松尾のしのりょう

January 04 [Wed], 2017, 11:34
看護師国家試験に受かるよりも、むしろ、看護学校を卒業することの方が困難という人も多いです。
看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートの提出が遅れてしまったり、試験に通らなかったなどのちょっとしたことでも留年させてしまうようです。
そういう厳格な学校を卒業して、国家試験にも受かった人には、できれば、看護師の職についてもらいたいですね。
結婚の時に転職をする看護師も非常に多くいます。
配偶者とすれ違いが起きて離婚してしまうよりは、転職する方が良いでしょう。
いつか子育てをしたいと思っているならば、結婚を機に自由時間を多くとれる職場に転職するのが楽ですね。
ストレスが多くあると妊娠しづらくなるので、気をつけましょう。
看護師は、16時間などの当直により長時間の勤務となっているので、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。
月に8回までと国の指針では定められていますが、それ以上になってしまうことも多いです。
仕事をしている病院の勤務形態では、生活がとても不規則になってしまったり、体調を崩しやすいのも、看護師を辞める割合が高い理由のひとつと考えられます。
看護士の求人情報は豊富にありますが、希望に見合う条件の求人がある訳ではありません。
看護師資格を持つ方で就職できればいいと思っている方は多くないでしょう。
できるだけ給料が高くて職場の環境が良く、夜勤がない病院などに勤務したいとほとんどの方が思っています。
理想的な転職先で働くためには、しっかり情報を集めることが重要でしょう。
よくいわれることかもしれませんが、看護師の転職の極意は、次の仕事を決めてからやめるのが良いですね。
加えて、3ヶ月程掛けて念入りに確認しながら次の職場を見つけましょう。
先走って次の仕事へ行くと、次の職場でもすぐに辞めざるを得なくなりかねないので、自分の希望する条件に適した仕事を丁寧に探しましょう。
その事から、自分の希望する条件を明確にしておきましょう。
看護師の勤務の形態は、他の職業に比べてかなり特殊な上に、職場によっても異なってきます。
仕事場においては一般的に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれているというケースが多いでしょう。
約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、3交代制の病院の方が多いといえます。
でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方が人気があります。
看護スタッフが別な勤務先にエントリーするにあたって、苦慮するのが志望理由です。
どういう理由でその勤務先を希望しているのかを好ましいイメージを持たせるように伝えるのはたやすくはありません。
高い給与や、休日が確保されるといったことも大切なことですが勤務条件の利点を並べるのに比較して、ナースとしてスキルアップしたいといった、やりがいを求めているような応募理由のほうが採用に結びつきやすいと思います。
看護師であっても転職している回数が少なくないとマイナス評価となるのかというと、そうであるとは言い切れません。
自己PRのやり方次第では、意欲が高くて経験が豊富にあるというイメージを持ってもらうことも可能です。
とは言っても、勤務の年数が短過ぎてしまうと、採用後、すぐやめると思ってしまうこともありえるでしょう。
昨今は高齢化社会が進み、福祉施設であっても看護師のニーズは多くなってきているのです。
加えて、大会社になると医務室等にも専門の看護師がいて、健康に関する相談や健康診断、ストレスといった精神面でのケアを実施しています。
こういった場合には、その企業の社員として入社するといったこともあるでしょう。
看護師の資格を取るための国家試験は、1年に1回あります。
看護師の人数の不足が問題となっている日本のためには良いことに、直近数年において看護師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベルを保っています。
看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超過できれば合格可能な国家試験です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:莉心
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hfb5e1caismeh9/index1_0.rdf