日立 ヘルシーシェフ

March 06 [Fri], 2009, 1:57
オーブンレンジを探していたのが、
ちょうどモデルチェンジの時だったので
モデルチェンジ前のタイプにしようかと思ったのです。
だってこんな時って旧タイプが安くなるじゃないですか。

でも、一度買えば長く使うし
何より毎日使うものなのでいろいろと調べて見ました。

すると、ヘルシーシェフにはデリシャス調理という
日立 独自の機能が追加されています。

これは「トリプル重量センサー」という、
焼き物もあたためも最適に加熱する機能で
もちろんヘルシーに調理してくれるのです。

デリシャス調理には、
両面を裏返すことなくこんがりと焼き上げてくれる
オーブンレンジ機能の「はかって両面グリル」。
電子レンジ機能では、食品の重さに応じてしっかりと加熱できて、
好みの温度を記憶してくれる「わがや流あたため」
それにこれがびっくりの「2品同時あたため」
なんと温度の違う食品、たとえば冷凍と冷蔵の食品を
同時に食べごろの温度にあたためてくれるのです。
これは便利な機能ですね。

あと、奥行きが44cmと薄く左右と側面に隙間を
開けなくていいのに庫内33Lとした広さなのです。
まさに「ひろびろ薄ピタ」ですね。

使った後もテーブルプレートを外して丸洗いできるのは、
ヒタチ独自の機能でお掃除も簡単ですね。
これは、忙しい主婦にとっては非常に助かりますよ。

ヘルシーシェフ、ヘルシオ、ビストロ

February 16 [Mon], 2009, 1:34
我が家のオーブンレンジが壊れたので、買い換えのためにいろいろと調べて見ました。
どうせなら最近、流行?の蒸気で調理する「スチーム オーブン」がいいなぁと思い
調べていくといろんなメーカーがあるのにびっくりしましたが、最終的に
シャープのヘルシオ、日立のヘルシーシェフ、パナソニックのビストロの
3機種に絞込みこの中から選ぶことにしました。

「ヘルシオ」は、他社の機種より蒸気の量が多いようで、
食材の栄養素が守られておいしく調理できるようです。

次に「ビストロ」2品同時あたためが可能で調理時間の短くできる。
プレートで調理するので網タイプより使いやすそう。

最後に「ヘルシーシェフ」レンジ機能が充実している。
あとは何と言っても価格が他社よりもお手ごろですね。

使い方でいろいろと選べば良いようです。
調理を主にするか。レンジ機能をよく使うか。

料理を主に考えるなら、「ヘルシオ」「ビストロ」
レンジ機能を主に使うなら「ヘルシーシェフ」

となるのじゃないでしょうか。

しかし、「ヘルシオ」「ビストロ」がレンジ機能が全く駄目って訳でも
「ヘルシーシェフ」が調理に向かないって事じゃないですよ。

どの機種も、調理もレンジ機能もしっかりついていますからね。

我が家では、今までもそうなんですが、
レンジ機能の利用が多いのであと、価格も安かったので、

「ヘルシーシェフ」に決めました。
P R
カテゴリアーカイブ