椎間板ヘルニアになる原因とは?

October 03 [Thu], 2013, 14:37
肩こり解消法

椎間板ヘルニアの主な要因として、大きく分けて4つあります。

・日常生活の動作
・椎間板の衰え
・骨の衰え
・悪い姿勢

長時間同じ体勢で座る、重い物を持ち上げる、ゴルフやテニスで腰をひねるといった日常生活の意識していないような動作によって、背骨に負担をかけてしまい、椎間板ヘルニア(人間以外の動物も発症することがあるのだとか)を引き起こすケースが多いです。

また、年齢を重ねると椎間板や骨が老化してしまい、ちょっとした衝撃に耐えることができなくなります。

そうすると髄核が突出したり、骨が欠けて椎間板を潰してしまい、椎間板ヘルニア(遺伝的な要素も原因の一つとして考えられているそうです)を引き起こす恐れがあります。

特に骨粗鬆症の人は骨が欠けやすいので、注意が必要になります。

それに、姿勢が良くないと背骨や骨盤(寛骨、仙骨、尾骨で構成されており、思春期を迎える頃にそれぞれの骨が癒合して一体化するそうです)がずれてしまい、腰への負担が非常に大きくなり、椎間板ヘルニア(遺伝的な要素も原因の一つとして考えられているそうです)を引き起こしてしまうリスクが高くなります。

中でも猫背の人は椎間板ヘルニア(症状が現れていなくても、実は罹病していることもあるそうです)を引き起こしやすいので、可能な限りただしい姿勢を心がけてください。

このように、椎間板ヘルニア(遺伝的な要素も原因の一つとして考えられているそうです)の原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)が日常生活に深く関係しているということを理解しておきましょう。

椎間板ヘルニアの手術ってどんなことをする?

October 03 [Thu], 2013, 14:35
椎間板ヘルニアの症状が重いと、最悪の場合には手術をすることになります。

では、椎間板ヘルニアの手術とは、どのようなことをするんでしょうか?

椎間板ヘルニアの手術方法は、主に次の4つです。

・レーザー治療(レーザー光線を利用した治療方法のことをいいます)(PLDD)
・内視鏡下ヘルニア摘出術(MED法)
・ラブ法(LOVE法)
・経皮的髄核摘出術(PN法)

レーザー治療(PLDD)は、レーザーによって、ヘルニアを引っ込めて神経圧迫を改善するというものになります。

短時間で手術が終わりますが、椎間板ヘルニア(遺伝的な要素も原因の一つとして考えられているそうです)の状態によっては効果がないこともあるらしいです。

内視鏡下ヘルニア摘出術(MED法)は、内視鏡で椎間板ヘルニア自体を摘出するというものです。

手術時間は1時間〜2時間ほどで、全身麻酔をする為痛みを感じませんし、術後の痛みもそほれど大きくませんが、入院が必要です。

ラブ法(LOVE法)は、神経を圧迫している髄核を切除して、痛みの原因を取り除くというもので、手術時間は1時間ほどで、広く使用されています。

経皮的髄核摘出術(PN法)は、髄核を摘出し、神経の圧迫を軽減するというもので、この手術も1時間ほどで終わるようです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まお
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/herunia12dx/index1_0.rdf