先生 

June 20 [Tue], 2006, 10:22
先生
ごめんね




授業、
休んでしまってごめんなさい




私も体、
治すように頑張るから、


もう一度
私に問いを、投げかけて







先生
ありがとう




私のこと、
褒め称えてくれた




私の価値観
認めてくれた


嬉しかったの
ひとつの勇気が沸き起こったの



でも、
あの時はまだ、
ちゃんと一人で動かせなかった…




ちゃんと私のこと、
見ていてくれてありがとう





あの日の授業には出られなかったけれど、

私あれからずっと、
先生の言葉を忘れたことはないよ


ずっと
治したいと思ってたの



だけど、
幼すぎて、
そこまでできる力なんて
持てなかったんだ




今やっと、

問題に真っ向から
取り組めそうなんだ




辛かったの
苦しかったの

休みたくて休んだ訳じゃ
ないの




先生
助けて


そう、
あの時は思ってた


だけど今は、
自分で
自分の力で
なんとか越えてみせるから





あれからね、


素敵な人間関係に

巡り合えたんだ




先生が思っていたような
恋愛っていうのは、
まだまだ未熟だけれど、


信頼し合える人、
なんでも言える人



そんな素敵な人達に出会えたんだ




あれだよね

素敵な人に出会っても

自分の心の内にあるものを
ちゃんとさらけださないと

すっきりできないときって
あるんだね





私、
がんばる



また明日
こけちゃうかもしれないけど



いいんだ。
それでも。




そんな時は
涙がとまらないくらい絶望的になったって



その次の朝には

はいあがってみせるの


そう。

先生のこと、
思い出して。






ちゃんと
見たくないもの、
見るんだ


ちゃんと向き合うんだ



自分の短所と向き合うって
すごく楽じゃないけど



それが絶対に
未来の掛け橋になるって
信じてる



先生に出会えたから
信じられるのかも知れない



先生、
ありがとうございました☆

雨の休日 

June 18 [Sun], 2006, 11:09
18日の日曜日。

今日も一日中、
シトシト雨の降る日だった。


出掛ける用がある


なんて時は、
傘を挿しても水に濡れる体に
時に困ってしまうときもある



けれど
今日のように一日中家でまったり過ごすような日には、


この雨日がなんとも心地よい



…シトシト… 
…しとしと…


それは、

淡くゆっくり大地に染み込んでいく音


私の心にも静寂で柔らかい空気となって、浸透していく





ありがとう。


あなたが好き


雨は大地の恵み。

庭の植物も
雨にうたれて輝いているから。







今日は久しぶりに溜まった洗濯物を片付けた



梅雨の季節には、

洗面所に除湿機をかけて乾燥させることが多い



けれど今日は、

出窓を開けて

ミニ扇風機で風を作り出し、

部屋の中で干すことに。



服の乾きが早いとともに、

室内への心地よい風



これぞまさしく

一石二鳥
















洗濯。
心地よい習慣の憩い


洗濯機に種類を湧けつつ洋服を網に入れてセットする時
一つ一つの服を愛でているような気分になれる


洗濯が終わると
一つ一つ取り出して、
畳んでから干す。


そう。
この畳んでいる瞬間が、
この上なく快感。


もっともっと
一つ一つの洋服に愛を。

たいてい、
一人で洋服と向き合っている時間。

自分の心を眺めるかのように、
静寂な時の中で、

この上なく落ち着くことができる。


いかに心を込めて畳めたか…
いかに心を込めて干せたか…


それぞまさしく
私の愛のバロメーター




…。

「あなたの好きなくだものは?」 

June 17 [Sat], 2006, 8:43
グレープフルーツ ブルーベリー イチゴ アメリカンチェリー です★ 一番好きなのは、グレープフルーツですw 甘すぎないさわやかさが、んもうたまりません★ 料理

「1箇所しかメイクができないならどこ?」 

June 17 [Sat], 2006, 8:19
肌にファンデーションを薄く塗ります。 だって、一番紫外線から守りたいもん ビューティ
2006年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:herrera
読者になる
Yapme!一覧
読者になる