パーリーピーポー

January 02 [Mon], 2017, 12:02
パーリーピーポーは苦手
あの空気感や雰囲気
体育会系みたいなウェーイノリ  


でも密かに楽しんでる私

あけましておめでとうございます



巨人倍増
RU486
威哥王

発想が素晴らしい! 先生が「持ち物一つ一つにお名前をつけてきて」と言うからつけたら…

December 21 [Wed], 2016, 16:32
このような出だしで始まる、小学生時代のエピソード話しがあります


皆さんはこれは何だと思いますかね

狼1号

内容は
“小学生の頃、先生が「持ち物に一つ一つお名前つけてきてね」って言うから
「筆箱は男の子っぽいから『しょうた』だ。赤クーピーは派手めだから『えりか』。鉛筆は兄弟っぽいから似た響きで揃えて……」って全部考えてから登校したら、みんな自分の名前のシールを文具とか縄跳びに貼ってきてた。”



先生の「持ち物に一つ一つお名前つけてきてね」という指示に対して、筆箱には男っぽいという理由で「しょうた」と名付け赤いクーピーには派手目だという理由で「えりか」などと名付けたそうです。


そして、学校で周りの子たちの物を見たところ自分の名前のシールを貼ってきていた…というエピソード話しです





たくさんある持ち物に名前をつける(書く)作業は大変ですよね。


特に小さな物に書く場合は書きにくくて大変です。


ビグレックス
そのような作業を効率化するために、今では「お名前シール」のようなものがスタンダードになっているためか、先生は「つけてきてね」という言い方をしたのでしょうか。


いずれにせよ、行動も間違いとは言えません。これはこれで素晴らしい発想ではないでしょうか。


トーマス・エジソンの泥団子のエピソード


今回の話しを受けて、かの有名な発明王トーマス・エジソンのエピソード話しを思い出しました。


エジソンは少年時代に、1+1がなぜ2になるのか分からないとし、泥団子をくっつけて1+1は1だと主張しました。





確かにそういう考え方もありますよね。
ものの捉え方・考え方はさまざま。


エジソンがその後、蓄音機や発電機など、多くの発明をして後世の暮らしにはかりしれない貢献をしたことは言うまでもありません。


今回の話しの捉え方は人それぞれで、「笑えた」という方もいますが、その受け取り方も個性だと思います。


個々の子供達がもつ感性や思考を、周りの大人たちが大事に見守り、育ててほしいものです!

狼一号

経済同友会の70年:上 財界の「前衛」、いま発信

November 23 [Wed], 2016, 12:27
 米大統領選まで1カ月半となった9月下旬、経済同友会代表幹事の小林喜光(70)は、訪問先のワシントンにいた。
 クリントン政権やブッシュ政権の幹部らと会い、大統領選の終盤情勢を現地で探るのが訪米のねらいだった。「白人労働者の怒りが極限に達している」「所得格差が広がっている」。小林が面会した民主党、共和党の関係者は、米国の変容ぶりを口にした。
 だが、このときはまだ「トランプ氏が大統領になるとは思わなかった」と小林は話す。「グローバル化がもたらす格差が極点に達し、経済が政治を変えてしまった。世界は、統合と分散の力学がせめぎあう歴史的な転換点にある」
 経済同友会は戦後まもない1946年、経済再建をめざして若い経営者ら83人が結成した。……

コ國魔棒
午夜神
シアリス

メキシコ大統領、トランプ氏に祝辞 就任前に会談へ

November 10 [Thu], 2016, 16:16
メキシコのペニャニエト大統領は9日、米大統領選に勝利したドナルド・トランプ氏に祝辞を送り、就任前に会談することで合意したと明らかにした。

またトランプ氏と安全保障など今後の課題について協議したと述べた上で、世界中のメキシコ人の権利を守るために取り組んでいくと強調した。

メキシコ内務省高官はロイターのインタビューで、トランプ氏が大統領に就任しても、正式な許可書を持たずに米国に滞在するメキシコ人を送還する手続きはすぐには始まらないとの見方を示した。

トランプ氏はメキシコとの国境に壁を建設し、同国が費用を負担しなければメキシコへの送金を没収すると主張していることについて、同高官は阻止に向けてあらゆる合法的な手段に訴え、米議会にも働き掛ける用意があると述べた。
蔵鞭王
蔵秘雄精
夜狼神

TPP承認案めぐり 与党が詰めの協議へ

October 28 [Fri], 2016, 16:49
 TPP(=環太平洋経済連携協定)の承認案をめぐり政府・与党は、来月1日の衆院通過を視野に詰めの協議に入っている。

 自民・公明両党の幹部は28日朝の会合で「採決の時期は近づいている」との認識で一致した。

 自民党・竹下国対委員長「(公明党と)採決の時期が近づいているという認識では一致しました」

 TPPの承認案は憲法の規定で参議院に送られた後、30日で自然成立するため、来月1日までに衆議院を通過すれば来月末までの会期を延長しなくても、今国会中に自然承認されることになる。

 当初は月内の衆議院通過を目指してきた政府・与党だが、現在は来月1日の衆院通過を視野に最終調整を行っている。これに対して民進党は、来月1日に参考人質疑の開催を要求するなど、採決は時期尚早との構えを崩しておらず攻防が続いている。

狼1号
淫インモラル