レッスンで教わるテニスとゴルフのスイングの違い

June 18 [Tue], 2013, 10:23
テニスのレッスンに来ているおじいさんで、とてもみっともないスイングをする人がいます。


何年もテニスレッスンを受けているのに全く改善しません。


よくよく見ているとおそらくゴルフのスイングをしているらしいです。


きっとゴルフもレッスンを習っているのでしょう。


ゴルフもテニスも両方とも腰の回転が先行するスイングになりますが、ゴルフの場合はレッスンで「左側に壁を作る」とよく言われるように、腰の回転はクラブのフォワードスイングが始まってすぐのタイミングで止まります。


身体は横向きのままで身体の動きをクラブが追い越して行きます。



対してテニスのスイングは、腰の回転がもっと大きく、打球の方向に腰がまっすぐ向くまで回します。


身体の前方に壁を作ることはしません。


身体を回せるだけ回す感じです。


テニスでゴルフ的なスイングをすると、フォロースルーで身体を閉じる感じになりとても格好悪いので、テニスとゴルフは分けて考えましょう。




苦手科目を得意科目へ!苦手意識を取り除く秘訣は
http://www.anzsoc2009.org
効率的な勉強法や暗記のコツなど志望校突破を目指すならチェック。