【 更新情報 】

スポンサード リンク

五月 人形久月総本社は浅草橋にあります。

五月 人形久月総本社は浅草橋にあります。

久月は節句人形(ひな人形、五月人形、羽子板・破魔弓)をはじめ
日本人形、フランス人形、博多人形、ヌイグルミなどを製造する
日本最大の人形問屋です。

久月は江戸時代に創立、人形作り170年の歴史がある老舗です。

久月の売上の約8割を占めているのが五月人形をはじめとする
「節句人形」で、雛人形、五月人形といえば、「久月」と言わ
れるほど認知されています。

江戸時代天保六年に神田川のほとりに初代横山久左衛門(きゅ
うざえもん)が人形師・久月の表札を掲げました。

紆余曲折を経て、今の神田人形問屋 浅草橋 久月総本社と発展
していきました。

久月五月 人形はワダエミ監修など久月オリジナルのものなど
数多く製作されていますが、その特長は圧倒される豪華絢爛さ
にあります。

お子様の健やかな成長を祈念して伝統の技を駆使して造られた
久月の五月人形はお子様も目を輝かすこと間違いないでしょう。

久月の五月人形


グルメ・特産品市場.com【訳あり】【アウトレット】

芸能人の裏話.com

資格試験情報バンク

脳を鍛える100の方法

五月 人形 浅草橋 秀月、家紋入りの五月人形は秀月だけ

五月 人形 浅草橋 秀月、家紋入りの五月人形は秀月だけ

五月人形も各メーカーから、毎年沢山新作が出されています。

浅草橋の人形問屋をできるだけ見て回り気に入った一品を選んで
下さいネ。

秀月の五月人形は雛人形もそうですが、兜に家紋が入ることです。

家紋は平安時代に誕生し、当初氏姓を表すものだったのですが、
やがて、家や子孫の繁栄の象徴へと昇華していったのです。

秀月はご家族の繁栄とお子様の健やかな成長を祈念して全ての冠
に家紋を付けています。

ですから秀月での、五月人形購入を希望される方は事前にご自分
の家の家紋を調べた方が良いでしょう。

秀月は五月人形の鎧、兜、武者人形造りの歴史があります。それは
秀月は戦国時代より代々甲冑師として大名に仕えてきたからです。

しかし、戦国の世も終わり、徳川300年の時代に入ると、甲冑の
実需は激減、美術品としての価値を高めていきました。

美術品とはいえども、甲冑造りの確かな技術はそのまま代々、受け
継がれ、現十六代当主に至っています。

実践で使用された甲冑造りの確かな職人技で、秀月の五月人形は
造られているのです。

五月人形を浅草橋の問屋街でお求めの場合は秀月をのぞいてみて
ください。技術の差が実感できるかもしれません。


五月人形を選ぶなら浅草橋


浅草橋は玩具、人形、文具、店飾の問屋街として発展してきた問屋街です。
浅草橋の人形問屋は、「人形の野村」(日本人形)、「はせ川」(節句人
形)、「三桜」(日本人形)、「蔵前人形社」(日本人形)、「まるぎん」
(日本人形)、「久月総本社」(日本人形)、「人形の寿幸」(日本人形)
「人形の秀月」(日本人形)、「吉徳」(日本人形)「人形師 原孝州」
(日本人形)と日本のほとんどの人形メーカーの問屋が集まっています。

さらに、問屋ということで、五月人形、鎧兜など豊富な数と激安価格で購
入できるところがいいですネ。特に節句人形などは、掛け値販売する店が
ある中(引っ掛からないようにしてくださいヨ)、浅草橋は軒を連ねて、し
のぎを削っているので、安心して激安価格で購入できます。

五月人形を選ぶポイントは値引き率とかに惑わされずに、事前にしっかり
と種類や価格レンジの調査を行い(ネットの通販サイトでできます)、
とにかく沢山見ることです。

五月人形は結構高い買い物になりますので、シッカリ見て選びたいです
ネ。
P R