ストラゴスと泉

May 04 [Thu], 2017, 9:21
看護師の業務、介護士の業務で、最も異なることは、看護師は、お医者様の指示を受けて医療的な行為が可能だということです。

注射や点滴、投薬などの医療行為は、看護師だけが可能なのです。大変ですし、ストレスも多い仕事ですが、プライドを持ってこの職業しかないと思うナースも少なくないのは、強い責任感、使命感があるからとも言えるかもしれません。

看護師として働く人が転職しようとする時、異なる職種に転職したいと思う人も多くいます。

けれど、一生懸命に看護師資格をゲットしたのですから、その資格を活かすことのできる仕事を探したほうが良いでしょう。全然違う職種でも、プラスになるところは少なくありません。



苦労して取得した資格ですから、利用しないのは損です。知人が看護師として働いていたのですが、ある病気の治療のために一度看護師を辞めています。でも、体調が良くなったら、すぐに現場に戻り、病院で看護師としての仕事を続けているのです。

多少のブランクでも、役に立つ資格があったら早々に復帰できますね。再就職に苦労した経験があるので、資格を取っておけばよかったと思っています。


短大では看護師、および、保健師、助産師の試験を受けるための資格を得るためのカリキュラムが用意されています。大学だと看護の高度な知識を身につけられるので、専門的なスキルの高い看護師を志す人にはいいと思います。


専門や短大に比べて、大学の方が1年長い分、保健士についての勉強も行います。看護師の人員が不足しているというクリニックも多いため、もう一度、就職することはいいことでしょう。とはいえ、退職からの期間が長いとあまり安心できませんね。再就職サイトを最大限に利用して相談にのってもらえるような組織を活用してください。。看護師を題材にしたドラマがよくありますが、あの様にはいかないのが現実なのです。ハードな通常業務だけでなく、規定の労働時間以外にも仕事がたくさんあって、時間通りに帰れないということはよくあるのです。

けれども、多忙を極めていてくたびれている時でも患者さんやそのご家族と接するときは、笑顔です。
直前まで愚痴を言っていてもぱっと笑顔を作れるのですから看護師はさながら女優だなと感じます。土日祝日、関係なしに、交代勤務をこなしている看護師は多いですが、一応、土日祝日を休みにするようにもできます。



病棟勤務のままだとそれは難しいですが、外来勤務に変えてしまえば、外来の診療は土日は休みですから看護師も一緒に休みとなるのです。予定にない急な出勤や、順番にまわってくる休日診療の当番などもあるのですが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。
あと、入院施設のない個人経営のクリニックとかだと、多くの場合は土曜、日曜、祝日は、お休みです。



テレビCMをみかけることもある看護師の転職サイトは、看護師をターゲットにしていて、一般には公開されていない転職先を紹介してくれる場合もあるのです。



さらに、求人情報だけに頼っていては、知ることが不可能な転職先がどのような雰囲気なのかまで知ることが可能です。

転職してから、悔やまないように、転職サイトを使ってください。


将来、看護師として働くための教育を受けられる機関としてよく知られている、学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるのです。

そこで学ぶことの中身自体はあまり変わりはないのですが、大学に進むことの利点としては、キャリアアップがよりしやすいこと、給料の面で専門卒より優遇されるということです。

そして、専門学校のいいところは何かというと、大学より安い学費で学べて、実習時間が多く設けられているため、すぐに戦力として使える人材になれることだと思います。

看護師の方が転職するときに自分が望む条件が完全に想像できないこともあるかもしれません。そのような場合は、求人情報の数が多い看護師転職サイトを利用した場合が、自分にぴったりの新しい仕事先を発見することができます。
一般に、看護師に就職するには、単に知識や技術のみではなく、「この業界で仕事をするんだ」という強い気持ちが大事だと思います。専門職ですから、通常のOLなどよりも収入はよく、働き口に困ったりもしません。
でも、普段はほとんど関わることのない人間の死と向き合わなければいけないからです。
病棟勤務に就いている看護師の勤務形態ですが、2交代制や、あるいは3交代制の形で夜勤をこなしていくことになります。夜勤においては人手がだいぶ減ってしまい、それなのに、夜半に容態が急変した重体患者が出たりなど、いつもの決められた作業以外に、急な事態に対応しなければならないことが増えるのです。

当然、通常業務もこなしますから、トータルの作業量としては、大体いつも、日勤より多くなるようです。叔母にあたる人が、ようやく離婚をして出戻ってくることになりました。

しばらくぶりに会った叔母は思っていたより元気そうで、「看護師なんだから、どんなところへ行っても仕事に困らない。
あんな男に世話してもらわなくても十分に生活していけるわ」と笑顔でした。日々、病院に伺うと次々に患者さんがくるので、看護師さんは常に忙しそうにしています。手際よくされていたり、大きな声で名前を呼んだり、患者の方に説明したりと、しっかりしていないと、こなせない大変な職業だと感じます。
ただし、その分、やりがいのある職種だと思いました。



本来は、看護士も看護師も同じ職業のことを言います。

どの点が違うかというと、以前は男性を看護士、看護婦は女性のことをいうように性別で区分して称していたものです。今は、男女わけずに看護師という呼び名に一本化されています。


日本の看護師が1年間にもらえる給料は平均すると437万円ほどです。しかし、国、市、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員という立場で仕事をしているため、平均年収は593万円ぐらいになります。
公務員看護師は給料のアップする割合も民間病院と比較してと高く、福利厚生にも恵まれています。
準看護師となると、看護師と比べると平均年収が70万円ぐほど低いです。看護師になって最初に勤めた病院では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。
その時、看護師は向いていないのではないか、辞めた方がいいのかも、とぐずぐず悩んでしまいました。


ですが、ハードな仕事ではあるものの、やっぱり自分には、看護師という仕事しかないだろうと考えて、別の病院で働こう、と転職を心に決めました。
そう決めたまではいいのですが、履歴書をどう書けばいいのやら、悩みました。
ネットに頼ったり、本を買ってきて参考にしたりしてこうかな、違うかな、などと考え考え書いたのですが、もういい大人なのだから、何か起こった時は決断を自分で下して、責任を果たしていかなければ、と当たり前の事ですが、やっと実感できたのです。看護師は医療機関が勤務先ですが、医療に関する作業だけしていればいいわけではありません。看護師は病気やケガで動けないクランケの身の回りの世話も重要な仕事なので、医療機関の中で他の仕事よりも忙しく勤めていますよね。大変な職業の割には、給料は悪く、精神的苦痛が原因で体を壊してしまうこともあると聞いています。多くの看護師は病院で働いていますが、病院といっても総合病院から地域の診療所まで、規模が随分違います。意外なところでは、介護施設や保育園も看護師の職場です。
会社員も会社によって給与が違うように、当然ながら、看護師の場合も同じでしょう。総合病院で勤める看護師と町の診療所の診療所では収入は違ったものになるでしょう。こうしたことを踏まえても、平均的な看護師の年収には、大幅な違いがある事を知っておきましょう。

看護師の平均的なお給料額は、あんなに激務である割には、高額ではないのが実態のようです。

いつもよりよい月収を支給してくれる勤務先を志望して転職活動中の人がいます。

お給料が良い病院は、当然、人気でめったに求人が出ないので、看護師専用の転職サイトなどを駆使して、転職活動をしている場合も珍しくありません。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Wakana
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる