくヤフオクドームで直接対決する2日が最終戦となるソフトバンクは勝てば3年ぶりの優勝が決まる一方、オリックスが勝つと優勝マジック1が再点灯その後の楽天との2試合で連敗しなければオリックスが18年ぶりに優勝するまた、2日が引き分けとなった場合は、オリックスが残り2戦を1勝1分け以上で優勝となる

【リーグ優勝の行方は? 注目の一戦、ネット実況速報はこちら】

 ソフトバンクは9月17日から1勝9敗で、現在、今季ワーストの5連敗中オリックスは26日から3連敗したが、29、30日の楽天戦で2連勝し、ゲーム差なしまで詰め寄った予告先発はソフトバンクが大隣で、オリックスがディクソン

 ◇タカ、3年ぶり栄冠か

 ソフトバンクは先発に今季、オリックス戦で1完封を含む2戦2勝の大隣を立て、対オリックス戦防御率0点台の武田を救援待機させる大隣は「後ろがいるので、一人一人に全力でぶつかる」と意気込んだ秋山監督は、1994年10月8日にセ・リーグの巨人と中日が最終戦で優勝を争った試合を引き合いに「144試合目まで全部全力で戦うシーズンはなかなかないできることをやってもらえればいい」と言葉に力を込めた

 ◇オリ、勝てばM1点灯◆ヤクルト―巨人(2日・神宮)

 セ王者の原巨人は投手3冠をかけ菅野が先発打線は1回、片岡が左線への二塁打で出塁すると、亀井が四球を選び無死一、二塁続く坂本がヤクルト先発八木の真ん中高めの初球を左翼席に運ぶ16号3ラン先制し

 オリックスの先発は来日初の中4日での登板となるディクソン前回は5回無失点で降板ながら69球と球数も少なく、体調に不安はない早めの継投でソフトバンクの強力打線をかわしていく予定だディクソンは「先発としては最後までいくつもり」と語った打線は大隣と相性は悪いが、楽天との2試合はいずれも先発左腕を攻略した森脇監督は「ここまで来たらつかめるものはつかんでしまう」と18年ぶりの優勝に向け意気込んでいたその後の楽天との2試合で連敗しなければオリックスが18年ぶりに優勝するシャネル Chanel シリコンその後の楽天との2試合で連敗しなければオリックスが18年ぶりに優勝するシャネル Chanel シリコンその後の楽天との2試合で連敗しなければオリックスが18年ぶりに優勝するアイフォン5 カバー
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hgfyhrtyrd/index1_0.rdf