アキ(NEWS)が「もともとそういう渋い声だっ

August 02 [Sat], 2014, 10:55
J2戦線を独走、湘南ベルマーレの異次元の強さを後押しするフロント力
写真: マイナビニュース
湘南ベルマーレが依然としてJ2戦線の首位を独走している2位の松本山雅に勝ち点17差異次元の強さに呼応するようにフロントも勝利給予算増額に迅速に動き、一方では戦略的な補強を展開フロント、首脳陣、選手と三位一体で理想の実現へ向けて加速していく

【もっとほかの写真をみる】

○シーズン途中に上方修正された勝利給予算

まさにうれしい悲鳴だJ2戦線の首位を独走中の湘南ベルマーレが、勝ち点120獲得を想定して勝利給を本年度予算に計上していることは前回書いたとおりだ

実際には開幕前の時点で勝ち点80を想定して予算を組んでいたが、チームはシーズン折り返し時点で20勝、つまり勝ち点60に到達する無類の強さを発揮このままでは予算をオーバーするとして、急きょ上方修正に着手していたのだ

今年4月にGMから取締役社長に就任した大倉智氏が、約3000万円を勝利給の予算に上乗せした経緯を明かす

「新規のスポンサー獲得がかなり順調に進みました地元のみならず、いろいろなところで皆さまに協賛していただいたおかげですチームが勝っていることと、坂本を中心として地道に回っている成果が出ているとも思っています」

○新規スポンサーの獲得で賄った予算の増額分

Jリーグを戦うためにはクラブライセンスが必要だが、2012年度から「3期連続の赤字を計上する」、あるいは「本年度末で債務超過に陥っている」クラブはライセンスが更新されないつまりは退会とJ3以下のカテゴリーからの再出発を余儀なくされる

ベルマーレは現時点で、3期連続の赤字にも債務超過にも「リーチ」がかかっていないしかし、2013年度末の純資産が2000万円だったことで、Jリーグ側のヒアリングの対象となった本年度に大幅な赤字を計上すれば債務超過状態に陥るおそれがあるための措置だが、大倉社長は心配無用を伝えたという

「Jリーグに対しては財源の根拠をしっかりと示さないといけないので、『増額分はちゃんと回収できる算段があります』とヒアリングで伝えました」

○「足で稼ぐ」をモットーとする35歳の営業本部長

新規スポンサー獲得に多大な貢献をし、大倉社長が絶大な信頼を寄せるのが、今年2月に営業本部長に就任した35歳の坂本紘司氏だジュビロ磐田から移籍した2000年から13シーズンに渡ってチームをけん引サポーターから「ミスター・ベルマーレ」として愛され、2012年オフの現役引退後にフロント入りした

豊富な運動量でピッチを駆け回った現役時代と同様に、営業本部長としてのモットーを「足で稼ぐ」と宣言ホームタウンの枠にとどまらず、精力的に企業を回っている

大倉社長は45歳現役時代は柏レイソルやジュビロ磐田などでプレーし、引退後はスペインのヨハン・クライフ大学でスポーツマネジメントを専攻2005年からベルマーレの強化部長を務め、J2に低迷していたチームの強化に努めてきた

今年からはベルマーレU-18のコーチを務めていた田村雄三氏がTDに就任した2009年のJ1昇格の際に、坂本営業本部長とともに主力を担った田村氏もまだ31歳選手の平均年齢が23歳台のベルマーレは、フロントも若く情熱的だ

○期限付き移籍の選手がすぐに活躍する理由

フロントの心意気に、現場も呼応する7月27日のカターレ富山戦では、清水エスパルスから期限付き移籍で加入したばかりのFW樋口寛規が、途中出場からわずか5分後の後半41分にあいさつがわりとなる初ゴールを決めた兵庫・滝川第二高校の3年時に出場した全国高校選手権で8ゴールをあげて得点王を獲得し、母校の初優勝に貢献した樋口だが、4年目の今シーズンはベンチ入りすらもゼロの日々が続いた

「まさか(オファーが)来るとは思わなかった公式戦の舞台に飢えていたし、だからこそやってやろうと思った好調なチームに僕が入ってさらに勢いをもたらせればと」

他チームで埋もれている人材を発掘する強化部の慧眼(けいがん)は、期限付き移籍で加入した選手が大活躍している事実が如実に物語る開幕前にFC東京から加入し、守備陣を束ねる25歳の丸山祐市は、過去2シーズンでリーグ戦に3試合しか出場していない

