今日の決意。

February 25 [Thu], 2010, 3:42
俺って一人称を使ってみようかなw

わかってんだよ。

気づいてしまってんだよ。

貴女が、どんなことを考えているのか。

嫌いな人がいないという自分の答えは本当だ。


嘘でもなんでもない。

その質問を聞いたとき。

嫌いな人なんて浮かばなかったんだから、

カッコつけでもなんでもないんだよ。

貴女が何を考えているか、

気づいてしまう自分が怖いんだよ。

嘘だと思いたいんだよ。

ねえ、俺が子供なの?

貴女が大人なの。

いや、否定する貴女をみるのも怖いよ。

貴女に言ったこと、あってることもあるけど、

本当の意は言ってないんだ。

自分の自意識過剰さにビビるけど。

きっと、貴女とは舞台で会うこと待ち望んでる。

ライバルだと思っているのは自分だけなのかもしれない。

貴女は鼻で笑っているのかもしれない。

正直悔しいけど、

将来なんてどうなるか分かってない。

でも、たぶん俺は、貴女より先に

進んでると自負してる。

それは技術的なところでなく、

経験的なこと。

技術は貴女に劣るかもしれない。

でも、でも、日を浴びることもない俺は、
気持ち上では、勝てるとおもう。

経験値(挫折率)は絶対上だもんw

でも、諦めてねぇんだわ。

貴女のファンでもあるが、
ライバルだと思っている。

貴女はいつも誉められる。
自分は、負い目を感じてた。

貴女ならできる仕事も

俺じゃできない。

できない。
人から見ても、比べものにならない。

貴女も誘われただろう
卒業旅行に行ったときは泣けたよ。

貴女の埋め合わせで呼ばれたことに気付いたのは
帰ってきてからだった。

盛り上げるというか馴染むために、
男の声をやってなーw

すごいーwって言ってもらって嬉しいなんて思ったその瞬間

でも貴女の方が上手いって言われたよ。

絶対カッコイイって。

その後も終始貴女の話。

なんで俺が呼ばれたかわからなくて。
泣きたくても、逃げたくても、

空気と化していることしかできないし。

でも、将来、こんな話も、
笑い話にできるように頑張る。

息苦しいな。

でも、俺はやる。

絶対やって見せる。



あなたと同じ舞台に立って見せる。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:garu★
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1993年10月30日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 職業:小中高生
読者になる


2010年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
カテゴリアーカイブ
最新記事
http://yaplog.jp/heysaycrazy/index1_0.rdf