朱里だけどヤマトシリアゲ

May 16 [Mon], 2016, 10:52
カードローンやキャッシングの金利のデータを集めてみると、審査基準の甘さ(厳しさ)が深く関係していると言えます。
収入証明不要で、即日や何分などのスピード融資を売り文句にしているところより、提出書類が多かったり、審査日数がかかる(といっても数日程度)金融機関では、融資上限や低い年利といったセールスポイントがあるわけです。
一般論なので例外はあるかもしれません。
しかしどちらもそれなりに利用者のメリットというのはあるので、そのときの状況に応じて使い分けるのが良いでしょう。
私の友人は交際相手にも言えないカードローンでいつもお財布の中が苦しいという状態になっていました。
転職先の給与が低かったのにミエをはって以前と同様にお金を使っていたので、これではお金が足りなくなるのも納得です。
そこでキャッシングを利用したのです。
しかし余裕ができるのは一時的で、相変わらずの使い方をしていて、利息ばかり返していくようになり、これではマズイと保険を解約したお金とボーナスでキャッシングした分を全部、一括返済しました。
一例ですが、楽天スーパーローンは審査が甘く、多くの人が利用しているようです。
更にいうと、まずはじめに楽天銀行に口座を設ければ、貸付金を、他社よりも多い金額で始めることが可能です。
ですから、低収入の方や主婦の方も楽天カードローンを考えた時には、口座開設をした方がお得だと思います。
気になる金利の割合も、他のカードローン会社と変わりないです。
さらに、貸付金額が30万円以内であれば、返済はリボ払いで5000円からとなっており、あまり苦ではないと思います。
キャッシングを提供している会社の中には、平日以外であっても当日中の融資を行っているところがあります。
しかし、肝心の金融機関は土日は動いていないので、その場で融資を受けるためには銀行ではなく無人契約機のあるところへ出向くことが必要になってきます。
平日以外でも即日で融資してくれる業者を見つけること、営業時間内に無人契約機まで出向けるようになるべく早い時間の内に手続きを行うのが大事になります。
周りの人に気づかれることなくスマートにキャッシング。
便利ですよね。
ただ、利用すると利用明細書が発行され、登録した自宅に郵送されてきます。
クレカなら便利だと思いますが、借金は知られたくないですよね。
どうにかして家族にバレないようにする方法はないかと調べていたところ、裏ワザとかでなく、普通に「明細書送付なし」の金融機関が多いのには驚きました。
なかでも短期返済で無利息になるキャンペーンをしていたレイクに決定。
契約は無人店舗の自動契約機を利用しました。
電話でオペレーターが疑問点に答えてくれたので、初めてならネットより店舗のほうが良いでしょう。
最大の懸案事項であった利用明細書については、申込時にウェブ明細サービスを選べば、家に郵送されることはないそうです(自宅送付も選べます)。
おかげでやりくりも楽になりましたし、気持ちも楽になりました。
大学の書籍代ってすごく高額ですよね。
親に言えばいいと思うかもしれませんが、ただでさえ自分にお金かかってるのにと思うと言えなくて、カードローンやキャッシングで工面しようと考えつきました。
でも、学生なので親に連絡がいくような気もしたし、バイト先の人に諭されたのもあり、借りなかったです。
バイトしていても手一杯の状況でしたから、それでは到底、返済できませんよね。
恥ずかしい話ですが、あのときは知りもせず、無謀なことを考えたものだなと思います。
当時は本当に何もわからなかったんですね。
カードでお金を借りるというとクレジットカードとカードローンを同じように考えているケースが結構多いです。
間違いやすいとは思いますが、実は両者の借りられる限度額にものすごい差があるので、この際ご説明しましょう。
クレジットカードは、割賦を含めたショッピングの支払いに使えるのカードで、キャッシング部分の枠は小さめです。
当初は10万、20万といったところでしょうか。
カードローンのほうは借り入れが目的なので、最初から100万円を超える高い限度額が設けられていて、クレジットカードのキャッシング枠に比べると10倍から数十倍ほどの差があるんですよ。
キャッシングで24時間いつでもお金が借りれる良さは、周囲に頼ることができない状況では切実に感じられるものでしょう。
自分の話で恐縮ですが、交際相手の親(他県)に挨拶に行くことになったんです。
でも、すごく憂鬱でした。
だって滞在費がこれっぽちもなかったのです。
引越後だったので口座残高もなかったですし。
キャッシングを思い出すまでは、本気でつらかったです。
スマホにアプロをダウンロードして、なんとか間に合わせることができました。
キャッシングの利便性は多くの人が認識していると思いますが、借りたお金の返済が滞ってしまうと裁判所から差し押さえ命令が下りてしまうこともあります。
差し押さえの対象は、あなたの銀行の口座や給料であり、20万円の給料なら5万円まで、最大でも4分の1の額が差し押さえ対象になるのです。
これが年金だともっと厳しく、年金が振り込まれる口座が差し押さえられてしまうと、年金を一円も受け取れないということも有り得ます。
こうした事態を避けるためにも、キャッシングは計画的に利用するようにしましょう。
キャッシング(カードローン)はあとから一括返済できるのだから、余裕は「作ってでも」早く返すべき。
と会社の先輩に言われました。
同僚の奥さん(奥さんも同じ会社)がカードのリボ払いで多額の返済を抱えていて、給料日の翌週には早くも「お金がない」と言っていたのを知っているからだとか。
ひょっとして多少は巻き添えをくったのかもしれません。
コンビニや銀行のATMを使って自分の口座みたいに出し入れ(借金)できるので、借りた実感はないのかもしれませんね。
カードローンが怖いのではなく、使う人の無自覚が怖いんだなと思いました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:悠雅
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hewrailicsaihe/index1_0.rdf