【 更新情報 】

スポンサードリンク

ハーブの育て方について

最近種類がとても増えたゼラニウムというハーブは、とても丈夫で春から秋までの長い開花を楽しむことができるハーブです。そして、このゼラニウムは、種類も豊富なだけあって、かなり色んな色があります。挿し木も簡単に増やすことができます。
このゼラニウムの育て方は、できるだけ日当たりのいい場所で育ててください。長雨に弱いので、長雨には当てないようにします。土が乾いたら水をあげてください。
育てやすいので、ガーデニングで育てている方も多いと思います。
ハーブの基本的な育て方は、ハーブは日当たりを好む植物なので南向きの暖かい場所が理想的です。半日程度日が当たるだけでも十分育ちます。
ハーブは、肥料があまりいらないのと、湿気が苦手なので放置していてもスクスク育っていくものが多いです。
ハーブの中には、一度蒔くと何年も楽しむことができる種類があります。そうでない種類でも、こぼれた種が来年発芽してくれることもありますよ。
ハーブの育て方で、一番最初に悩むところですが、初心者の方は種ではなくて、苗から植えると良いです。芽が出ないなんて残念なこともあるからです。
色んな楽しみかたがあるハーブを育ててみましょう。

ハーブの種類と育て方について

ハーブは、ヨーロッパから伝わりました。「香草」などと呼ばれて、お茶やポプリやアロマなどに多く使われています。ハーブは、お庭だけではなくて、ベランダで育てることもできます。ほとんどのハーブは、コンテナに植えて楽しむことができます。
育てやすいハーブは沢山ありますが、その中にティーツリーがあります。このティーツリーは、夏の水切れに注意するだけで、生育が早いので枝葉を切って活用するだけですくすく育ちます。涼しい香りがするので、お庭のシンボルツリーにもなります。
他には、夏の終わりに白い花を咲かせてレモンの匂いがするレモンバームというハーブも、日が当たらない場所に蒔いたものに水をかけて放置するだけで、勝手に育っていきます。一度蒔いたらどんどん増えるのも特徴的ですね。
逆に、日当たりがいい場所だったらどこでもよく育つのがレモングラスです。こちらも育てやすいハーブで、レモンバームと同じレモンの匂いがするハーブです。
楽しみ方は、ハーブティーだけではなく、お料理の香り付けやお風呂に入れたりして楽しんでみてください。

ハーブ ローズマリーの育て方

薬草や香料となる植物の総称をハーブと呼んでいます。この人々の生活に役立つ植物を育ててみませんか?
ハーブには色んな種類があります。
もちろん、種類によって育て方は違いますが、咲く花の色や香りもそれぞれ違います。
育てやすいハーブの中にローズマリーがあります。お料理でもよく使われている香りの強いハーブですね。ローズマリーは、しそ科で虫除けとして植えられていたりします。そして、ローズマリーは増やしやすいのもポイントです。このハーブは耐寒性があるので、ベランダやお庭だけではなく、畑でも育てることができます。
育て方のポイントは、肥料をやりすぎないことです。香りが落ちてしまいます。
このハーブをドライローズマリーにするなら、夏の開花前に収穫すると、香りの高いものが出来ますよ。このハーブは、種から植えるよりも挿し木苗を植えたほうがベターです。
数あるハーブの中でも特に香りの強いローズマリーは、記憶力を高めてくれる効果もあります。お茶などにしても良いですね。
P R