へそ周りの濃い毛の処理 男性ホルモンを抑えるのが正解

October 11 [Tue], 2016, 13:29
思春期あたりからあそこの毛だけじゃなくて、へその周りにも毛が生えはじめ、毛深いことが悩みの種でした。

プールで着替える時はもちろん、温泉に入るときにはさりげなくお腹周りを隠すのが癖のようになっていたんですが、そんな私もへそ毛がすっかりなくなりました。



どうやったらへそ周りの毛がきれいになくなるんだろうか?やっぱり脱毛しかない?といろいろ調べて試した結果、産毛よりもさらに細かい毛しか生えなくなったんです。

肌のハリやみずみずしさもアップして、ビキニを着て自分の腹の美しさを見てもらいたくなるほどへそ毛がきれいになったんですが、私が一体、どんなムダ毛処理をしたのか?その方法をこのブログで詳しく紹介しています。




■剃ったり抜くのはだめ

ムダ毛を処理するにはカミソリで剃ったり毛抜きで抜くのが手っ取り早いと言えばてっとり早いし、お金も手間もほとんどかかりません。

多くの人は剃ったり抜いたりしてムダ毛処理をしているものの、肌への負担を考えたら続けるのは考え物です。遅かれ早かれ肌がゴワゴワしたり、かぶれて赤く腫れることだってあります。



カミソリでどれだけ優しく剃ったとしても皮膚を薄く削ります。肌の再生能力を超える頻度で皮膚を削っていったら、肌荒れを起こすのは当然です。

それにムダ毛を無理に抜いてしまったら毛穴が開きっぱなしになります。そこから雑菌や汚れが入り込んで毛穴の中が炎症を起こすようになるだけです。




■肌荒れしないムダ毛処理といえば

ムダ毛処理をしても肌荒れがひどくなったら本末転倒です。肌を傷つけることなくムダ毛をきれいになくすべきなんですが、抑毛ローションならそれができます。

抑毛ローションは、大豆に含まれるイソフラボンなどの天然成分の効果で毛根の働きを弱め、ムダ毛が生えるのを邪魔してくれるんです。ムダ毛を細く弱々しくしてくれるだけじゃなくて、長く伸びる前に自然と抜けるようになっていきます。



効果が出るまでに1ヶ月くらいは待たなければいけないものの、その間のケアは抑毛ローションをへそ周りに塗るだけなんです。ムダ毛が目立たなくなってきたら、塗る回数は週に1〜2回に減らしても問題ありません。

ムダ毛を完全にゼロにすることはできないんですが、産毛よりもさらに細かい毛がかすかに生える程度になるので、ぱっと見るだけでは全くわからなくなりますよ。




■抑毛ローションといえばこれ

抑毛ローションにもいろんな特徴を持った製品があるんですが、私がオススメするのはパイナップル豆乳ローションです。

パイナップル豆乳ローションには、抑毛効果のある成分が3つ(大豆とアイリス由来のイソフラボンとパイナップル由来のタンパク質分解酵素)も入っているんです。



抑毛ローションは天然成分を使うため、肌質によって効き目にかなりの違いが出るという欠点があるんですが、パイナップル豆乳ローションならその心配がほとんどないわけです。

肌荒れする心配もなさそうだったし、何よりも返金保証がついていたので、試しに使ってみたところ、期待していた以上の効果がありました。



1ヶ月もする頃には確かにムダ毛が薄くなっていて、半分よりももっと量が減ったような気がします。2か月目にはもう無毛と言ってよいくらいムダ毛が見えなくなりました。

おかげさまで自分の体に自信を持てるようになり、おへその見えるファッションも楽しめるようになりました。肌の調子もうんとよくなって、「これが自分の肌なの!?」と思うほど、みずみずしい光沢が出るようになりました。


私の体から忌々しいムダ毛をなくしてくれたパイナップル豆乳ローションがこれです。今ならまだ返金保証がついているので、効果を試してみるなら今のうちですよ。
↓↓↓