由加は「『超攻撃的清純派アイドル』というキャ

August 03 [Sun], 2014, 13:35
沖縄タイムス 7月31日(木)11時59分配信
アイスホッケー世界の技伝授 沖縄唯一のリンクで
元五輪選手・三沢悟さん(右)が競技力向上へ小学生から大学生を指導=23日、南風原町のスポーツワールドサザンヒル
 【南風原】アイスホッケーの元五輪選手・三沢悟さん(61)が、南風原町宮平の沖縄県内唯一のアイスリンク「スポーツワールドサザンヒル」で、小学生から大学生まで男女約60人を指導している世界最高峰の舞台を経験した素早い動き、パックのキープ力は抜群技術的には全国トップレベルの中・高校生もいるといい、「ナショナルチームの選手が出てほしいそれが、ぼくの夢」と教え子の成長に期待している(又吉健次)
 三沢さんは北海道出身で、中学2年で競技を始めた西武鉄道アイスホッケー部時代の1980年、アメリカでのレークプラシッド五輪に日本代表FWで出場5試合に出場し1得点1アシストしたその後、ゴルフ場勤務などを経て、アイスホッケーの合宿で訪れた沖縄の海にひかれ、4月に西原町に引っ越した
 三沢さんのうわさを聞いた県連盟の依頼や、「少しでも役に立つ機会があれば」との思いもあり、6月から指導を始めた週に6日、小学生〜大学生チームにアドバイスするほか、社会人の「ペンギンズ」でプレーする
 23日は小学生チーム「サザンヒルJr」に、相手が攻めづらくなる守り方を教え、
J=Jファンに蝶野が檄「倒れるまで応援しろ」
恒例の乾杯を行うJuice=Juiceと蝶野正洋
Juice=Juiceが昨日7月30日に東京・東京ドームシティ ラクーアガーデンステージにてニューシングル「ブラックバタフライ / 風に吹かれて」のリリース記念イベントを開催した

【この記事の関連画像をもっと見る】

メンバーは黒を基調とした「ブラックバタフライ」の衣装を身にまといステージに現れると、厳しい暑さを吹き飛ばすように同曲を熱唱してミニライブをスタートさせた最初のMCで「ブラックバタフライ」の聴きどころを尋ねられた金澤朋子は「今まで大人っぽい楽曲が多かったんですけど、その中でもより大人っぽい曲になってますそして私たちが今まで挑戦したことのないタンゴの曲調にチャレンジしてるので振りにも注目してほしいです」とコメント続いて植村あかりも「衣装は全員黒を基調としてるんですけど、メンバーごとにちょっとずつデザインが違うのでそこもポイントになってます」と衣装の秘密を明かした

そしてイベント終盤、この日が“プロレスの日”ということと「ブラックバタフライ」のタイトルにかけて、“黒のカリスマ”を異名に持つプロレスラー・蝶野正洋がスペシャルゲストとしてステージに登場蝶野は開口一番「何が驚いたかってこのファン層! おやじだらけ! おまえらもっと気合い入れて応援しろよ!」とファンを煽り大歓声を受けるその盛り上がりの中、今回の新曲の告知看板について宮崎由加は「『超攻撃的清純派アイドル』というキャッチコピーが付いているんですけど、これは先輩アイドルさんにも負けない気持ちを表していますつまり“宣戦布告”って意味なんです!」と蝶野の登場に後押しされたのか、いつも以上に力強い口調でその意味を語ったまたこのポスターは8月1日より東京・渋谷駅ハチ公口にて巨大ポスターが張り出されることがあわせてアナウンスされた

続けて蝶野が試合後、勝利を勝ち取った際に叫ぶ「アイアム、チョーノ! アイアム、ストロング!」というセリフをそれぞれのメンバーがオリジナルバージョンで披露宮崎は「アイアム、ミヤザキ! アイアム、風邪ひかない!」と自身の体の丈夫さをアピールする続いて宮本佳林は「アイアム、カリン! アイアム、アイドルサイボーグ!」とファンが彼女を語る際に使う異名を堂々と叫んで笑いを誘ったそして植村は「アイアム、ウエムラ! アイアム、フロムオーサカ!」となぜか出身地を叫び蝶野を困惑させる一幕もその空気を一変させるように高木紗友希は「アイアム、タカギ! アイアム、蝶野さんよりストロング!」と蝶野に宣戦布告し、すごむ蝶野にもう一度セリフを叫んでその度胸を見せつけたラストの金澤は「アイアム、カナザワ! アイアム、ローズクォーツ!」とセクシーなポーズを披露し、男性ファンからの大歓声に包まれた

イベントの最後にはニューシングル発売イベント恒例の“ジュースで乾杯”を実施今年でプロレスデビュー30周年となる蝶野が音頭をとり、会場全体でシングル発売を祝った最後に蝶野は「女の子たちは熱中症とか気を付けてねおまえら男はもっと応援しろ! 倒れるまで応援しろ!」と男性ファンに対して檄を飛ばすと、会場からは大きな“蝶野コール”が巻き起こったそしてメンバーはラストに「風に吹かれて」を歌い上げ、この日のイベントを締めくくった何十回もパックをシュートしてGKと守備練習した後、2人組に分かれ、ゴール前の攻守を競った
 沖縄尚学高校付属中3年、安田修平君は「アドバイスの一つ一つの意味が深い五輪経験者から直々に指導を受けられ、うれしい」と話すコーチの一人、渡久山勝さん(41)は、五輪選手という存在感や、練習で高い技術を体感することで、三沢さんの指導の重みが増している、という
 三沢さんは、県内のレベルアップには、組織プレーを学べる県外強豪校への進学も必要と指摘「授業の一環で、スケート体験できたら、底辺が広がるのでは」と話したそれが、ぼくの夢」と教え子の成長に期待しているアイフォン5 カバーそれが、ぼくの夢」と教え子の成長に期待しているケース コピーそれが、ぼくの夢」と教え子の成長に期待しているipad2 ケース
  • URL:http://yaplog.jp/hfhrdt/archive/12
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hfhrdt/index1_0.rdf