ヘルペスの薬 

2009年06月09日(火) 13時59分
2007年に日本でもやっとヘルペス用の薬がお店で買う事が出来るようになりましたね。


やったー!って感じでしたが、購入にはチェックシートの提出が必要だったりちょっと面倒なところがあるので、手軽で購入できないのが残念です。


しかも、ヘルペスの症状には「口唇ヘルペス」「性器ヘルペス」「角膜ヘルペス」などがありますが、お店で購入出来る薬は口唇ヘルペス専用で、しかも再発限定となってます。


口唇ヘルペスの原因がヘルペスウイルスによる感染症になるからか分かりませんが、ヘルペスウイルスに初感染した場合や性器ヘルペスや角膜ヘルペスの疑いがある場合は、病院にいくしかありません。


特に角膜ヘルペスは、症状が重度になると失明してしまう恐れもあるので注意が必要です。角膜ヘルペスになる原因としては、ヘルペスウイルスの付いた手で目を擦ったりした場合に感染します。


小さい子供などは特に注意が必要です。口唇ヘルペスの患部を扱った手は必ず手を洗うか消毒するようにしましょう。また、口唇ヘルペスが出来ている時に顔を拭いたタオルなどからも感染することがあるから、使ったらきちんと片付けておきましょう。


口唇ヘルペスの特性を知って再発・感染をなくす

口唇ヘルペス 

2009年06月09日(火) 13時34分
唇の一カ所にできる口唇ヘルペスが思いっきり痛いし、なかなか治ってくれない。何でこんなに治らないのかなと思っていたら、口唇ヘルペスは単純ヘルペスウイルスが起こす感染症で、しかも疲れたり病気をした時にできるから治ってくれない理由がわかりました。


身体の免疫力が低いと治るものも治らないですよね。


しかも、口唇ヘルペスの原因となる単純ヘルペスウイルスは、一度感染したら身体から死滅させることはできないらしい。だから、一度感染すると一生付き合っていく必要がある=いつもで発症する可能性があるということが分かった。


口唇ヘルペスを発症してしまうのは、免疫力が低下した高齢の方や暴食暴飲や睡眠不足が原因でも発症するみたいだ。しかも、高齢の方は、口唇ヘルペス以外にも免疫力が低下すると帯状疱疹が発症することも考えられるから、健康管理は十分考えないといけないですね。


若い女性の中では、口唇ヘルペスより性器ヘルペスを発症する割合が多くなっているみたいだし、感染力の強い単純ヘルペスウイルスには油断大敵です。感染は接触感染だから、単純ヘルペスウイルスに接触したと思ったら、接触したところを清潔にしておくとこが重要ということも分かりました。

性器ヘルペスの再発をストップ

ヘルペスリンク集 

2009年06月08日(月) 1時22分
1. 口唇ヘルペスの再発・感染

2. ヘルペスの薬

3. ヘルペスの治療法

4. ヘルペス

5. L-リシンで口唇ヘルペスの発症を抑える

6. 性器ヘルペスの再発
2009年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
Yapme!一覧
読者になる