それでも、アジアのハブを目指す戦略は国益にかなう。法の支配、社会資

July 17 [Thu], 2014, 12:53
「東京投資セミナー」なる会合を東京都がマンハッタンで主催した。都はアベノミクスが掲げる成長戦略の1つである国家戦略特区に指定されており、東京都は外国企業の誘致を目指そうとしている。ルイヴィトンiPhone 5c特にアジア部門の業務統括や研究開発部門を招待するのが狙いで、ライバルは他のアジア都市である。

 だが、残念ながらセミナーは閑古鳥が鳴いていた。アイフォン5 カバー出席者は用意された座席の半分ほどの約40人。主催者側とマスコミを除くともっと少ないはずだ。iphone 4G ケース大半が日本人というのも、ちょっと寂しい。

 確かに、アベノミクスを米国で評価する業界は金融にとどまる。iPhone 5 ケースコピーニューヨークでは世界中の国家、都市、企業が連日のように米国マネーを狙って会合を開いており、「新人」の東京都が百戦錬磨のライバルと戦うのは大変だろう。

カナロコ by 神奈川新聞 7月16日(水)13時0分配信
ペットボトル浮具に 川崎の小学生が水難時の対処法学ぶ
服を着たままペットボトルを抱え、浮く練習をする子どもたち
 海や川での水難事故を防ごうと、子どもたちを対象にした「水上安全教室」が15日、川崎市川崎区の市立旭町小学校のプールで開かれた。グッチ iPhone ケース6年生の児童約50人が「着衣泳」などを体験、川崎海上保安署の海上保安官からおぼれそうになったときの対処法などを学んだ。

 同署は夏休みを前にしたこの時期に毎年、市内の小学校に出向いて同様の教室を開いている。iPhone 5 ケースコピー

 教室では、児童たちがジーパンや長袖シャツなどの服を着たままプールに。水中を歩くなどし、どれだけ動きづらいかを確認した。iPhone 5 ケースコピー

 その後、空のペットボトルを浮具の代わりにして腹部に抱えたり、靴を履いたりしながら「背浮き」を体験。沈まないために体の力を抜くことや手を上げないことなどを学んだ。グッチ iPhone5s ケース

 遠くにペットボトルを投げ入れる練習やライフジャケットの装着体験も行われ、参加した男児(12)は「ペットボトルは便利だと思った。もしおぼれそうになったときはパニックにならず、教わったことを実践したい」と話していた。グッチ iPhone5s ケース

【関連記事】
 それでも、アジアのハブを目指す戦略は国益にかなう。法の支配、社会資本の整備、安全性。iphone 4G/4s ケース東京都には世界に誇るべきソフトパワーが沢山ある。外国資本を呼び込むことは、日本全体の経済安全保障に外国勢を組み込むことでもあるのだ。携帯カバー

 緒戦の結果に懲りず、東京都には英語での国際マーケティング力をぜひ磨いてもらいたい。そして、米国人相手の会合ではユーモアも忘れずに。iPhone 5 ケースコピー
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hfyhrty/index1_0.rdf