るのが「Apple TV」だ。Apple TVは「そ

March 11 [Wed], 2015, 11:50

 【商品名】:シャネル iphone6ケース 香水 iphone6 plus保護カバー 5.5インチ チェーン付き ピカピカ アイフォン6カバー


 

【対応機種】: iphone6(4.7センチ)  iphone5/5s  iphone6 plus

【ご注意】:

※パソコンの環境によっては写真の色味が実際の商品と少し異なる場合があります。ご了承下さい。

※携帯本体は付属いたしません。

※サードパーティ製品

※海外ショップで、在庫有り

※只今は送料無料?

 シャネルiphone6カバー


スマホでマイクロフォーサーズのレンズが使える!!
スマートフォンのカメラがどんどん進化した結果、日常の撮影にはほとんど困らないレベルに到達した。iPhone 6 Plusに光学手ブレ補正が搭載され、光学3倍ズーム搭載のASUS ZenFoneZoomが発表され、カメラ好きの筆者でさえ、もうほんとにスマホでいいのではと思えてきた。しかし、冷静に考えるとデジカメの優位性は、センサーサイズの大きさによる高感度撮影時のノイズの少なさ、画素数ではなく画質の良さ、超広角や超望遠が使えることなど、まだまだあるではないか。
アイフォン6エルメス

スマホと連携して、これを実現しようとしたのがソニーのレンズスタイルカメラ「QX1」である。APS-Cサイズセンサーを搭載して、同社のEマウント交換レンズを装着する。レンズを含まないカメラ部のサイズは幅74×高さ69.5×奥行き52.5mm、約158gとなっている。

これに対してオリンパス「AIR A01」はマイクロフォーサーズの交換レンズに対応して、幅56.9×高さ57.1×奥行き43.6mm、約147gとよりコンパクトで軽い。どちらのカメラもスマホとWi-Fiで接続して、スマホの液晶モニターを利用して撮影する新発想のデジカメである。

○カメラ+レンズでも重さ約240gの軽さ

それではAIR A01が、実際にどんなシステムで撮影するかを説明しよう。まず円筒形のカメラ本体がある。ここに撮影用のセンサー、microSDカードスロット、シャッターボタンなど撮影に必要な機能が収められている。レンズキットに選ばれたレンズは「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」である。35mm判換算の焦点距離は28〜84mm。収納時22.5mm、重さ約93gとパンケーキに迫る薄型軽量ズームレンズで、最短撮影距離は望遠側で25cmとなっている。
人気ブランド携帯カバー
下の写真はAIR A01にiPod touchを装着したところ。電源スイッチとシャッターボタンはカメラ本体にあるが、それ以外の機能についてはスマホ側のアプリで操作する仕組みだ。スマホを取り付けるためのアダプターに工夫があり、iPhone6 Plusをケースに入れた状態でも装着可能だ。

●専用アプリでカメラの機能が拡張される
AIR A01は「オープンプラットフォームカメラ」を標榜しており、誰でもカメラをコントロールするアプリを開発できる。これにより、従来にはなかった新しいコンセプトのアプリが誕生するかもしれない。製品発売時には複数のアプリがiOS用とAndroid用に用意される予定である(編集時点では発売延期中)。

今回の試用タイミングで使えた純正アプリは8種類あり、カメラのコントロールから、アートフィルター、撮影後の画像の閲覧、整理用のアプリまで用意されていた。たとえば、カメラコントロール機能のアプリを起動すれば、スマホ側からタッチで好みの位置にフォーカスを合わせたり、シャッターが切れる。デジタル一眼のような各種操作をスマホから行えるというわけだ。

今回は発売前の試作モデルを使ったが、その完成度は高かった。カメラ側のシャッターボタンを使えばタイムラグはほとんどないし、液晶画面に表示されるインタフェースも同社のミラーレスカメラと変わらない。
アイフォン6ルイヴィトン
気になったのは、望遠側にしたときにAFの動作が遅くなり、時々、ピントが合っていないことがあったこと。これは試作機だけの現象かもしれない。それより問題なのは専用アプリが機能ごとにバラバラで統合されておらず、目的によって別のアプリを起動しなければならないことだ。デジカメの操作に比べて煩雑でわかりにくいので、ゆくゆくは一つに統合されることを期待する。

●高感度撮影サンプルと作例集
○スマホには真似のできないノイズの少ない高感度撮影

「AIR A01」は高感度でもキレイな16M Live MOSセンサーを搭載、これに画像処理エンジンTruePic VIIを組み合わせている。使える感度はISO100からISO12800までと幅広い。実際に暗い室内で撮影した画像を見てみよう。