○相手の対策を上回る強さを身につけるために

3-4-3システムの右MFでいぶし銀の存在感を放つ27歳の藤田征也は、開幕直後に主力の古林将太が大けがで戦線を離脱した直後にアルビレックス新潟から急きょ加入した4ゴールをあげていたFW大槻周平が長期離脱を強いられたことで、今回は樋口に白羽の矢が立てられた大倉社長が言う

「足りないところは素早く動くそれだけは身上なので加入した選手がはまるかどうかは別として、動くというプロセスで言えば普通だと思います」

7月30日に敵地で行われたアビスパ福岡戦は0対0に終わり、今シーズン初の引き分けを記録した自陣深くに引いて守備を固めるなど、前半戦で負けた相手は連敗だけは避けたいと、なりふり構わずベルマーレ対策を講じてくるそれでも、゙貴裁(チョウ・キジェ)監督は理想を高く掲げる

「対策を練られてもいいくらいの強さを、身につけていかなきゃいけない」

ベースとなる豊富な運動量に悪影響を及ぼす真夏の暑さと相手チームの包囲網は、今後より一層厳しくなるそれでも、ピッチ外の迅速な動きと戦略的な補強でピンチの芽をつむ大倉社長以下の「フロント力」の強力な後押しを得ながら、ベルマーレは再び加速していく

写真と本文は関係ありません

○筆者プロフィール : 藤江直人(ふじえ なおと)

日本代表やJリーグなどのサッカーをメインとして、各種スポーツを鋭意取材中のフリーランスのノンフィクションライター1964年、東京都生まれ早稲田大学第一文学部卒スポーツ新聞記者時代は日本リーグ時代からカバーしたサッカーをはじめ、バルセロナ、アトランタの両夏季五輪、米ニューヨーク駐在員としてMLBを中心とするアメリカスポーツを幅広く取材スポーツ雑誌編集などを経て2007年にレックスだった」
マイナビニュース 8月2日(土)10時0分配信
玉木宏の
写真: マイナビニュース
俳優の玉木宏が1日、日本テレビ系バラエティ番組『未来シアター』(毎週金曜23:30〜23:58/8月1日は24:00〜)に出演し、昔は自分の声がコンプレックスだったと明かした

冒頭で、羽鳥慎一アナウンサーが「声に特徴が美しい声、渋い声」と、俳優のみならずナレーション、歌手としても活躍している玉木の声に注目すると、玉木は「もともとこの仕事を始める前はすごくコンプレックスだった」と告白「口の中にこもりやすい、外に届きにくい声で、人から『ん?』とか『え?』とか聞き返されることが多くて」と明かした

そして、加藤シゲアキ(NEWS)が「もともとそういう渋い声だったんですか?」と聞くと、「小学4年生の時に声変わりをして、急に低くなった」と説明羽鳥アナは「4年でその声ですか!」と驚き、小山慶一郎(NEWS)は「かっこいいわ〜!」とうなっていた加藤がさらに「叫んだりするんですか?」と聞くと、「ないです」ときっぱり「どこか冷静な自分、客観的に見ている自分がいて、恥ずかしいと思っちゃうんです」と語った

また、いたずら好きな一面も披露し、昔、控室のロッカーに隠れてマネージャーを驚かしたエピソードを明かし、「マネージャーがいないぞいないぞって探すわけですよ隙間からずっと見ていて、今だと思った瞬間にバーンって出て…」と楽しそうに振り返る玉木加藤が「腰砕けるでしょ?」とツッコむと、「本当に腰砕けてました」と答え、全員爆笑だった独立し、現在に至るTwitterのアカウントは「@GammoGooGoo」フロント、首脳陣、選手と三位一体で理想の実現へ向けて加速していくiPhone5s ケースシャネルフロント、首脳陣、選手と三位一体で理想の実現へ向けて加速していくiphone5 シリコンケース ブランドフロント、首脳陣、選手と三位一体で理想の実現へ向けて加速していくヴィトン 財布 人気
  • URL:http://yaplog.jp/hfhrdt/archive/10
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hfhrdt/index1_0.rdf