入ゼミ試験 

2006年04月01日(土) 23時50分
本日は3年から始まるゼミに入るための入ゼミ試験日でした。

自分が志望したゼミのA日程(1次試験)の倍率は1.1倍。

20人合格のところに、志望者22人。

試験は学生面接と教授面接だけで、特に筆記試験があるわけではなかったので、前準備はほとんどしていない。

時差ボケで寝坊する心配はありましたが、なんとか午前9時の集合に遅刻せずいけました。

面接時間は学生・教授面接はそれぞれ10分ずつくらい。

一人当たり約20分。

自分は22人中17番目になったため、12時過ぎまでひたすら待つことに…。

そして、ようやく自分の番に。

学生面接は、ゼミの4年生3人に対し自分一人。

自己紹介から始まり、ゼミで何を勉強したいか、将来的に何をしたいか、などを聞かれ、ありのままを述べたら絶賛される(笑)

面接官「君なら何も心配ないよ。先生にその思いを熱く語ってくれれば問題ないよ」

そんなわけで、学生面接の後は教授面接。

一つの教室の中で教授とタイマン(((( ;゚Д゚)))

あまり予想していなかった質問が多く、多少戸惑ったか感触は悪くなかった(´∀`)

まわりの受験生たちが教授面接の感触はあまり良くなかったという声を多く聞き、根拠のない自信ができました(笑)

午後2時半頃に結果が掲示板に貼り出されるということで、その時間に掲示板前に行くと…

ゼミ生「選考に時間がかかっているため、結果発表は5時にします」

なぬっ!?Σ(゚Д゚;

倍率1.1倍でそんなにもめてるんですか?

その時間延長が逆に不安を呼ぶ…

そんなわけで2時間ほど軽くドキドキもんでした。

そして5時過ぎ、ようやく発表。

募集定員20人のところ、合格者は17人。

定員ぴったりはとらなかったよう。

それでも…

自分の名前ありました!!(≧▽≦)

こうして無事、3年からの学業面は安泰です♪

イタリア旅行 〜ミラノ→帰国〜 

2006年03月31日(金) 23時00分
30日、家族は終日ミラノ観光予定ですが、自分自身は学校のガイダンス・入ゼミ試験の関係上、一日早く帰る必要があったため、午前中までしかいれませんでした(つд`)

それでも、朝見るべきものは見てきました(`・ω・´)

『最後の晩餐』

これを見るには事前予約が必要な上、一つの予約区分が15分だけ。

あまり長い時間みることはできませんでしたが、この目に焼き付けてきました(・∀・)

その後、まだお土産すら買ってないということで市内の食品スーパーのようなところへ行き、イタリアワインを購入。

ミランショップにも足を伸ばしたのですが、ほとんど時間がなく、一枚ユニフォームを買っただけで終了。

ものの10分くらいしかミランショップにはいれませんでした(゚Д゚)

そして、その後コモ湖へ向かい、ボートに乗って昼食をとる予定のホテルへ。

しかし、自分は飛行機の時間があったため家族と昼食はとらずそのまま空港へ…。

空港内の免税店で最後の買い物をして飛行機に乗り込む。

こうして、あっという間のイタリア旅行は幕を閉じたのである(´・ω・`)



30日の夕方にイタリアを出発し、帰国したのは今日の10時過ぎ。

今日は昼から学校でガイダンスがあったので、スーツケースだけ宅配便で送り、その他の荷物をそのまま持って成田から直接学校に向かいました。

もちろんワインも持ってね(笑)

明日、入ゼミ試験があるので時差ボケだけが心配です(((( ;゚Д゚)))

イタリア旅行 〜パルマ〜 

2006年03月29日(水) 23時46分
朝、体調が完全に回復したわけではありませんでしたが、昨日よりはなんとかなる感じでした。

どっちにしろ、ホテルをチェックアウトしなければならなかったのですが(´〜`;)

本日はフィレンツェを出発し、パルマ経由でミラノへ。

パルマで昼食をとったわけですが、生ハムがマジうまかったです(≧▽≦)

しかも、一人一人の量がてんこ盛り!!