○アートフィルターで風景を演出する
Apple Watchは100%確定
3月9日(日本時間の10日午前2時)に、Appleは新製品発表会を開催する。概ね出るものは決まっている印象だが、その内容を予想してほしいとの依頼をいただいた。予想というよりは願望、希望に近いものもあるが、何が発表されるか予想してみよう。
シャネルiphone6 ケース
○Apple Watchは既定路線
iPhone6 シャネル
まず、予想というよりは100%確定と言っていい、超ド級の本命が「Apple Watch」だ。製品としてはすでに発表済みだし、改めて正式な発売日と価格、最終仕様のアナウンスとなるだろう。

ハードウェア的には、昨年9月のイベントで公開された仕様から多少変更があるかもしれないが、基本的な仕様は大きくは変わらないだろう。気になるのは価格帯だが、高級バージョンである「Apple Watch Edition」の価格には特に注目したい。18金ケースを採用したEditionは、高級腕時計並みに数千ドル(数十万円)からスタートする可能性がある。もしかすると、幾つかのファッションブランドとのコラボレーションも発表されるかもしれない。

グッチ iphone6 ケース

ここからは純粋な「予想」だ。前々から何度も噂に上がってきた「12インチのMacBook Air」がそろそろ出てもおかしくない。CPUは「Broadwell-U」アーキテクチャに変わり、液晶画面はRetina解像度(おそらくは2560×1600か、2880×1800あたり)になると見られる。形状的には「Air」と呼びたくなる薄型になるだろうが、実はMacBook Airはその低価格さが要因となって大量に売れているので、価格の高くなるRetinaモデルを入れるかは疑問。MacBook Pro 13インチモデルのリプレースになる可能性もあるだろう。

一部には、電源コネクターなどもなくなり、インターフェースが完全にUSB 3.1のみになるという噂もあるが、これはいくら先進的な技術を積極的に取り入れるAppleといえども、少々話が急過ぎる感もある(電源コネクター「Magsafe」絡みで訴訟になっている状況を考えれば、最大100Wを供給できるUSB 3.1への切り替えは妥当な話でもあるのだが)。USB 3.1が導入されるとしても、電源やThunderboltはそのまま残るのではないだろうか?

また、既存の11インチ/13インチのMacBook Airも順当に「Haswell Refresh」から「Broadwell」に移行する可能性は高い。この場合は特に大きな変更はなく、CPU周りだけの変化になると思われる。

ひとつ気になるのは、ここ数年リークが当たり前の状況になっていたAppleで、新型MacBookについては部品ひとつ、リークらしいリークが見られないこと。台数が出るMacBookラインだけに、製造は(リークの漏れ口となる)台湾や中国のODMメーカーが担当しているはずだが、よほど厳しい情報統制でもかけられているのだろうか。
超人気iphoneケース
●iPadの新型は? 隠し球は?
○iPadの新型は?

iPhone 6の好調の裏側で、iPadはだいぶ苦戦が伝えられている。不振を理由にminiのライン自体が消滅するという噂もあるが、先日、CPUにiPhone 6と同じ「Apple A8」を搭載した「iPad mini 4」が発表されるという噂が流れた(現行の「mini 3」は「Apple A7」搭載)。

もっともこれは正直眉唾で、miniにここでテコ入れする理由が感じられない。また13インチ級の大型iPadの噂もずっと流れているが、これも今回の発表に合わせるにはいささか不似合いに映る。ということでiPadに関する動きはないだろう。

個人的にここで何か動きがあるのではないか(あってほしい)と思っているのが「Apple TV」だ。Apple TVは「そこそこ使えるセットトップボックス」の域を出られずにいるままだが、iOS 8の機能のひとつである「Homekit」と組み合わせ、スマート家電の制御を行うためのハブ的な存在になるのではないかと見ている。たとえばマイクを内蔵し、リビングのApple TV上の「Siri」に「リビングの暖房をもう少し弱めに」とか「子供部屋の電気をつけて」と命令できるようになれば便利だろう。
iphone6ケース
もちろんApple Watchとの連動も加えられ、リモコン機能はもとより、Apple Watchを付けている人は個人認証されたものとして、音声検索で探し出した映画や番組を手元のApple Watchの画面をタップするだけで購入/レンタルできる、という使い方もあるだろう。Apple Watchで収取した自分の健康情報をテレビ画面に映し出す(Wii Fitのように)といったことも可能になるかもしれない。

折しもGoogleがAndroid TVを本格的に展開し始めたところだが、Appleもこの分野には長い事投資を続けてきている。現行の第3世代Apple TVが出たのが2012年3月8日だったので、丸々3年が経過した。そろそろ何か動きがあるんじゃないかと思うのだが、いかがだろうか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hgfjy
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hgfjy/index1_0.rdf