蝶展が開かれ、来館者を楽しませている。

April 24 [Fri], 2015, 18:34
 作家の嵐山光三郎さんは10日、金沢生まれの文豪泉鏡花の活動拠点だった東京・神楽坂(かぐらざか)を訪ね、鏡花の師匠である尾崎紅葉の旧居跡を視察した。紅葉に住居を貸していた男性の孫から、当時の鏡花の暮らしぶりや、紅葉らが眺めていた庭について説明を受けた。
手帳型 iphone5ケース

 初めて庭を見学した嵐山さんは「旧居跡は近代文学の発祥の地であり日本の文化財だ。何としても後世に残さなければならない」と語った。
手帳型 iphone5ケース

 嵐山さんら5人は鳥居秀敏さん(91)の案内で旧居跡の庭を見て回った。鳥居さんは当時の建物の間取りなどを説明し、嵐山さんは鏡花が眺めていたとされるムクノキやケヤキを観賞した。
iPhone6 ルイヴィトン

 鏡花の出身地である金沢市下新町(しもしんちょう)と神楽坂地区によるまちづくり事業「鏡花を 蝶を中心とした世界の昆虫標本約6千点が9日、福知山市自然科学協力員の吉井雅宏さん=北栄町=から、福知山市に寄贈された。「子どもたちが、自然環境保護への理解を深めるきっかけになるよう、活用してほしい」との思いで、貴重なコレクションすべてを寄贈したもので、珍しいものも多く含まれている。
iPhone6ケースグッチ

 吉井さんは、小学生のころに昆虫採集を始めた。中学校では生物クラブに所属し、本格的に採集をスタート。
エルメス6Plusケース2年生のときには、市内で初めてシジミチョウ科の「キマダラルリツバメ」を捕獲し、話題を呼んだこともある。

 大学時代などには、国内のほか中国やヨーロッパなど、世界各地に出向いて採集。
ルイヴィトン6カバーコレクションのなかには、羽の根の部分が青いことから名付けられた「アオネアゲハ」、幻の大蝶とされている「ブータンシボリアゲハ」など、めったに手に入らないという標本もある。

 標本は169箱に整理されていて、160箱が蝶。
iPhone6カバー 予約ほか9箱には世界のカブトムシや、トンボ、タガメ、ハチなどが収められている。

 9日に市役所で寄贈式があり、吉井さんが松山正治市長に目録を手渡した。
シャネルiphone6ケース松山市長は感謝状を贈り、「入手困難な標本もあり、市民にとって貴重な財産になる。子どもたちが蝶などに関心を持ち、新たな研究者が誕生すればうれしい」と伝えていた。
エルメスiPhone 6ケース

国蝶、準絶滅危惧種、幻の大蝶も 貴重な昆虫標本6千点を寄贈
色とりどりの蝶が並ぶイベント広場
寄贈記念の「日本の蝶展」 福知山市児童科学館で
 標本の寄贈を記念して、猪崎の三段池公園内にある市児童科学館イベント広場で、蝶の標本約3千点を紹介する日本の蝶展が開かれ、来館者を楽しませている。

 標本約70箱が並び、セセリチョウ、シジミチョウ、シロチョウ、タテハチョウ、アゲハチョウの仲間に大別して展示されている。
iPhone6ケースグッチ

 色とりどりで、大きさもさまざま。吉井さんが1965年に市内で捕獲し、市天然記念物第1号になった「キマダラルリツバメ」、京都府のレッドリストで準絶滅危惧種に指定されている「スジボソヤマキチョウ」「ギフチョウ」、日本の国蝶の「オオムラサキ」、青緑色に輝く「ミヤマカラスアゲハ」などがある。
新品gucci iphone6 ケース

 同展は4月12日まで。時間は午前9時から午後5時(入館は午後4時30分)まで。
iphone6ケース毎週水曜日休館。入館料がいる。
iPhone6ケースってプロジェクト」の一環として行われた。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hgfyhrdt/index1_0.rdf