その後にも色々料理でてきましたが、生ハムだけでもお腹いっぱいでした(笑)

そして、再び車に乗り込みミラノへ。

夕方くらいにミラノに到着したものの、夕食まであまり時間もなかったため観光はしませんでした。

このイタリア旅行は結構ハードスケジュールで移動・食事以外の自由な時間があまりなく大変です(笑)

イタリア旅行 〜フィレンツェ〜 

2006年03月28日(火) 23時38分
本日はフィレンツェ市内観光!!

…の予定でしたが、朝起きると体がだるい。

朝食を食べ始めるものの、どんどん熱っぽくなり、先に部屋に帰ることに。

そして、結局部屋に帰ってから寝込んでしまいました(つд`)

どうやら昨日の車での長距離移動がダメだったらしい。

そんなわけで今日は一人ホテルで留守番…。

フィレンツェでのイタリア美術鑑賞を全くできませんでした_| ̄|○

無念…。

イタリア旅行 〜バチカン市国〜 

2006年03月27日(月) 23時03分
本日は朝早くにホテルをチェックアウトし、バチカン博物館に入るために並ぶことに。



バチカン博物館の一番の目玉といえばミケランジェロの天井画『創世記』と祭壇壁画『最後の審判』で知られるシスティーナ礼拝堂。

有名な芸術作品を自分の目で見るっていうのはいいですね(´∀`)

バチカン美術館内はほとんど撮影オッケーなのですが、システィーナ礼拝堂だけは撮影禁止。

しかし、そこは新しいデジカメの威力発揮!!

盗撮しちゃいました(笑)

その後、サンピエトロ大聖堂へ。



サン・ピエトロ大聖堂はもともと使徒ペトロの墓所があったところに建立されたとされ、キリスト教の教会建築としては世界最大級の大きさを誇る。

中に入ってすぐ右手には、教科書でよく載っているミケランジェロの『ピエタ』が。



サン・ピエトロ大聖堂は、ルネサンスからバロックの時期にかけての巨匠たちが主任建築家を引き継いで建設したものである。

単なる宗教施設という規模を超えて宗教芸術の宝庫にもなっている。

しかしガイドの方に聞いたところ、この大聖堂の建設費用を調達するためとして贖宥状(いわゆる免罪符)が発行され、ルターによる宗教改革の直接のきっかけになったそうだ…。

それでも、この素晴らしい寺院にはキリスト教徒だけでなく、世界各地からの観光客を惹きつける素晴らしさがあった。



そして、昼前にバチカンを後にし、途中アッシジに寄り、夜にフィレンツェに到着。

明日一日はフィレンツェ市内観光予定である。

イタリア旅行 〜ローマ〜 

2006年03月26日(日) 23時27分
本日はローマ市内でローママラソンがあるということで、午前中は市内の道路はほとんど交通規制。

そんなわけで、今日の午前中はローマから30キロほど離れたカステッリ・ロマーニを観光。

ここは、ローマ法王の別荘地らしいです。



近くに湖があるのどかな場所でした。

そして、昼食後、自分と父親はここから別行動。

女性陣はローマ市内に戻り観光名所めぐりに向かいましたが、我々はオリンピコスタジアムへ。

そう、セリエAの試合を観戦するために!

残念ながら、この日程中にローマの試合はなく、同じくローマにホームを構えるラツィオの試合を観戦することに。

相手はサンプドリア。

対戦カードとしてはイマイチぱっとしませんが、それでもセリエA。

スタジアムはラツィオの応援一色。



やっぱサッカーはテレビよりスタジアムで観るほうが興奮しますね(´∀`)

前半は両チーム見せ場なく0−0。

しかし、後半ラツィオはいい位置からのフリーキックのチャンス。

ちょこんと横に出して走りこんだ選手がロングシュート!!

半端ないゴールでした(≧▽≦)

スタジアムも大盛り上がり。

試合終了間際にも、審判のひいきめな判定により得たP.K.でもう1点追加し、2−0でラツィオが勝利。

特にどちらのチームのファンというわけではありませんが、「郷に入っては郷に従え」ってことでずっとラツィオ応援してたので、勝ててよかったです(・∀・)

その後、ちょっと時間があったのでホテル近くのスペイン広場へ。

スペイン広場といえば、階段に座って楽しくおしゃべり…、みたいなイメージですよね。

やっぱ「ローマの休日」のイメージが強いわけですよ。

実際に行ってみると…



人多すぎっ!!

ってか人多すぎて階段見えん!!

