ロシアのソクーロフの代表作「エルミタージュ幻想」をメゾンエルメスで上映

December 29 [Sat], 2012, 18:16
東京・銀座のメゾンエルメス アウトレットのプライベートシネマ"ル・ステュデイオ"では、本年度、『“時”の恵み』をテーマに選び抜かれた作品が上映される。5月はロシアの時代、歴史を閉じ込めた「エルミタージュ幻想」を上映。エルミタージュ美術館内を舞台に、ロシア近・現代300年間の歴史を、映画史上初の90分ワンカットの手法で描いたアレクサンドル・ソクーロフの代表作だ。
サンクトペテルブルグ建都400年を記念して2002年に制作されたこの作品では、数多くの歴史上の出来事を刻んできたエルミタージュの各部屋を巡りながら、帝政ロシアから共産革命前夜まで、時代が幾重にも重なり迷宮のような世界が繰り広げられる。ロシア国立エルミタージュ交響楽団とマリーンスキー歌劇場管弦楽団による音楽を率いるのはロシアが生んだ天才指揮者ワレリー・ゲルギエフ。
また、6月は"世界一長い小説"を著したことでも知られる孤高のアウトサイダーアーティスト、ヘンリー・ダーガーのドキュメンタリー、「非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎」を上映予定。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/hermessale/index1_0.rdf