しかも階段の上の塔も改修中だし(´〜`;)

ま、いっか(笑)

イタリア旅行 

2006年03月25日(土) 22時55分
25日昼過ぎ、成田空港を出発し、夕方にミラノ到着。

機内で半日近く過ごしても時差の関係でまだ25日の夕方。

入国後、国内線に乗り換えローマへ。

スペイン広場のホテルに到着したのが夜10時頃。

時差ボケマックスで眠気も最高潮。

明日からの観光に備え、今晩はすぐに就寝です。

明日から約1週間、イタリア観光をエンジョイします!!

帰国 

2006年03月16日(木) 23時21分
本日の夕方、日本に帰国しました(・∀・)

行きは追い風で10時間くらいで行けるのですが、帰りは向かい風のため12時間近くかかりました(つд`)

帰りは時差ボケ対策のためにほとんど寝てきませんでした。

離陸直前から1時間くらいは爆睡していましたが、残り11時間くらいはひたすら映画みたりゲームしたりで起きてました。

帰りは大きく揺れたりすることもなく、無事に成田まで帰ってこれました♪

入国審査も時間はかからず、荷物を受け取り税関を通り、ようやく本当に帰国!!

それでも、まだ成田から自宅までの道のりが…orz

さすがに、疲れてる体でスーツケース2つはきつかったので、妥協して1個は宅配便で送ることに。

成田エクスプレスで都内まで出て、電車を乗り継ぎ7時半くらいに帰宅。

時差ボケは行きよりは少ないものの、やはり眠さがあります…。

そんなわけで、今日はここまで〜

帰国前倒し 

2006年03月14日(火) 23時55分
元々、16日の便で帰国予定で17日の夕方に日本に帰る予定でした。

一応、一日早い便で帰れればいいと思っていたので、リクエストを出していたのですが、前日の今日になっても連絡がなかったので、諦めて予定通り16日帰国だと思っていました。

しかし!!

ギリギリになって連絡が来ました。

こちらの時刻の夜11時過ぎです。

諦めていたので軽く動揺しました(((( ;゚Д゚)))

それでも、一日帰国が早くなると今後のスケジュール的にかなり余裕がでるので一日帰国を早めることを決心。

そんなわけで、あせってパッキングしたところです。

あわただしいですが、今夜が最後の夜になってしまいました(つд`)

今日は一人でユニバーサルスタジオに行ったりしたので、そのことを書こうと思っていたのですが、そのことは帰国してから書くことにします。

それでは、次の投稿は日本で〜

一人USH 

2006年03月14日(火) 23時04分
本日、一人でUniversal Studios Hollywoodに行ってきました(笑)

こっちでできた友達は皆、学校に通っているわけですし、ホームステイ先の子供たちもまだ春休みに入っていないため、一人寂しく行く羽目にorz



開園時間10時ちょっと前に到着。

とりあえず、チケットを買うわけですよ。

高2の夏に父と一回来たことがあり、その際ほとんど並ばずにアトラクションに乗れるチケットの存在を覚えていたので、それを購入しました。

20ドルほど通常チケットより高くなるのですが、これがもの凄いのですよ…!!

平日だったので、空いているとは思っていたのですが、天気もよく、平日の割りにかなりお客さん入ってました(´〜`;)

日本から高校生の修学旅行らしき団体も来ていて、制服姿の日本人もパーク内であちこち見かけました(笑)

前回来たときに見れなかったWater Woradを見たかったのですが、メンテナンスのため今回も見れず(:_;)

まぁ、それは残念でしたが、他のアトラクションはほとんど乗ってきました(・∀・)

先程書いた優先チケットがあるのと、一人というのもあり、どれもほとんど待たずに乗れました。

それでも、次はやはり友達とか複数人で行きたいですね(つд`)

やっぱ一人だと楽しさ半減です(´・ω・`)



その後は、地下鉄で一駅移動し、先日のアカデミー受賞式の日にもいったハリウッドハイランド周辺をちょっと散策。

前回は警備のため道がふさがれてたのと、真夜中であったのとであまりよくわかりませんでしたが、今回は夕方に行ってよくわかりました。

あんまたいしたことないですね(笑)

ガイドブックにも色々書いてはあるんですが、誰もが抱いている「カデミー賞授賞式が行われるくらいだから華やかな場所なんだろう」というイメージは崩れ去りますね( ̄□ ̄;)

ま、そんなわけで本日もよく歩いた一日でありました!